【フェブラリーS】ゴールドドリーム平田調教師 競馬界の女神の直撃に「府中のマイルは一番相性のいい舞台」|けいばおー

2018年02月16日

【フェブラリーS】ゴールドドリーム平田調教師 競馬界の女神の直撃に「府中のマイルは一番相性のいい舞台」

1: 名無しさん 2018年02月16日 21:32:09 ID:0.net

【フェブラリーS】ゴールドドリーム平田調教師 競馬界の女神の直撃に「府中のマイルは一番相性のいい舞台」

【フェブラリーS(日曜=18日、東京ダート1600メートル)稲富菜穂のだいじょばない】どうも、稲富菜穂です。番組リポーターとしてのお仕事で「○○にぃ〜やって来ましたぁ!」と言いがちだったので、最近は控えめにしていたんですが(知らんがな)。ここぞとばかりに言わせてください。“GIレースが…今年初めて…やって来ましたぁあぁ!”。しかも大好きなダート戦、豪華メンバーが集まったフェブラリーSです!

え〜っと、まずはどこに突撃しましょうか?やっぱり昨年、JRAダートGI完全制覇を成し遂げたゴールドドリームからですよね。平田先生のお話をうかがいに厩舎を訪ねたら、運良くお食事中のゴールドドリーム君にもお会いできました。あれっ?前に会った時よりも迫力があるような…!?

「全体的に大きく見せるようになったよね。チャンピオンズC前から、プール調教を取り入れている。目的はムキムキにすることより、リラックスさせるというか、柔軟性に重点を置いての調整だったんですけどね」

なるほどぉ…。ディフェンディングチャンピオンがさらなる成長を見せているとなると…。もうワクワクが止まりませんなっ。

「府中のマイルは一番相性のいい舞台なので、体調さえ整えて、普通にゲートを出てくれさえすれば、相応の競馬をしてくれるんじゃないかなと思っております」

王者への信頼感がしびれるくらいに伝わってくるぅう!ちなみにどういったところで気配の良しあしが分かるかとか、他にも気になるところを東スポWeb動画で取材させていただいたので、ぜひ、ご覧ください♪(稲富のくせにもったいぶりやがって?あぁ〜殴らないでください!)

王者ゴールドドリームに対して今、最も勢いがあるといっても過言ではないのがテイエムジンソクです。G?へあと一歩というところですねっ、木原先生!!

「東海Sは勝ってくれたうえに、いいガス抜きにもなって、今は落ち着いています。思った通りの最終追い切りを消化できたし、初めての(長距離)輸送も特に気にしていません」

そうか、東京は初めてだし、距離とか、芝スタートとか…今回はいろいろ条件が替わってくるんですよね。

「そのあたりも大丈夫じゃないかと。お母さん(マイディスカバリー)が短距離で走っていた馬なので、距離が短くなっても、スピード的には対応できると思います。とにかく、やれることはすべてやってきた。ただGIは強ければ勝てるってものではありません。あとは馬と僕に運があるかどうかだなあ〜」

いやいや、流れは完全にキテます!どう考えてもキテます!!Mr.マリ○クさんみたいにすごくはないけど、そんな私でもわかります。キテます!

そんな勢いに乗っかりたいなぁ〜と思う一方で、2月いっぱいで引退される目野先生にも劇的な何かが起こりそうな予感…。川崎記念ではケイティブレイブらしい、気持ちいいほどの逃げ切り勝ち。こっちもキテますか?目野先生!!

「前走は力をちゃんと出せて、満足なレースでした。中間も毎日見てますが、前向きで元気がありますね。最終追い切りにしても、強くやるつもりはなかったんですけど、乗り役(福永)が乗ると気合が乗るんでしょう。速い時計になりましたから」

最後の大一番が目前に迫ってます。今の心境は…。

「31年、調教師をやってきましたが、競馬に携われて幸せだった一方で、しんどいこともたくさんありました。ストーンステッパー(1997年に1番人気でクビ差2着)で悔しい思いをしているし、ここであの時の差をひっくり返すというか…。勝ちたいと思いますので、応援してください」

ああ〜目から汗があふれそう…。砂上の熱い戦いは見逃せません!なんか、どういう結末を迎えても、ステキなドラマになりそうな気がするなぁ〜。

☆いなとみ・なほ=1990年12月16日生まれ。関西在住のタレントとして幅広く活躍し、現在はKBS京都の「競馬展望プラス」、ABC「おはよう朝日です」に出演中。彼女が取材した馬が激走することが多いことから、一部のトレセン関係者から「競馬界の女神」と呼ばれている。

名前 :
http://keiba-o.com/