1回東京競馬最終日(2月18日・日曜日)予想・橋本 千春|けいばおー

2018年02月17日

1回東京競馬最終日(2月18日・日曜日)予想・橋本 千春

1: 名無しさん 2018年02月17日 16:00:10 ID:0.net

東京11R「フェブラリーS」ダ1600?
★前哨戦を圧勝したノンコノユメが、一気に本番も制覇する★
◎12ノンコノユメ
○14ゴールドドリーム
▲16サンライズノヴァ
△10テイエムジンソク、13レッツゴードンキ
政治家の三段論法は、「政治は力だ、力は数だ、数は金だ」。一方、競馬の三段論法は、「馬券は運だ、運は強さだ、強さは金だ」。とどのつまり、政治家も競馬ファンも金が欲しいのだ〜。閑話休題。ノンコノユメは私の夢でもある。前哨戦の根岸Sは酷量58?を背負って、驚異のレコード勝ち。まざまざと、底力を見せつけている。去勢した成果が結実した瞬間でもある。しかし、根岸Sはあくまで序章に過ぎない。条件は更に好転。ここまで4勝を挙げている1600?で、最高のパフォーマンスを見せてくれるはず。

東京12R「大島特別」ダ1400?
★休み明け2戦目で走り頃の、キタサンガンバが爆発する★
◎キタサンガンバ
○アーバンイェーガー
▲ターゲリート
△ロードプレミアム、ワンダープラヤアン
休み明けの頌春賞で3着(0秒4差)と、実力の片鱗を示したキタサンガンバ。もともと、叩かれて良くなるタイプで、1度使われた効果はすべての面で大きい。状態に加えて、1ハロン延長と、コース替わりも強調材料。期待して大丈夫だ。

京都11R「大和S」ダ1200?
★特別2連勝中と、本格化著しいヤマニンアンプリメの勢いは止まらない★
◎ヤマニンアンプリメ
○コウエイエンブレム
▲ラテンロック
△ドリームドルチェ、メイソンジュニア
ここに来て、特別2連勝中と地力強化の目覚ましい、ヤマニンアンプリメに期待。その山科Sは出遅れる不利も何のその、最後はメンバー最速の上り(35秒4)で突き抜け、2連勝達成。周囲の度肝を抜いている。飛ぶ鳥を落とす勢いと、ハンデ52?をもってすれば、オープンの壁も一気に突破する。

小倉11R「小倉大賞典」芝1800?
★メンバー有数の距離巧者、ダノンメジャーがついに大輪の花を咲かせる★
◎2ダノンメジャー
○13トリオンフ
▲4ストレンジクォーク
△5サトノアリシア、14ウインガナドル
好走条件の整った、ダノンメジャーがチャンスをつかむ。今年初戦の京都金杯は4着に敗退しているが、最後は距離適性の差。0秒2差なら決して、悲観することはない。巻き返しは十分可能だ。とりわけ、1800?は全6勝中、5勝を挙げている最高の舞台。小倉も新馬、オープン特別で2勝を挙げている自分の庭同然のコース。初重賞制覇を達成する。
名前 :
http://keiba-o.com/