ディアドラなどにドバイ招待状 橋田師「前向きに検討したい」|けいばおー

2018年02月22日

ディアドラなどにドバイ招待状 橋田師「前向きに検討したい」

1: 名無しさん 2018年02月22日 07:00:19 ID:0.net

ドバイWCデー諸競走(3月31日・UAEメイダン)に登録した日本馬に続々と招待が届いている。

昨年の秋華賞馬ディアドラ(牝4歳、栗東・橋田)と、エリザベス女王杯2着のクロコスミア(牝5歳、栗東・西浦)はターフ・G1(芝1800メートル)。ディアドラの橋田師は「第1希望でしたし、前向きに検討したい」と出走を示唆。クロコスミアの西浦師は「選ばれないと思っていたので、来て良かったです」と受諾することを明かした。ジョッキーは岩田を予定。ターフには、既にヴィブロス、リアルスティール、ネオリアリズムに招待が来ており、全馬が出走すれば、日本馬5頭という厚い陣容になる。

また、昨年のエリザベス女王杯を制したモズカッチャン(牝4歳、栗東・鮫島)にはシーマクラシック・G1(芝2410メートル)の招待が届いた。鮫島師は「出走の方向で考えています」と笑顔。ジョッキーは調整中。

その他にディオスコリダー(牡4歳、栗東・高橋忠)、ニシケンモノノフ(牡7歳、栗東・庄野)にもゴールデン・シャヒーン(ダート1200メートル)の招待が届いており、前者は出走に前向きだ。
ディアドラなどにドバイ招待状 橋田師「前向きに検討したい」
外部サイト 佐々木主浩オーナーの愛馬がドバイでV張本氏「副業であまり儲けるなよ…」 JRAが欧州で日本競馬を猛アピール再びジャパンCに強豪外国馬が参戦するか 歴史に埋もれた“幻のダート重賞”勝ち馬キョウトシチーはドバイにも参戦
名前 :
http://keiba-o.com/