【有力2歳馬情報】シルヴァースカヤの16 池江師「クラシック狙えそう」|けいばおー

2018年05月25日

【有力2歳馬情報】シルヴァースカヤの16 池江師「クラシック狙えそう」

1: 名無しさん 2018年05月25日 16:03:10 ID:0.net

◇西のトップステーブル池江厩舎

“ダービー18頭出し”も決して夢ではない。池江厩舎はディープインパクト産駒11頭に、怪物フランケル産駒5頭。セール落札額と、クラブ募集額を合計すれば優に20億円を超えるラインアップだ。世界と見比べても、これほどの逸材はそろわないはず。POGファン必見の速攻系をお届けする。

まずはディープ産駒「2億円カルテット」から。当歳時のセレクトセールで2億6000万円(税抜き、以下同)の高値をつけた『シルヴァースカヤの16』(牡)は、種牡馬入りしたシルバーステートの全弟。中京のマイル戦をレコードV(1分34秒7)で飾るなどスピードは特筆もの。兄の主戦を務めた福永は「抜群の乗り味だった」と絶賛したように、弟も秘めた素質は高い。池江師は「動きが軟らかくてキレがある。クラシックを狙えそう」と高評価。現時点で馬格は480キロ程度あり、雄大なフットワークが持ち味。「脚元の弱い血統なので、そこを注意したい」。順調なら9月の阪神での初陣を目指す。

同じセールで最高額(2億8000万円)で取引されたのは『サトノソロモン』(牡、母イルーシヴウェーヴ)。母はフランスのクラシックを制した名牝。530キロの雄大な馬格で、加速したときの破壊力は相当に高そう。「見た目にも迫力があって、サトノアラジン(昨年の安田記念覇者)に似た感じ。体は大きいが33秒台前半の脚を使えそうだね」と活躍を見込む。8〜9月のデビューを視野に入れている。

『サトノルークス』(牡、母リッスン)は同2億7000万円。全姉にタッチングスピーチ、全兄にムーヴザワールドがいる。「見た目がコンパクトで、いかにもディープ産駒らしい体形」。シャープなラインからも仕上がりは早そうで、夏の札幌への入厩が検討されている。『ダノンチェイサー』(牡)は牧場から素軽い動き。母は愛1000ギニーの勝ち馬で、タフな馬場もこなせそうだ。「しなやかで、ハジけそうな感じ」とジャッジ。夏のデビューを目指している。

続いては怪物フランケル産駒。『サトノナレッジ』(牡)は馬っぷりの良さが際立つ。「幅があって、フランケル産駒らしい体つき。芝のマイルから中距離ぐらい」。『モアザンソツカの16』(牡)はゴドルフィン所有の外国産馬。馬格は500キロ以上のパワー型だ。「筋肉質で、この馬もマイルから中距離ぐらいかな」とイメージする。

この他での注目馬は、厩舎に所属していたラブリーデイの全弟『ボッケリーニ』(父キングカメハメハ、母ポップコーンジャズ)。「兄とタイプが違って線が細い。薄手でスラッと見せて、ダンスインザダーク(母父)の血が出ている。距離も持ちそうだね」と兄に続く活躍を見込む。『オーロトラジェ』(牝、母ミュージカルウェイ、父オルフェーヴル)は、2015年のオークス、秋華賞の2冠を制したミッキークイーン(父ディープインパクト)の半妹。「毛色は違うけど姉に似ている。体つきも同じで線が細く良くは見せないけど、実戦タイプだと思う」とクラシック路線での活躍を期待する。
名前 :
http://keiba-o.com/