【新馬勝ち2歳総点検・阪神】ショウリュウイクゾ 七分の力で最速上がり34秒5|けいばおー

2018年06月19日

【新馬勝ち2歳総点検・阪神】ショウリュウイクゾ 七分の力で最速上がり34秒5

1: 名無しさん 2018年06月19日 20:02:50 ID:0.net

【新馬勝ち2歳総点検・阪神】ショウリュウイクゾ 七分の力で最速上がり34秒5

【新馬勝ち2歳総点検・阪神】

★日曜(17日)芝外1600メートル=1番人気に支持されたショウリュウイクゾが制した。

スタート後に馬が横にヨレてしまい、ダッシュがつかなかったが、前半は無理せずに後方を追走。直線では外に出すことなく、馬混みの中を割りながら最速上がり34秒5を駆使して、2着馬に1馬身1/4差をつけてみせた。

「俺の心臓には良くなかったけどな。直線では馬の間にも入れたし、初戦としてはいい競馬だった。まだ七分くらいで、もっと良くなりそう。距離は延びても大丈夫」と佐々木調教師。

直線の切れ味は重賞3勝を挙げた母ショウリュウムーンをほうふつさせるものがあり、順調にいけば次走予定のGIII新潟2歳S(8月26日=新潟芝外1600メートル)でも好走が期待できる。

★土曜(16日)ダート1200メートル=2番人気のチュウワフライヤーが勝利。押して好位を取りに行き、先に抜け出したアールロッソを最後はねじ伏せてクビ差前に出た。

前半はおっつけ通しで、コーナーでは外に張り、馬体もまだ筋肉がつき切っていない印象で、心身ともに良化の余地を残す。

そんな成長途上の段階でも直線で闘志を出し、接戦を制した点は評価できる。

名前 :
http://keiba-o.com/