【菊花賞】ブラストワンピース、夏の新潟から異例のローテでラスト1冠狙う!|けいばおー

2018年10月16日

【菊花賞】ブラストワンピース、夏の新潟から異例のローテでラスト1冠狙う!

1: 名無しさん 2018年10月16日 06:02:06 ID:0.net

【菊花賞】ブラストワンピース、夏の新潟から異例のローテでラスト1冠狙う!
◆第79回菊花賞・G1(10月21日、芝3000メートル、京都競馬場)

今年の3冠最終戦、第79回菊花賞・G1(21日、京都)は混戦必至。新潟記念で古馬を撃破したブラストワンピースが勢いに乗ってラスト1冠をもぎとるか。

ブラストワンピースが異例のステップで淀の3000メートルでのラスト1冠に臨む。日本ダービー5着からの復帰戦に選んだのは新潟記念。その理由を大竹調教師はこう説明した。

「適度に間隔を空けたかったし、より良績のある左回りを選んで、スムーズな走りをさせたかった」

その思惑通りのパフォーマンスを披露。メンバー最速となる33秒5の末脚を繰り出し、35年ぶりとなる3歳馬Vを決めた。

「向こう正面でステッキが入っていて、久々という感じだった。エンジンがかかったのは直線だけ。滑り出しとしては上々過ぎる」

11日の1週前追い切りは池添が美浦に駆け付け、Wコースでサーワシントン(4歳500万)を3馬身追走。6ハロン81秒5―12秒4で5馬身先着し、豪快に伸びた。

「まだ変わる余地はあるけれど、緩さが解消して、夏を越えて良くなってきている。やはり間隔を空けた方が調整はやりやすいですね」

5戦4勝のハービンジャー産駒が、初の京都コースと3000メートルに挑む。

「距離は問題ないでしょう。毎日杯の時は長距離輸送があっても体重が減らなかったし、新潟記念のパドックはダービーの時より落ち着いていて、成長していると感じた」

高い能力に成長と上積みが加わり、陣営は自信を持って送り出す。(石野静香)
名前 :
http://keiba-o.com/