【菊花賞・東西記者徹底討論】ルメールが魅力フィエールマンか驚異のスタミナ持つジェネラーレウーノか|けいばおー

2018年10月17日

【菊花賞・東西記者徹底討論】ルメールが魅力フィエールマンか驚異のスタミナ持つジェネラーレウーノか

1: 名無しさん 2018年10月17日 21:34:37 ID:0.net

【菊花賞・東西記者徹底討論】ルメールが魅力フィエールマンか驚異のスタミナ持つジェネラーレウーノか

【菊花賞(日曜=21日、京都芝外3000メートル)東西記者徹底討論】日本ダービー馬ワグネリアンが不在。そして皐月賞1着&ダービー2着のエポカドーロは前哨戦で4着敗戦…。絶対的な主役不在のまま迎えるクラシック3冠最終戦・第79回菊花賞は実に難解だ。果たして既成勢力と新興勢力のどちらを重視すべきか。「両刀」山口&「馼王」西谷のさばきはいかに!?

西谷哲生(大スポ):いよいよ牡馬クラシックの最終戦です。

山口心平(東スポ):う〜ん、イマイチ盛り上がりに欠ける感じがするのはオレだけか?

西谷:ダービー馬はいないし、ダークホースとなり得たレイエンダも出てこず…。確かに足りないピースはいくつかありますね。

山口:そうなんだよ。

西谷:それに牝馬戦線にはアーモンドアイという抜けたスターホースがいましたからね。牡馬は突出した馬がおらず、上位から中位くらいがかなり拮抗した感じ。仮にワグネリアンが出てきたとしても、距離不安で絶対視はできなかったでしょうからね。

山口:結局、最終戦のここでもハッキリとした核がいないまま。上位拮抗というより、ドングリの背比べというイメージも…。

西谷:そう言い切っちゃうのはまだ早いんじゃないですか。抜けた馬がいないのは確かだけど、古馬相手に重賞を勝った馬や夏の上がり馬など、なかなかメンツは豊富。意外と奥行きのある世代なのかもしれません。

山口:まあ、世代論的なものは、これからの各馬の走りを見てから判断することにして、まずは目の前の菊花賞を当てないとな。

西谷:春2冠を見ても、うまく立ち回った馬が勝っている感じだから、現時点での予想が難しいんですが…。

山口:予想の第一歩としては既成勢力をとるか、新興勢力をとるか。

西谷:ボクは後者をとって◎フィエールマンです。この世代のキーワード「立ち回り」という意味では、前走はうまく立ち回れませんでした。

山口:ラジオNIKKEI賞な。現地で見てたが、確かにかなりロスの大きな競馬だった。

西谷:小回りで前が止まらない流れを、大外から2着まで押し上げたんですからね。勝ち馬より強い競馬をしているし、そのメイショウテッコンは神戸新聞杯3着だから、ここでも通用する計算は立ちます。

山口:確かにポテンシャルは高い。

西谷:久々や一気の距離延長など、乗り越えるべき課題も多いんですが、鞍上(ルメール)も含めて魅力は十分です。

山口:ただなあ〜。グロンディオーズもそうだが、力拮抗の接戦の中ではキャリア不足が響く恐れがあるんだよな。ということで、オレは既成勢力を重視してジェネラーレウーノ◎だ。

西谷:この馬もスタート直後の下り坂など、課題はありますよ。

山口:だからこそ積み重ねてきた経験値がものをいうんだろ。とにかく気分良く運べさえすれば、驚異的なスタミナを発揮することは証明済みだからな。逆に言えば、極端な瞬発力勝負は避けたいところだが、人気のエポカドーロが前めで運べばスローは考えにくい。

西谷:ボクも2、3番手は春の実績組から。エタリオウはいかにも距離が延びて良さそうなレースぶり。ただ、1週前がパッとしなかったのと、右回りの神戸新聞杯(2着)で内にモタれていたことがちょっと気になって…。本命にはできませんでした。

山口:オレも内へのモタれは気になった。それでも伸びてくるんだから、軽視はできないんだろうが…。

西谷:エポカドーロは決してベストの距離ではないでしょうけど、ゴール前でもう一度盛り返したダービー(2着)の内容を考えれば、重い印にせざるを得ません。スタート直後につまずいた前走(神戸新聞杯=4着)でも力は見せましたから。

山口:大崩れしない信頼感はこの馬が一番だろうな。オレはジェネラーレウーノとの“行った行った”が基本線。そうなるとブラストワンピースの評価を3番手に落とさざるを得ないのがつらいところだが…。

西谷:ボクは△までです。

山口:1番人気候補の馬だぞ。

西谷:もちろん能力は認めますが、長距離ランナーとしては体が大き過ぎる感も。キタサンブラック(2015年菊花賞1着=530キロ)の例はありますが、マラソンを走るにはもう少しスラッとした体形がいいイメージなんですよね。

山口:オレは母が短距離馬という点が引っかかる。スローのダービー(5着)は何とかこなせたけど、そろそろ本質的な距離適性が出る時期でもあるからな。中距離の新潟記念で驚異的な強さを見せたことが、逆に不安材料にとれなくもない。

西谷:ほかでは心身がかみ合ってきたアフリカンゴールド、しぶとさが光るメイショウテッコンあたりもマークは必要です。

山口:グレイルも上位との力差はないだろ。印がなかなか絞り込めないし、馬券をどう買うかも含めてホント、難しい一戦だよな。

名前 :
http://keiba-o.com/