【スプリングS】シークレットランは8着 内田「大外で動けなかった」|けいばおー

2019年03月17日

【スプリングS】シークレットランは8着 内田「大外で動けなかった」

1: 名無しさん 2019年03月17日 17:14:19 ID:0.net

【スプリングS】シークレットランは8着 内田「大外で動けなかった」
◆第68回スプリングS・G2(3月17日、中山・芝1800メートル、良)

皐月賞(4月14日、中山)トライアルは、3歳牡馬16頭によって争われた。

10番人気のエメラルファイト(美浦・相沢郁厩舎、父クロフネ)が直線での競り合いを頭差制して、重賞初制覇を決めた。騎乗していた石川裕紀人騎手(23)=美浦・相沢厩舎=は、17年のラジオNIKKEI賞(セダブリランテス)以来の重賞勝利となった。勝ち時計は1分47秒8。

2着はメンバー唯一の重賞2勝馬だった1番人気のファンタジスト(武豊騎手)。7番人気の3着、ディキイシーナイト(石橋脩騎手)までに、皐月賞の優先出走権が与えられた。

内田騎手(シークレットラン=8着)「手応えはあったが、大外で動けなくなってしまった。道中はちょっと苦しかったです」

柴山騎手(ゲバラ=9着)「いつもの感じだった。ただ、3コーナーから思うような進路がとれなかった。そんなに差はない」

勝浦騎手(ニシノカツナリ=10着)「自然とあの位置(後ろ)になった。負けるにしても、もうひと脚欲しかったかな」
名前 :
http://keiba-o.com/