タグ「ぶっつけ」|競馬ニュース速報掲示板 けいばおー

タグ「ぶっつけ」

「ぶっつけ」と一緒に検索されているワード

  • ぶっつけ,
  • ぶっつけ本番 類語,
  • ぶっつける,
  • ぶっつけ 意味,
  • ぶっつけ小論文,
  • ぶっつけ秋祭り,
  • ぶっつけ本番 敬語,
  • ぶっつけサーブ,
  • ぶっつけに 意味,
  • ぶっつけ本番 言い換え,
  • ぶっつけ本番,
  • ぶっつけ本番 英語,
  • ぶっつける 意味,
  • ぶっつけ本番 類義語,
  • ぶっつけサーブ,
  • ぶっつけワイド

【有馬記念】絶好調デムーロ兄弟、4週連続G1奪取だ

1: 名無しさん 2018年12月17日 07:00:43 ID:0.net

【有馬記念】絶好調デムーロ兄弟、4週連続G1奪取だ ◆第63回有馬記念・G1(12月23日・芝2500メートル、中山競馬場) 12月に入ってのG1優勝騎手はミルコ、クリスチャン、ミルコとデムーロ兄弟が席巻。大一番のグランプリ、有馬記念(23日、中山)もこの兄弟の勢いが続くのか。ミルコが手綱を執る昨年のエリザベス女王杯の覇者モズカッチャン、...

【朝日杯FS】ケイデンスコール 坂路で古馬500万下を突き放す「全体的なバランスが良くなった」

1: 名無しさん 2018年12月12日 21:03:28 ID:0.net

【朝日杯FS】ケイデンスコール 坂路で古馬500万下を突き放す「全体的なバランスが良くなった」 【朝日杯FS(日曜=16日、阪神芝外1600メートル)注目馬12日最終追い切り:栗東】8月の新潟2歳S優勝以来、ぶっつけでのGI挑戦となるケイデンスコール(写真手前)は坂路の併せ馬。古馬500万下を追走する形でスタート、ラスト1ハロンではこれを一気に突き放して先着を果たした(4ハロン52...

ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜(11月25日)ジャパンC(GI)

1: 名無しさん 2018年11月24日 15:00:35 ID:0.net

ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜(11月25日)ジャパンC(GI) 【今週の予想】 ☆東京11Rジャパンカップ(GI)(芝2400m) シンザン記念から桜花賞、オークスからぶっつけ本番で秋華賞を制し、異例のローテーションで牝馬3冠を達成したアーモンドアイ。3冠すべてのレースを圧倒的な強さで制しており、同世代の牝馬とは次元が違った。今回は初の古馬との一戦。それもトップクラ...

ジャパンCでアーモンドアイにひと泡吹かせるのは、やっぱり4歳馬

1: 名無しさん 2018年11月24日 06:15:30 ID:0.net

ジャパンCでアーモンドアイにひと泡吹かせるのは、やっぱり4歳馬 ダービージョッキー 大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」 「世界に通用する強い馬作り」を目指して、1981年に創設されたGIジャパンC。舞台となるのは、日本競馬の”顔”と言われる東京競馬場の、日本ダービーと同じ”クラシックディスタンス”の芝2400m。もっとも力勝負になりやすく、有利不利も少なくて、非常...

【ジャパンC】スワーヴリチャードの巻き返し狙いが妙味

1: 名無しさん 2018年11月20日 21:00:17 ID:0.net

【ジャパンC】スワーヴリチャードの巻き返し狙いが妙味 【ジャパンカップ(日曜=25日、東京芝2400メートル)過去10年ワンポイント】過去10年の単勝1番人気は〈3・3・2・2〉で複勝率80%。馬券圏内を外したのは外国馬(2011年デインドリーム=6着)と3連覇ならずのジェンティルドンナ(14年4着)だけで、日本馬が1番人気なら「軸」とし...

【ジャパンC】アーモンドアイ 現役最強へ!ノーザンファーム天栄・木實谷場長語った

1: 名無しさん 2018年11月20日 06:00:22 ID:0.net

【ジャパンC】アーモンドアイ 現役最強へ!ノーザンファーム天栄・木實谷場長語った 「ジャパンC・G1」(25日、東京) 圧倒的な強さで牝馬三冠を達成したアーモンドアイ。前哨戦をスキップする異例とも言えるローテで史上5頭目の偉業を達成した快挙の裏には、ノーザンファーム天栄の存在がある。同じ三冠牝馬ジェンティルドンナ以来、6年ぶり史上2頭目となる3歳牝馬Vを狙う大一番を前...

【JBCクラシック・東西記者徹底討論】ハイレベル3歳世代オメガパフュームか経験豊富な古豪サウンドトゥルーか

1: 名無しさん 2018年10月31日 21:32:19 ID:0.net

【JBCクラシック・東西記者徹底討論】ハイレベル3歳世代オメガパフュームか経験豊富な古豪サウンドトゥルーか 【JBCクラシック(日曜=11月4日、京都ダート1900メートル)東西記者徹底討論】JBCクラシックをメインに、スプリント(ダート1200メートル)、レディスクラシック(ダート1800メートル)と、中央では初の試みとなるGI(JpnI)3連発。JBCデーを勝ち組で終えられるかどうかで、競...

ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜(10月28日)天皇賞(秋)(GI)他2鞍

1: 名無しさん 2018年10月27日 15:26:13 ID:0.net

ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜(10月28日)天皇賞(秋)(GI)他2鞍 【先週の結果】 先週の的中は以下の通り。 ・新潟4Rが△₂→◎→○で決まり、3連複740円。 ・京都6Rが◎→△₂で決まり、馬単1,980円。 【今週の予想】 ☆東京7R3歳以上500万下(芝1400m) 本来の走りが戻ってきたライレローズ。新馬戦や初勝利を挙げたレース内容から将来を期待されていたが、線が細くな...

天皇賞・秋の制覇に近いのはクラシックとは無縁だった明け4歳馬だ

1: 名無しさん 2018年10月27日 05:55:57 ID:0.net

天皇賞・秋の制覇に近いのはクラシックとは無縁だった明け4歳馬だ ダービージョッキー 大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」 秋華賞は、オークスからぶっつけで臨んだアーモンドアイが牝馬三冠を達成。そして菊花賞は、1800mまでしか距離経験がなく、しかも夏の福島以来という異例の臨戦過程で挑んだフィエールマンが勝利を飾りました。 この2頭はともに、過去のデータや傾向...

【天皇賞・秋】スワーヴリチャード フルゲート割れ&逃げ馬不在でスピード持続力勝負なら譲れない!

1: 名無しさん 2018年10月26日 21:01:56 ID:0.net

【天皇賞・秋】スワーヴリチャード フルゲート割れ&逃げ馬不在でスピード持続力勝負なら譲れない! 【天皇賞・秋(日曜=28日、東京芝2000メートル)新バージョンアップ作戦】出走馬の半数以上がGI馬という豪華メンバーの第158回天皇賞・秋が刻一刻と迫っている。今回のテーマを“スピード持続力”とした新VU作戦の明石尚典記者は◎スワーヴリチャードで勝負。大阪杯で現役断然の快ラップを刻んだ仕...

【アルテミスS】北海道で経験値積んだアフランシール&ウインゼノビアに注目

1: 名無しさん 2018年10月25日 21:33:22 ID:0.net

【アルテミスS】北海道で経験値積んだアフランシール&ウインゼノビアに注目 【アルテミスS(土曜=27日、東京芝1600メートル)美浦トレセン発秘話】フィエールマンを担当する名畑俊助手が先週、美浦で記者に、こんな言葉を投げかけてきた。 「夏に無理せずオーバーホールしたことで体がたくましくなり、デビュー以来、一番の状態に仕上がりました。これ冗談じゃなく、スローのヨ...

【スワンS】モズアスコット仕上がり太鼓判 矢作師「何の問題もなく順調」

1: 名無しさん 2018年10月25日 06:00:42 ID:0.net

【スワンS】モズアスコット仕上がり太鼓判 矢作師「何の問題もなく順調」 「スワンS・G2」(27日、京都) 春のマイル王モズアスコットは24日、栗東坂路でモートゥス(3歳500万下)と併せ馬。休み明けを感じさせない豪快なフォームで駆け上がり、0秒6先着を果たした。 矢作師は「時計的にも上等だし、何の問題もなく順調です」と仕上がりに太鼓判を押した。G1馬として...

【天皇賞】ミッキーロケットぶっつけ心配なし ダンビュライトに馬なり先着

1: 名無しさん 2018年10月25日 06:00:42 ID:0.net

【天皇賞】ミッキーロケットぶっつけ心配なし ダンビュライトに馬なり先着 「天皇賞(秋)・G1」(28日、東京) 宝塚記念覇者ミッキーロケットは24日、和田を背に栗東坂路でダンビュライトと併せ馬。手応えが怪しくなった僚馬に、馬なりのまま0秒2先着を決めた。「先週で仕上がっているのでこれで十分。輸送もあるので余裕を持たせたケイコをしました」と音無師。 秋の始動戦...

野中悠太郎「いかにバテずに持たせるか」アイルランド修行で感じた欧州競馬

1: 名無しさん 2018年10月25日 06:00:42 ID:0.net

野中悠太郎「いかにバテずに持たせるか」アイルランド修行で感じた欧州競馬 アイルランドでの約7カ月にわたる海外武者修行を終えた野中悠太郎騎手(21)=美浦・根本=が21日に帰国。今週から早速、美浦トレセンで調教に参加した。現地ではなかなか実戦に騎乗する機会に恵まれず未勝利だったが、国内では決して経験できない貴重なキャリアを積んできた。「改めて日本の環境は恵ま...

【天皇賞】キセキ加速 放牧効果で成長曲線…辻野助手「いい頃に戻ってきています」

1: 名無しさん 2018年10月25日 06:00:41 ID:0.net

【天皇賞】キセキ加速 放牧効果で成長曲線…辻野助手「いい頃に戻ってきています」 「天皇賞(秋)・G1」(28日、東京) 復活へ向けて、確かな蹄音を響かせた。秋初戦の毎日王冠を3着にまとめた昨年の菊花賞馬キセキが24日、栗東CWで躍動。外ラチ沿いをダイナミックなフォームで加速すると、5F67秒7−38秒1−11秒6を力強く刻み込んだ。 「ための利いた走りで、最後の反応も...
http://keiba-o.com/