タグ「アクシデント」|競馬ニュース速報掲示板 けいばおー

タグ「アクシデント」

「アクシデント」と一緒に検索されているワード

  • アクシデント 英語,
  • アクシデントカップル,
  • アクシデントマン,
  • アクシデント 意味
  • アクシデントレポート,
  • アクシデント 類語,
  • アクシデント中,
  • アクシデントコーディネーター,
  • アクシデント 映画,
  • アクシデントカップル,
  • アクシデント,
  • アクシデント インシデント 違い,
  • アクシデントカップル キャスト,
  • アクシデントとは,
  • アクシデントカップル 動画 16話,
  • アクシデント インシデント,
  • アクシデント 意味

平成最後の有馬記念で、「レジェンド」オジュウチョウサンに馳せる夢

1: 名無しさん 2018年12月17日 06:35:02 ID:0.net

平成最後の有馬記念で、「レジェンド」オジュウチョウサンに馳せる夢 オジュウチョウサン(牡7歳)が有馬記念(12月23日/中山・芝2500m)挑戦を表明してから、にわかに注目を集めた馬がいる。 1992年の有馬記念を勝ったメジロパーマーだ。 両者には、ともに”障害帰り”という共通点がある。 競走馬として、ワンランク低く見られがちな”障害帰り”でも、メジロパーマーのよう...

【朝日杯FS】枠順と見どころ 紅一点グランアレグリアが出走

1: 名無しさん 2018年12月14日 21:49:22 ID:0.net

【朝日杯FS】枠順と見どころ 紅一点グランアレグリアが出走 (全2枚) 12月16日(日)阪神競馬場で行われる、朝日杯フューチュリティステークス(G1・2歳オープン・芝1600m)の枠順は下記の通り。 紅一点、グランアレグリアが38年ぶりの牝馬Vなるかというのが焦点。気性はまだ幼く、出遅れの心配もあるがそれを全てひっくり返すだけの才能は持ち合わせている。普通に考え...

【朝日杯FS】紅一点グランアレグリア、直前に落鉄も“はだし”で駆け先着

1: 名無しさん 2018年12月13日 06:01:26 ID:0.net

【朝日杯FS】紅一点グランアレグリア、直前に落鉄も“はだし”で駆け先着 ◆朝日杯FS追い切り(12日・美浦トレセン) 第70回朝日杯フューチュリティS・G1(16日、阪神)の出走馬の追い切りが12日、東西のトレセンで行われた。紅一点のグランアレグリアは美浦・Wコースでの調教前に落鉄のアクシデントがありながら、そのまま“はだし”で駆けて併走馬に先着。手綱を執った...

【香港スプリント】ニードル出遅れ8着 川田「馬が気持ち失った」

1: 名無しさん 2018年12月10日 07:00:00 ID:0.net

【香港スプリント】ニードル出遅れ8着 川田「馬が気持ち失った」 香港スプリントに出走したファインニードルは8着。ゲートで待たされ、スタートもひと息。向正面で好位まで追い上げたが直線で伸びを欠いた。川田は「馬の状態は素晴らしかった。自信を持ってゲートに入ったが、待たされて、馬が気持ちを失ってしまった」。 発走直前、地元馬(ピンウースパーク)がゲートに...

【香港スプリント】ファインニードル“不運”に泣き8着

1: 名無しさん 2018年12月10日 06:00:46 ID:0.net

【香港スプリント】ファインニードル“不運”に泣き8着 「香港スプリント・香港G1」(9日、シャティン) 思わぬアクシデントで力を発揮できなかった。“春秋スプリントG1制覇”の金看板を引っ提げて参戦したファインニードルだったが、好位から伸びを欠き8着。 ゲート内で発馬を待つ間、地元馬ピンウースパークがゲート入りを嫌がり(最終的に出走取消)、その...

【中日新聞杯】また3歳馬!ギベオン差し返し∨ 勝負根性発揮

1: 名無しさん 2018年12月09日 07:00:00 ID:0.net

【中日新聞杯】また3歳馬!ギベオン差し返し∨ 勝負根性発揮 師走の名古屋を彩るG3「第54回中日新聞杯」が8日、中京競馬場で行われた。一度はショウナンバッハに前に出られた1番人気のギベオンがゴール寸前で差し切って、重賞初制覇を果たした。今回がわずかキャリア6戦目となる3歳のディープインパクト産駒。来年はもう一つ上のステージでの活躍が期待される。 ...

【カペラS】ハットラブ「あとは(横山)ノリさんにお任せするだけ」

1: 名無しさん 2018年12月06日 20:31:00 ID:0.net

【カペラS】ハットラブ「あとは(横山)ノリさんにお任せするだけ」 【カペラS(日曜=9日、中山ダート1200メートル)注目馬6日朝の表情:美浦】5戦4勝と得意にしている舞台で重賞制覇を狙うハットラブは厩舎周りの運動で体をほぐした。 郷原助手「この前はスタートでつまずき落馬するアクシデントがあったが、幸い大事には至らず。以前より落ち着きが出てきたのはいい...

【阪神JF】シェーン、藤沢和師「追わなくても走る」

1: 名無しさん 2018年12月06日 07:00:00 ID:0.net

【阪神JF】シェーン、藤沢和師「追わなくても走る」 【隠れ話こぼれ話】藤沢和厩舎の2歳馬が大ブレークしている。今年デビューした16頭のうち12頭が勝ち上がり、次週16日の朝日杯FSには牝馬グランアレグリアがスタンバイ。一昨年に続く牡牝2歳G1ダブル制覇が懸かる。「この素晴らしい牝馬たちの子供を(調教)できないのが残念だよ」。70歳定年ま...

【チャンピオンズC】3歳馬ルヴァンスレーヴは2枠2番 追い切り後も元気

1: 名無しさん 2018年11月30日 06:00:19 ID:0.net

【チャンピオンズC】3歳馬ルヴァンスレーヴは2枠2番 追い切り後も元気 「チャンピオンズC・G1」(12月2日、中京) 群雄割拠が続いていたダート界に、さっそうと現れた超新星。それがルヴァンスレーヴだ。南部杯では古馬トップのゴールドドリームを軽々撃破し、レース史上初の3歳馬Vを達成した。 最大のライバルと目されたゴールドドリームが、アクシデントにより出走を回...

【ジャパンC】アーモンドアイに国枝陣営の想像を超えた「神秘とミラクル」

1: 名無しさん 2018年11月22日 21:33:44 ID:0.net

【ジャパンC】アーモンドアイに国枝陣営の想像を超えた「神秘とミラクル」 【ジャパンカップ(日曜=25日、東京芝2400メートル)美浦トレセン発秘話】「彼女は特別な馬です」 パートナーのアーモンドアイに対して主戦クリストフ・ルメールが頻繁に用いる表現だ。ただ、何をもって「特別」かはいまだ語られず。3冠を制したからか、牝馬のカテゴリーを超える存在だからか、もしく...

【ジャパンC】3冠牝馬アーモンドアイ 国枝調教師が語る「秋華賞の異変とその後の回復」

1: 名無しさん 2018年11月20日 21:31:23 ID:0.net

【ジャパンC】3冠牝馬アーモンドアイ 国枝調教師が語る「秋華賞の異変とその後の回復」 秋のGI戦線もいよいよ佳境。日曜(25日)の東京競馬場では第38回ジャパンカップ(芝2400メートル)が行われる。国内外から実力馬が集う世界戦で最大の注目はもちろん、紅一点で3冠牝馬のアーモンドアイ。秋華賞直後の一頓挫、中間の調整、陣営の自信度、そしてさらなる飛躍の来年…。週末の確定版で...

【京都2歳S】ショウリュウイクゾ「馬体に幅が出てきた」

1: 名無しさん 2018年11月19日 20:00:47 ID:0.net

【京都2歳S】ショウリュウイクゾ「馬体に幅が出てきた」 【京都2歳S(土曜=24日、京都芝内2000メートル)注目馬最新情報:栗東】ショウリュウイクゾの1週前追い切りは浜中を背にウッドで僚馬に半馬身先着。6ハロン81・9―38・4―12・1秒。徐々に負荷を強められ、馬もそれに応えて力強い動き。いい形で夏を越せた感じだ。 佐々木助手「捻挫や爪を傷...

【マイルCS】1番人気モズアスコットまさかの13着 不利に泣き春秋マイル王ならず

1: 名無しさん 2018年11月19日 06:00:16 ID:0.net

【マイルCS】1番人気モズアスコットまさかの13着 不利に泣き春秋マイル王ならず 「マイルCS・G1」(18日、京都) まさかの大敗だ。痛恨のアクシデントに泣き、1番人気のモズアスコットは13着に惨敗した。 勝負どころの4コーナー入り口で外に出そうとした瞬間、スペースがなくなり、他馬に挟まれて万事休す。立て直して前を追おうとしたが、既に闘争心は消えていた。ルメールは「...

【マイルCS】3歳馬ステルヴィオが秋のマイル王を奪取

1: 名無しさん 2018年11月18日 16:07:08 ID:0.net

【マイルCS】3歳馬ステルヴィオが秋のマイル王を奪取 「マイルCS・G1」(18日、京都) 今年も3歳馬だ。5番人気のステルヴィオがゴール前で内から抜け出し、秋のベストマイラー決定戦を奪取した。 アエロリットが内の様子を見ながら先手を奪った。これを最内枠から5、6番手の好位に位置。直線を向いて2番手からアルアインがいったん抜け出したが、その...

【マイルCS】ステルヴィオが悲願のG1初制覇!史上5頭目の3歳馬V

1: 名無しさん 2018年11月18日 15:50:10 ID:0.net

【マイルCS】ステルヴィオが悲願のG1初制覇!史上5頭目の3歳馬V 秋のマイル王を決める「第35回マイルCS」(G1、芝1600メートル)が18日、京都競馬場11Rで行われ、W・ビュイック騎手騎乗の5番人気ステルヴィオ(牡3=木村厩舎)が優勝。4度目の挑戦で悲願のG1初勝利をあげた。 中団前目から競馬を進めたステルヴィオ。直線では内から突き抜けて、先頭...
http://keiba-o.com/