タグ「アーモンドアイ」|競馬ニュース速報掲示板 けいばおー

タグ「アーモンドアイ」

「アーモンドアイ」と一緒に検索されているワード

  • アーモンドアイとは,
  • アーモンドアイ 目,
  • アーモンドアイ 秋華賞,
  • アーモンドアイ メイク,
  • アーモンドアイ オークス,
  • アーモンドアイ 一口,
  • アーモンドアイ 一重,
  • アーモンドアイ ぬいぐるみ,
  • アーモンドアイ 桜花賞,
  • アーモンドアイ,
  • アーモンドアイとは,
  • アーモンドアイ 馬,
  • アーモンドアイ 画像,
  • アーモンドアイ オークス,
  • アーモンドアイ 競馬,
  • アーモンドアイ 血統,
  • アーモンドアイ 特徴

【秋華賞・後記】2着ミッキーチャーム 北海道シリーズからの直行が奏功

1: 名無しさん 2018年10月15日 21:33:37 ID:0.net

【秋華賞・後記】2着ミッキーチャーム 北海道シリーズからの直行が奏功 14日の第23回秋華賞(京都芝内2000メートル)で、逃げた5番人気のミッキーチャームが2着に粘った。北海道で3連勝してきた同馬は、今回は初めてのGI。一気に強くなる相手関係がカギと思われたが、結果は見せ場たっぷりの2着。堂々たるレースぶりだった。 「相手は一気に強くなったけど、現状の力...

【秋華賞・後記】武豊カンタービレ 距離克服の可能性を示す大きな3着

1: 名無しさん 2018年10月15日 21:32:17 ID:0.net

【秋華賞・後記】武豊カンタービレ 距離克服の可能性を示す大きな3着 14日の第23回秋華賞(京都芝内2000メートル)で、3番人気カンタービレは3着だった。 重賞初制覇を果たしたフラワーCは4角4番手で、前走のローズSでは4角先頭の競馬で押し切ったカンタービレ。先行しての抜け出しが同馬の脚質と誰もが考えていたはずだが、武豊の思考回路は違った。道中はアーモ...

【秋華賞・後記】2歳女王ラッキーライラック 集中力欠いて9着惨敗

1: 名無しさん 2018年10月15日 21:30:23 ID:0.net

【秋華賞・後記】2歳女王ラッキーライラック 集中力欠いて9着惨敗 断然人気アーモンドアイの3冠制覇で幕を閉じた14日の第23回秋華賞(京都芝内2000メートル)。2番人気のラッキーライラックは9着に敗れた。 昨年の2歳女王で桜花賞2着、オークス3着のラッキーライラックは実績でアーモンドアイに次ぐ存在。オークス以来の休み明けでも2番人気の支持を集めたのは...

アーモンドアイ、激走から一夜明けて穏やかな表情 史上5頭目の牝馬3冠達成

1: 名無しさん 2018年10月15日 13:13:21 ID:0.net

アーモンドアイ、激走から一夜明けて穏やかな表情 史上5頭目の牝馬3冠達成 14日に行われた第23回秋華賞・G1を優勝し、史上5頭目、同一厩舎からは史上初の2頭目の牝馬3冠馬となったアーモンドアイ(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)は15日、激戦から一夜明けて京都競馬場の厩舎で、穏やかな表情をのぞかせた。 当初の予定通り、レース後は競馬場の馬房にて、激戦の疲れを癒やし...

【秋華賞】京都競馬場の入場者数 前年比137・3%

1: 名無しさん 2018年10月15日 11:30:38 ID:0.net

【秋華賞】京都競馬場の入場者数 前年比137・3% 14日、秋華賞が行われた京都競馬場はアーモンドアイの3冠達成に期待したファンが多かったのか、近年では珍しいほどの来場者数になった。 競馬人気が絶頂期だった1997年の8万7515人には遠く及ばないものの、4万4590人は対前年比で137・3%を記録。3万人台が多かった近年では盛況の一日...

【秋華賞】ノーザンF4連勝!吉田代表「アーモンドは凄い」

1: 名無しさん 2018年10月15日 07:00:00 ID:0.net

【秋華賞】ノーザンF4連勝!吉田代表「アーモンドは凄い」 アーモンドアイを生産したノーザンファームはこれで秋華賞4連勝。通算8勝目となった。吉田勝己代表は3冠制覇に興奮気味だ。「正直、届かないかと思った。本当に凄い!凄いよ。恐ろしい。これでまだ上があるというのだから、どこまで強くなるのか。今後が楽しみ」。ノーザンファーム早来の中島文彦場長は「...

【秋華賞】世界見えた!アーモンド3冠 来年は凱旋門賞挑戦も

1: 名無しさん 2018年10月15日 07:00:00 ID:0.net

【秋華賞】世界見えた!アーモンド3冠 来年は凱旋門賞挑戦も 世界がくっきりと見えた。牝馬3冠最終戦「第23回秋華賞」が京都競馬場で行われ、単勝1・3倍の1番人気アーモンドアイがオークスから中146日のぶっつけで快勝。桜花賞、オークスに続き、史上5頭目の牝馬3冠を達成した。クリストフ・ルメール(39)は昨年のディアドラに続く連覇。管理する国枝栄師...

【秋華賞 ルメール騎手独占手記】母国フランスにはない「3冠」信じられない アーモンドアイのレベルならどこへでも行ける!

1: 名無しさん 2018年10月15日 06:02:50 ID:0.net

【秋華賞 ルメール騎手独占手記】母国フランスにはない「3冠」信じられない アーモンドアイのレベルならどこへでも行ける! ◆第23回秋華賞・G1(10月14日・芝2000メートル・京都競馬場、良) 第23回秋華賞・G1は14日、京都競馬場で行われ、単勝1・3倍の圧倒的1番人気に支持されたアーモンドアイが衝撃的な末脚で差し切り、桜花賞、オークスに続き史上5頭目の牝馬3冠を成し遂げた。エスコートしたクリストフ・...

【秋華賞】国枝調教師、アーモンドアイで史上初同一厩舎2頭目の牝馬3冠達成に「ホッとしたよ」

1: 名無しさん 2018年10月15日 06:02:50 ID:0.net

【秋華賞】国枝調教師、アーモンドアイで史上初同一厩舎2頭目の牝馬3冠達成に「ホッとしたよ」 ◆第23回秋華賞・G1(10月14日・芝2000メートル・京都競馬場、良) 第23回秋華賞・G1は14日、京都競馬場で行われ、単勝1・3倍の圧倒的1番人気に支持されたアーモンドアイが衝撃的な末脚で差し切り、桜花賞、オークスに続き史上5頭目の牝馬3冠を成し遂げた。管理する国枝栄調教師(63...

【秋華賞】ミッキーチャーム2着死守 果敢に逃走、勢い見せつけた

1: 名無しさん 2018年10月15日 06:01:05 ID:0.net

【秋華賞】ミッキーチャーム2着死守 果敢に逃走、勢い見せつけた 「秋華賞・G1」(14日、京都) 果敢にハナを奪った5番人気ミッキーチャームが2着を死守した。勝ち馬には1馬身半差をつけられたが、追い込んできた後続馬には完封。初めての重賞挑戦がG1レースとなったが、夏の北海道で3連勝を決めた勢いを存分に見せつけた。 コンビを組んだ川田に代わってコメン...

【秋華賞】牝馬三冠達成のアーモンドアイ 古馬、世界に挑戦へ

1: 名無しさん 2018年10月15日 06:01:05 ID:0.net

【秋華賞】牝馬三冠達成のアーモンドアイ 古馬、世界に挑戦へ 「秋華賞・G1」(14日、京都) 圧巻の走りで牝馬三冠を達成したアーモンドアイ。史上5頭目となる三冠牝馬の誕生をオーナーとして見届けた、(有)シルクレーシングの米本昌史代表(43)は、晴れやかな表情で表彰台に上がった。 「すごい推進力で伸びてきてくれましたね。やはりすごかったです」と、...

【秋華賞】アーモンドアイ史上5頭目の牝馬三冠 ルメール「日本で一番強い」

1: 名無しさん 2018年10月15日 06:01:04 ID:0.net

【秋華賞】アーモンドアイ史上5頭目の牝馬三冠 ルメール「日本で一番強い」 「秋華賞・G1」(14日、京都) 史上5頭目の三冠牝馬が誕生した。中団につけた1番人気のアーモンドアイが、1頭だけ次元の違う末脚を披露してV。12年ジェンティルドンナ以来となる偉業を達成した。ディアドラで制した昨年に続き、レース連覇を決めたクリストフ・ルメール騎手(39)=栗東・フリー...

【秋華賞】国枝師、史上初2度目三冠 アーモンドアイVで10年アパパネに続く快挙

1: 名無しさん 2018年10月15日 06:01:04 ID:0.net

【秋華賞】国枝師、史上初2度目三冠 アーモンドアイVで10年アパパネに続く快挙 「秋華賞・G1」(14日、京都) 圧巻の走りで牝馬三冠を達成したアーモンドアイ。10年アパパネに続く三冠馬を世に送り出した国枝師だが、史上初の偉業を成し遂げてもあくまで自然体だった。次なるターゲットはジャパンC、そして凱旋門賞−。つぶらな瞳の名牝とともに、さらなる大舞台を見据えている。 ...

【馬券顛末記】不運だったラッキーライラック 印も◎△☆で当たったがモヤモヤ

1: 名無しさん 2018年10月14日 18:39:51 ID:0.net

【馬券顛末記】不運だったラッキーライラック 印も◎△☆で当たったがモヤモヤ 競馬にタラレバは禁物。思わぬアクシデントも実力のうちと言われる。実際、記者もそういうスタンスだが、全馬がなるべく全能力を出し切れるレースがベストであることに、多くの方は異論がないだろう。 そういう意味で、秋華賞のラッキーライラックは不運だった。オークス以来のぶっつけ本番を強いられたもの...

【秋華賞】絶妙逃げで2着のミッキーチャーム 中内田師「最後は距離の壁があったかも」

1: 名無しさん 2018年10月14日 17:51:25 ID:0.net

【秋華賞】絶妙逃げで2着のミッキーチャーム 中内田師「最後は距離の壁があったかも」 ◆第23回秋華賞・G1(10月14日、京都競馬場・芝2000メートル、良) 3歳牝馬17頭(スカーレットカラーは出走取消)によって争われ、1番人気のアーモンドアイ(美浦・国枝栄厩舎)が直線で豪快に差し切って優勝。桜花賞、オークスに続くG1制覇で、1986年メジロラモーヌ、2003年スティ...
http://keiba-o.com/