タグ「トライアル」|競馬ニュース速報掲示板 けいばおー

タグ「トライアル」

「トライアル」と一緒に検索されているワード

  • トライアル雇用,
  • トライアル チラシ,
  • トライアル 意味,
  • トライアル雇用とは,
  • トライアルバイク,
  • トライアルとは,
  • トライアル 福岡,
  • トライアル岐南,
  • トライアル ポイント,
  • トライアル,
  • トライアル 店舗,
  • トライアル雇用,
  • トライアルカンパニー,
  • トライアル チラシ,
  • トライアル雇用とは,
  • トライアル 店舗 一覧,
  • トライアル雇用助成金

前哨戦は惨敗のエポカドーロ。菊花賞は「問題」解決で買い、となるか

1: 名無しさん 2018年10月16日 06:15:27 ID:0.net

前哨戦は惨敗のエポカドーロ。菊花賞は「問題」解決で買い、となるか 神戸新聞杯(9月23日/阪神・芝2400m)のエポカドーロ(牡3歳)にはがっかりした。 単勝2.7倍。ダービー馬ワグネリアンを差し置いての1番人気だったのである。 皐月賞馬で、ダービー(5月27日/東京・芝2400m)で2着という世代最上位の実績。加えて、ここが秋初戦ながら、調整は順調。前に行って押し...

【秋華賞・後記】2着ミッキーチャーム 北海道シリーズからの直行が奏功

1: 名無しさん 2018年10月15日 21:33:37 ID:0.net

【秋華賞・後記】2着ミッキーチャーム 北海道シリーズからの直行が奏功 14日の第23回秋華賞(京都芝内2000メートル)で、逃げた5番人気のミッキーチャームが2着に粘った。北海道で3連勝してきた同馬は、今回は初めてのGI。一気に強くなる相手関係がカギと思われたが、結果は見せ場たっぷりの2着。堂々たるレースぶりだった。 「相手は一気に強くなったけど、現状の力...

【菊花賞】ブラスト ラスト1冠譲れない!成長一途で能力上位

1: 名無しさん 2018年10月15日 07:00:00 ID:0.net

【菊花賞】ブラスト ラスト1冠譲れない!成長一途で能力上位 今週は牡馬3冠最終戦、G1「第79回菊花賞」(21日)が行われる。神戸新聞杯を制したダービー馬ワグネリアンが不在。混戦を一歩抜け出すのは新潟記念で35年ぶりの3歳Vを飾ったブラストワンピースだ。ダービー5着以外は負けなしの大器。古馬撃破の力でクラシック最後の1冠獲りに挑む。今秋新企画の...

【秋華賞】AI予想アーモンド◎ 対抗勝負にカンタービレ指名

1: 名無しさん 2018年10月14日 07:00:00 ID:0.net

【秋華賞】AI予想アーモンド◎ 対抗勝負にカンタービレ指名 先々週のスプリンターズSからスポニチ本紙に登場した競馬予測人工知能(AI)「SIVA(シヴァ)」は◎▲で見事に馬単5260円をゲット。今週の「第23回秋華賞」は前売り最終オッズで単勝1・1倍の圧倒的人気に推され、史上5頭目の牝馬3冠を狙うアーモンドアイを◎とした。 少しだけ種明かしすると、...

前代未聞の騎乗停止処分 ルーキー山田騎手が競走距離を1周勘違い

1: 名無しさん 2018年10月13日 20:22:44 ID:0.net

前代未聞の騎乗停止処分 ルーキー山田騎手が競走距離を1周勘違い 山田敬士騎手(21)=美浦・小桧山厩舎=は13日、新潟6Rで競走距離を錯誤して騎乗したとして、14日から裁定委員会の議定があるまで騎乗停止となった。同騎手はダート2500メートルの同レースでペイシャエリートに騎乗。1周目のゴール板通過後に勘違いから馬を減速させた後、馬場中央から外側に誘...

【秋華賞】サラキア大金星 スピード持久力で2冠牝馬の夢を打ち砕く

1: 名無しさん 2018年10月12日 21:01:26 ID:0.net

【秋華賞】サラキア大金星 スピード持久力で2冠牝馬の夢を打ち砕く 【秋華賞(日曜=14日、京都芝内2000メートル)新バージョンアップ作戦】牝馬3冠に王手をかけるアーモンドアイ断然ムードで迎える第23回秋華賞。クラシック2冠の圧倒的な内容からそれも当然だが、新VU作戦の明石尚典記者はあえて◎サラキアで大金星を狙う。3、4、5番人気の順で決まった昨年(3...

【秋華賞】カンタービレ好リズム 歌うように〜流れるように〜ラスト12秒0

1: 名無しさん 2018年10月12日 06:00:50 ID:0.net

【秋華賞】カンタービレ好リズム 歌うように〜流れるように〜ラスト12秒0 「秋華賞・G1」(14日、京都) リラックスした走りを見せた。ローズS覇者カンタービレは11日、栗東CWでパートナーと余力十分に併入。仕上がりの良さをアピールした。鞍上は4000勝ジョッキーであり、秋華賞最多タイ3勝を誇る武豊。名手の導きでラスト1冠をもぎ取るか。 歌うように、流れるよ...

【秋華賞】アーモンドアイ 常識破りの臨戦過程でも不安がない秘密

1: 名無しさん 2018年10月11日 21:33:29 ID:0.net

【秋華賞】アーモンドアイ 常識破りの臨戦過程でも不安がない秘密 【秋華賞(日曜=14日、京都芝内2000メートル)美浦トレセン発秘話】史上5頭目の牝馬3冠達成なるか。今年の秋華賞の焦点はその一点に尽きる。メジロラモーヌ、スティルインラブ、アパパネ、ジェンティルドンナ…。過去4頭はいずれもTRローズSを叩いての偉業達成。対して釘傷によりぶっつけ出走を余...

【秋華賞】アーモンドアイ国枝調教師「アパパネが俺には最後の女〜」ではなかった

1: 名無しさん 2018年10月11日 21:31:20 ID:0.net

【秋華賞】アーモンドアイ国枝調教師「アパパネが俺には最後の女〜」ではなかった 【平松さとしの重賞サロン】牝馬3冠をかけ、アーモンドアイが今週末の秋華賞(日曜=14日、京都芝内2000メートル)に出走する。 過去の牝馬3冠馬はメジロラモーヌ、スティルインラブ、アパパネ、ジェンティルドンナの計4頭。そのうち2010年に3冠馬となったアパパネは、アーモンドアイと同じ国枝...

秋華賞は過去の激走サインと似る5頭。配当1000万円超えが再び?

1: 名無しさん 2018年10月11日 07:15:49 ID:0.net

秋華賞は過去の激走サインと似る5頭。配当1000万円超えが再び? 3歳牝馬三冠の最終戦となるGI秋華賞(10月14日/京都・芝2000m)は、春の二冠(桜花賞、オークス)を制し、史上5頭目の牝馬三冠に挑むアーモンドアイの断然ムードにある。 秋華賞の歴史を振り返ってみても、彼女の偉業達成には追い風が吹いている。というのも、1996年に秋華賞が創設されて以降、春の二...

【秋華賞】プリモシーン、ラスト1冠へ淀で舞う

1: 名無しさん 2018年10月11日 07:00:00 ID:0.net

【秋華賞】プリモシーン、ラスト1冠へ淀で舞う 【G1ドキュメント・美浦=10日】開門直後のWコース。小田の双眼鏡は向正面の3頭を追っていた。前からレッドエレノア(4歳500万)、アーチキング(5歳1000万)。2馬身ずつの等間隔で最後尾がプリモシーン。直線は最内へ。4F52秒5〜1F12秒2(馬なり)。騎乗した北村宏が手綱を抑えた...

【秋華賞・東西記者徹底討論】関屋記念で古馬撃破プリモシーンか夏の上がり馬ミッキーチャームか

1: 名無しさん 2018年10月10日 21:30:01 ID:0.net

【秋華賞・東西記者徹底討論】関屋記念で古馬撃破プリモシーンか夏の上がり馬ミッキーチャームか 【秋華賞(日曜=14日、京都芝内2000メートル)東西記者徹底討論】史上5頭目の牝馬3冠馬誕生なるか!?第23回秋華賞の最大の焦点だ。「独創」荒井&「馼王」西谷はアーモンドアイの強さは認めつつも、おのれの使命?を果たすべく、あえて絶対女王にケンカを売る。果たしてそのチャレンジスピリット...

絶対女王アーモンドアイ。牝馬三冠達成へ、2つの不安要素が明るみに

1: 名無しさん 2018年10月10日 08:35:15 ID:0.net

絶対女王アーモンドアイ。牝馬三冠達成へ、2つの不安要素が明るみに 3歳牝馬三冠の最終戦となるGI秋華賞(京都・芝2000m)が10月14日に行なわれる。 注目は、春の二冠(桜花賞、オークス)を完勝してきたアーモンドアイ。勝てば、メジロラモーヌ(※)、スティルインラブ、アパパネ、ジェンティルドンナに続く、牝馬三冠馬の誕生となる。 ※秋華賞創設前のメジロラモーヌは、...

【秋華賞】サラキア“女王狩り”だ 春クラシック無念の不出走…この一戦に懸ける

1: 名無しさん 2018年10月10日 06:01:41 ID:0.net

【秋華賞】サラキア“女王狩り”だ 春クラシック無念の不出走…この一戦に懸ける 「秋華賞・G1」(14日、京都) いよいよ牝馬ラスト1冠だ−。各陣営とも春の2冠馬アーモンドアイ打倒へ意欲を燃やしている。なかでも、春のクラシック不出走だったディープインパクト産駒のサラキアが、逆転Vへ虎視たんたん。前走のローズS2着で優先出走権を獲得し、「状態は万全。上がり目ならうちの...

【秋華賞】アーモンド 牝馬3冠へ死角なし!ライバル次々離脱

1: 名無しさん 2018年10月09日 07:00:00 ID:0.net

【秋華賞】アーモンド 牝馬3冠へ死角なし!ライバル次々離脱 秋のG1シリーズ再開。今週の京都では牝馬3冠最終戦「第23回秋華賞」(14日)が行われる。主役は史上5頭目の牝馬3冠を目指すアーモンドアイだ。桜花賞では1馬身3/4差、続くオークスは2馬身差完勝。果たして“絶対女王”を脅かすライバルはいるのか?今秋新企画の「G1大展望」ではオークス3着ラ...
http://keiba-o.com/