3ページ目 - タグ「トライアル」|競馬ニュース速報掲示板 けいばおー

タグ「トライアル」

【東京スポーツ杯2歳S・血統調査】ヴェロックス 米国の血と独の血がマッチすれば意外な大物に

1: 名無しさん 2018年11月15日 21:31:26 ID:0.net

【東京スポーツ杯2歳S・血統調査】ヴェロックス 米国の血と独の血がマッチすれば意外な大物に 【東京スポーツ杯2歳S(土曜=17日、東京芝1800メートル)血統調査】前評判通りの強さで、新種牡馬リーディングのトップを走るジャスタウェイ。ここまで12頭が勝ち上がり計14勝と、2位ダンカークの10勝に大きな差をつけている。 アウィルアウェイが京王杯2歳Sで2着、ラブミーファインが函館...

【マイルCS】アスコット 猛時計51秒5!春秋統一へ加速

1: 名無しさん 2018年11月15日 07:00:00 ID:0.net

【マイルCS】アスコット 猛時計51秒5!春秋統一へ加速 いざ真のマイル王へ。秋の最強マイラーを決する「第35回マイルCS」の追い切りが14日、美浦、栗東の両トレセンで行われた。今年の安田記念優勝馬モズアスコット(牡4=矢作)は主戦のクリストフ・ルメール(39)を背に、栗東坂路で併走馬を突き放す軽快な走りを披露。史上7頭目の同一年マイルG1春...

【マイルCS】モズアスコット ルメールを背に坂路で2馬身先着「パワーアップした感じ」

1: 名無しさん 2018年11月14日 21:04:31 ID:0.net

【マイルCS】モズアスコット ルメールを背に坂路で2馬身先着「パワーアップした感じ」 【マイルチャンピオンシップ(日曜=18日、京都芝外1600メートル)注目馬14日最終追い切り:栗東】同一年の春秋マイルGI制覇を狙うモズアスコット(写真手前)はルメールを背に坂路での併せ馬。道中馬なりからラスト1ハロンで促されると瞬時に反応し、併走相手の古馬1000万下を一気に2馬身突き...

【エリザベス女王杯】ノームコア 鞍上ルメールは大きな魅力

1: 名無しさん 2018年11月09日 06:10:26 ID:0.net

【エリザベス女王杯】ノームコア 鞍上ルメールは大きな魅力 エリザベス女王杯 ノームコア トライアルのG?紫苑Sを制したものの、体調面が整わず秋華賞をパスしてエリザベス女王杯に回ったノームコア(牝3、萩原)。古馬との力関係は未知数ながら、デビュー5戦して1度も馬券圏を外していない安定感に加えて、絶好調の鞍上・ルメールが手綱をとる点は大きな魅力だ。 ...

3歳世代がダート界を席巻中。JBCクラシックは2頭がダーっとくる

1: 名無しさん 2018年11月03日 07:15:05 ID:0.net

3歳世代がダート界を席巻中。JBCクラシックは2頭がダーっとくる ダービージョッキー 大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」 2001年にJBC競走が創設されてから18回目となる今年、初めて中央競馬の競馬場で開催されることになりました。 舞台は京都競馬場。スプリント(ダート1200m)、クラシック(ダート1900m)、そして牝馬限定のレディスクラシック(ダート1800m)の3競...

【菊花賞・後記】フィエールマン“快挙尽くしV”のウラに手塚魔術

1: 名無しさん 2018年10月22日 21:33:49 ID:0.net

【菊花賞・後記】フィエールマン“快挙尽くしV”のウラに手塚魔術 21日、京都競馬場で行われたクラシック3冠最終戦の第79回菊花賞(芝外3000メートル)は、7番人気のフィエールマン(牡・手塚)が2番人気エタリオウとの競り合いを制して優勝。4戦目での菊花賞制覇は優勝馬の最少キャリアだ。また、3か月以上の休み明けで菊花賞を制したのは1987年サクラスタ...

兄アドミラブルを越えるか。エスポワールは「予測不能」も調教は絶好

1: 名無しさん 2018年10月21日 07:45:45 ID:0.net

兄アドミラブルを越えるか。エスポワールは「予測不能」も調教は絶好 厳選!2歳馬情報局(2018年版) 第22回:エスポワール 競馬界最高峰の舞台となるGI日本ダービー(東京・芝2400m)。昨年の同レースで1番人気に推されたのは、アドミラブル(牡4歳/父ディープインパクト)だった。 アドミラブルがデビューしたのは一昨年、2歳の9月。しかしその初陣では、10頭立ての...

穴党記者が手ぐすねを引く菊花賞。長距離適性ある3頭で帯封をゲット

1: 名無しさん 2018年10月20日 05:55:42 ID:0.net

穴党記者が手ぐすねを引く菊花賞。長距離適性ある3頭で帯封をゲット 3歳牡馬クラシック三冠の最終戦となる菊花賞(10月21日/京都・芝3000m)が10月21日に行なわれる。 昨年は、1番人気のキセキが勝利を飾ったものの、2着に10番人気のクリンチャー、3着に13番人気のポポカテペトルが入って、3連単で55万9700円という高配当をつける大波乱となった。 そして今年も、前哨...

【菊花賞】いざ父子制覇へ!テッコン、ラスト1冠獲りへ闘魂

1: 名無しさん 2018年10月19日 07:00:00 ID:0.net

【菊花賞】いざ父子制覇へ!テッコン、ラスト1冠獲りへ闘魂 「第79回菊花賞」(21日、京都)木曜追いが18日、栗東トレセンで行われ、ラジオNIKKEI賞勝ちのメイショウテッコン(牡=高橋忠)がCWコースでパワフルな動きを披露。春2冠不出走ながら、01年菊花賞を制した父マンハッタンカフェ同様の上昇カーブで父子制覇を狙う。 型にはめず仕上げた。メ...

穴馬候補は5頭。菊花賞で台頭する伏兵馬のパターンは決まっている

1: 名無しさん 2018年10月19日 05:55:18 ID:0.net

穴馬候補は5頭。菊花賞で台頭する伏兵馬のパターンは決まっている 3歳牡馬クラシック三冠の最後を飾るGI菊花賞(京都・芝3000m)が10月21日に開催される。 皐月賞(中山・芝2000m)、日本ダービー(東京・芝2400m)という春の二冠と違って、菊花賞は3000mという多くの馬にとって未知の距離で行なわれる。その分、これまでも予想もしなかった穴馬が何度となく台頭して...

【菊花賞 「菊へ充電させてもらいました〜この馬ヤバいよ〜」】迫力満点グロンディオーズ、操縦性アップ

1: 名無しさん 2018年10月18日 07:01:33 ID:0.net

【菊花賞 「菊へ充電させてもらいました〜この馬ヤバいよ〜」】迫力満点グロンディオーズ、操縦性アップ ◆菊花賞追い切り(10月17日、美浦トレセン) 焦らず着実に大舞台へ歩んできた。グロンディオーズは、前走の信濃川特別で1000万を勝ち上がったばかりだが、通算4戦3勝で全レースで上がり最速をマークと非凡な素質を秘める。美浦・Wコースで3頭併せの最終追いは、いっぱいに追って64秒8―12秒...

【菊花賞】グロンディオーズ上昇一途 田村師もご満悦「状態文句ない」

1: 名無しさん 2018年10月18日 06:00:29 ID:0.net

【菊花賞】グロンディオーズ上昇一途 田村師もご満悦「状態文句ない」 「菊花賞・G1」(21日、京都) まさに上昇一途。4戦3勝の上がり馬グロンディオーズが17日、美浦Wで躍動した。先行する僚馬2頭を直線入り口で瞬時にとらえると、力強い走りでグングン加速。5F65秒1−36秒8−12秒4の好時計をマークした。「シビれる動きだったね。先週時点で仕上がっていた...

【菊花賞水曜追い】ジェネラーレウーノ 栗東滞在で順調そのもの

1: 名無しさん 2018年10月17日 19:04:22 ID:0.net

【菊花賞水曜追い】ジェネラーレウーノ 栗東滞在で順調そのもの 菊花賞(21日・京都)の水曜追いで、ジェネラーレウーノ(牡3=田辺)が万全の態勢をアピールした。先週の土曜から栗東に滞在して調整。「火曜日くらいから落ち着きも出てきたし、カイバも食べていますね」と矢野師を語る。 最終追いはCWコースで半マイル単走。馬の気分に任せて運び、しまい軽く促され...

わずか1勝馬が菊花賞で戴冠か。上昇エタリオウ、王になるため大変身

1: 名無しさん 2018年10月17日 07:35:28 ID:0.net

わずか1勝馬が菊花賞で戴冠か。上昇エタリオウ、王になるため大変身 登録メンバー唯一のキャリア1勝馬。それでいて、牡馬クラシック三冠の最終戦となるGI菊花賞(10月21日/京都・芝3000m)での戴冠を期待させる馬がいる。 エタリオウ(牡3歳)だ。 菊花賞に挑むエタリオウ。自慢の末脚で栄冠をつかむことができるか 昨年9月にデビューした同馬は、これまで8戦して...

【秋華賞・後記】牝馬3冠アーモンドアイ「無限の可能性」を検証

1: 名無しさん 2018年10月16日 21:31:29 ID:0.net

【秋華賞・後記】牝馬3冠アーモンドアイ「無限の可能性」を検証 晴天の京都競馬場で行われた第23回秋華賞(14日=芝内2000メートル)は、断然人気のアーモンドアイ(国枝)が2着ミッキーチャームに1馬身半差をつけて快勝。史上5頭目の牝馬3冠を難なく手中に収め、同世代の同性に敵なしを改めてアピールした。レース後に熱中症のアクシデントがあったため次走は...
http://keiba-o.com/