タグ「ハーツクライ産駒」|競馬ニュース速報掲示板 けいばおー

タグ「ハーツクライ産駒」

「ハーツクライ産駒」と一緒に検索されているワード

  • ハーツクライ産駒 g1,
  • ハーツクライ産駒 京都,
  • ハーツクライ産駒 距離延長,
  • ハーツクライ産駒 距離短縮,
  • ハーツクライ産駒 有馬記念,
  • ハーツクライ産駒 休み明け,
  • ハーツクライ産駒を見守るスレ,
  • ハーツクライ産駒 ヨシダ,
  • ハーツクライ産駒 成績,
  • ハーツクライ産駒 特徴,
  • ハーツクライ産駒,
  • ハーツクライ産駒 牝馬,
  • ハーツクライ産駒を見守るスレ,
  • ハーツクライ産駒一覧,
  • ハーツクライ産駒 京都,
  • ハーツクライ産駒のヨシダ,
  • ハーツクライ産駒 出走

【中山5R】ミモザイエローが直線抜け出して快勝!

1: 名無しさん 2019年01月14日 12:49:55 ID:0.net

【中山5R】ミモザイエローが直線抜け出して快勝! (全2枚) 14日、中山競馬場で行われた5R・3歳未勝利(牝・芝1600m)で3番人気、O.マーフィー騎乗、ミモザイエロー(牝3・美浦・戸田博文)が快勝した。1.3/4馬身差の2着に1番人気のシングフォーユー(牝3・美浦・牧光二)、3着にパルスレート(牝3・美浦・久保田貴士)が入った。勝ちタイムは1:34.3(良)。 2...

ハッシーの中央競馬新馬セレクション(1/14京都・1/12中山)

1: 名無しさん 2019年01月11日 15:57:08 ID:0.net

ハッシーの中央競馬新馬セレクション(1/14京都・1/12中山) 【今週デビューの注目馬】 ☆ブラックエクシード 2019年1月14日(祝)京都第6R芝1600m戦に出走予定のブラックエクシード。馬名の由来は「黒(本馬の毛色より連想)+卓越する」。牡、黒鹿毛、2016年4月23日生。栗東・羽月友彦厩舎。父ハーツクライ、母ドリームモーメント、母父Machiavellian。生産は新ひだか町・...

【京成杯】カテドラル中山巧者の血に期待

1: 名無しさん 2019年01月11日 07:00:00 ID:0.net

【京成杯】カテドラル中山巧者の血に期待 【栗東ドキュメント=10日】中山の芝がマッチしそうなイメージがある。京成杯で重賞初制覇を狙うハーツクライ産駒のカテドラル。父は東京向きの産駒を多く出しているが、血統好きの岡崎は母系に注目している。半兄のジェベルムーサ(父アグネスタキオン)はエルムSを勝つなどダートで活躍した馬力型。同じ...

【京成杯展望】ハーツクライ産駒カテドラルVS桜花賞馬マルセリーナの子ラストドラフト

1: 名無しさん 2019年01月07日 11:39:37 ID:0.net

【京成杯展望】ハーツクライ産駒カテドラルVS桜花賞馬マルセリーナの子ラストドラフト 第59回京成杯・G3が1月14日、中山競馬場の芝2000メートルを舞台に行われる。 野路菊Sでデビュー連勝を飾ったカテドラル(牡3歳、栗東・池添学厩舎)は東京スポーツ杯2歳Sで11着。鞍上・福永も首をかしげる直線の失速ぶりだった。連勝の内容は濃く、まだ見限れない一頭だ。 桜花賞馬マルセ...

【中山金杯】出走馬の調教後の馬体重

1: 名無しさん 2019年01月04日 06:20:40 ID:0.net

【中山金杯】出走馬の調教後の馬体重 1月5日(土)に行われる第68回中山金杯(G?)の出走馬の調教後における馬体重は以下の通り。 アドマイヤリード (馬体重)438 (前走馬体重)430 1月3日(木)に栗東で計量 須貝尚介・栗東 ウインブライト (馬体重)492 (前走馬体重)478 1月2日(水)に美浦で計量 畠山吉宏・美浦 エアアンセム (馬体重)5...

【京都金杯】マイスタイル邁進!19年開幕Vへ 逃げor2番手スタイル貫きタイ獲る

1: 名無しさん 2019年01月04日 06:00:46 ID:0.net

【京都金杯】マイスタイル邁進!19年開幕Vへ 逃げor2番手スタイル貫きタイ獲る 「京都金杯・G3」(5日、京都) 幸先良く開幕Vといきたい。マイスタイルは3日、栗東坂路で単走追い。馬なりだったが、素軽いフットワークを見せつけた。約2年ぶりのマイル戦で、前走8着からの巻き返しを誓う。パクスアメリカーナも栗東CWで上々の伸び。楽勝だった前走からさらに調子を上げて重賞獲り...

【有馬記念・東西記者徹底討論】主戦ボウマン復帰のシュヴァルグランか開花したパフォーマプロミスか

1: 名無しさん 2018年12月19日 21:33:53 ID:0.net

【有馬記念・東西記者徹底討論】主戦ボウマン復帰のシュヴァルグランか開花したパフォーマプロミスか 【有馬記念(日曜=23日、中山芝内2500メートル)東西記者徹底討論】“平成最後のグランプリ”第63回有馬記念は誰もが当てたいレースだろうが…。とにかく目立ちたい「独創」荒井と「馼王」西谷は、ともに1番人気候補レイデオロを対抗にとどめ、6歳牡馬に◎を打った。古豪の復活Vと遅れてきた大物のG?...

【次回注目馬】素質は確かなハーシェル 変わり身は十分

1: 名無しさん 2018年12月17日 13:21:03 ID:0.net

【次回注目馬】素質は確かなハーシェル 変わり身は十分 ◆ハーシェル(12月16日、阪神4R・2歳未勝利・芝1800メートル=6着) 道中は行きっぷりがもうひとつ。ゴール前で伸びていたが、上位を脅かすには至らなかった。田中博助手は「気を遣って走っているようだった。調教ではそんなことはないんだけど…」と本来のパフォーマンスができなかったとみてい...

【ターコイズS】フロンテアクイーン 国枝師「状態は高いレベルで安定」

1: 名無しさん 2018年12月14日 21:15:36 ID:0.net

【ターコイズS】フロンテアクイーン 国枝師「状態は高いレベルで安定」 ターコイズステークス フロンテアクイーン これまで重賞で2着が5回もあるものの、まだタイトルには手が届いていないフロンテアクイーン(牝5、国枝)。今週から短期免許で騎乗するアイルランド出身の名手・マーフィーを背に、悲願の重賞制覇となるか。 鞍上はオイシン・マーフィー騎手 国枝調教師は「状態...

ハッシーの中央競馬新馬セレクション(12/16中山・12/16阪神)

1: 名無しさん 2018年12月14日 15:30:35 ID:0.net

ハッシーの中央競馬新馬セレクション(12/16中山・12/16阪神) 【今週デビューの注目馬】 ☆レッドアステル 2018年12月16日(日)中山第6R芝1600m戦に出走予定のレッドアステル。馬名の由来は「冠名+星(ギリシャ語)。星のように光り輝く存在となるように」。牝、鹿毛、2016年2月7日生。美浦・国枝栄厩舎。父ディープインパクト、母レッドエルザ、母父SmartStrike。生産は安...

【カペラS】サブちゃん所有 キタサンミカヅキは惜しい3着

1: 名無しさん 2018年12月09日 21:40:16 ID:0.net

【カペラS】サブちゃん所有 キタサンミカヅキは惜しい3着 (全2枚) 歌手の北島三郎さんが所有するキタサンミカヅキはゴール前しぶとく伸びてきて3着に飛び込んだ。前半33.3とかなり速いペースも苦にすることなく、先行集団の後ろで前をうかがったが、ゴール前は大外から来たコパノキッキングのキレに屈する形になったが、他馬より重い58キロを背負いながらもしぶとく伸...

【カペラS】柴田大「腹括って乗りました」コパノキッキングが直線一気差し切る

1: 名無しさん 2018年12月09日 21:20:21 ID:0.net

【カペラS】柴田大「腹括って乗りました」コパノキッキングが直線一気差し切る (全2枚) 9日、中山競馬場で行われた、G3カペラステークス勝利ジョッキーコメント。 1着コパノキッキング 柴田大知騎手 「落ち着かせることに気を使っていたんですけれども、逆に長く入れられて落ち着きすぎちゃったのでそんなに良いスタートは切れなかったですね。行けるなら前目でということだったんですけど...

【つわぶき賞】ハーツクライ産駒 アフランシールが抜け出す

1: 名無しさん 2018年12月09日 21:10:00 ID:0.net

【つわぶき賞】ハーツクライ産駒 アフランシールが抜け出す 9日、中京競馬場で行われた10R・つわぶき賞(2歳500万下・牝・芝1400m)で2番人気、酒井学騎乗、アフランシール(牝2・美浦・尾関知人)が快勝した。3/4馬身差の2着にアゴベイ(牝2・美浦・尾関知人)、3着に1番人気のコルデトゥリーニ(牝2・栗東・岡田稲男)が入った。勝ちタイムは1:22.4(良)。 【黒松賞...

兄ヨシダはアメリカで活躍。「気分屋」シェドゥーヴルはどう化けるか

1: 名無しさん 2018年12月02日 06:15:52 ID:0.net

兄ヨシダはアメリカで活躍。「気分屋」シェドゥーヴルはどう化けるか 厳選!2歳馬情報局(2018年版) 第28回:シェドゥーヴル アメリカで今年、芝とダート両方のGIを制した馬がいる。 ハーツクライ産駒のヨシダ(牡4歳)である。 2016年にアメリカでデビューした同馬は、芝路線で頭角を現すと、3歳となった翌年に重賞を初制覇。そして4歳となった今年、5月のGIターフ...

ジャパンC、穴党記者が「打倒アーモンドアイ」に指名した意外な4頭

1: 名無しさん 2018年11月23日 06:55:03 ID:0.net

ジャパンC、穴党記者が「打倒アーモンドアイ」に指名した意外な4頭 11月25日に行なわれるGIジャパンC(東京・芝2400m)。今年は、三冠牝馬アーモンドアイ(牝3歳)が断然の人気を集めそうだが、スワーヴリチャード(牡4歳)、サトノダイヤモンド(牡5歳)、シュヴァルグラン(牡6歳)など、”復権”を狙う実力古馬も名を連ね、ひと筋縄にはいかないレースにも見える。 ...
http://keiba-o.com/