タグ「フランケル」|競馬ニュース速報掲示板 けいばおー

タグ「フランケル」

「フランケル」と一緒に検索されているワード

  • フランケル分類,
  • フランケルjr,
  • フランケル 産駒,
  • フランケル 仁川,
  • フランケルゲ,
  • フランケル 血統,
  • フランケル産駒 2018,
  • フランケル 凱旋門賞,
  • フレンケル体操,
  • フランケル,
  • フランケル分類,
  • フランケル 産駒,
  • フランケル 馬,
  • フレンケル体操,
  • フランケルjr,
  • フランケル産駒 日本,
  • フランケル体操 文献

【アイビーS】ハヤヤッコ“白毛の星”だ 歴史変える!前走圧巻の4馬身差V

1: 名無しさん 2018年10月17日 06:00:59 ID:0.net

【アイビーS】ハヤヤッコ“白毛の星”だ 歴史変える!前走圧巻の4馬身差V 「アイビーS」(20日、東京) 白毛の歴史が変わるかもしれない−。8月の新潟で未勝利を勝ち上がったハヤヤッコが、オープン特別で2勝目を狙う。 新馬戦こそ3着に敗れたが、2戦目で能力の高さを示した。後方から早めに進出し、4角では先頭に。直線で仕掛けられると瞬時に反応し、最後は後続に4馬身差...

【菊花賞展望】ダービー上位組のエポカドーロ、エタリオウ、ブラストワンピースに注目

1: 名無しさん 2018年10月14日 21:07:31 ID:0.net

【菊花賞展望】ダービー上位組のエポカドーロ、エタリオウ、ブラストワンピースに注目 3歳クラシックの3冠目となる第79回菊花賞は21日、京都競馬場の芝3000メートルを舞台に行われる。 35年ぶり3歳馬の新潟記念Vから異例のステップで挑むブラストワンピース(牡3歳、美浦・大竹正博厩舎=ハービンジャー産駒)。2番人気に推された日本ダービーは直線の進路取りに苦しみ5着に敗...

【大原S】武豊、タニノフランケルに初騎乗初勝利…G1・7勝馬ウオッカの子

1: 名無しさん 2018年10月14日 06:00:16 ID:0.net

【大原S】武豊、タニノフランケルに初騎乗初勝利…G1・7勝馬ウオッカの子 「大原S」(13日、京都) 1番人気のタニノフランケル(牡3歳、栗東・中竹)が、2番手から鮮やかに抜け出して快勝した。武豊は手綱を取っていたG1・7勝馬ウオッカの子に初騎乗で初勝利。 「黒くてデカいところは一緒だね。素軽さはお母さんと比べたらかわいそうだけど、乗っていて懐かしく感じまし...

【大原S】武豊ウオッカ産駒初騎乗タニノフランケルでV

1: 名無しさん 2018年10月13日 21:10:13 ID:0.net

【大原S】武豊ウオッカ産駒初騎乗タニノフランケルでV 13日の京都11R・大原Sは1番人気のタニノフランケル(牡3=中竹、父フランケル)が2番手から押し切った。 「いいペースで走れたし、最後までしぶとかったですね」と武豊。母ウオッカは自身の手綱でG13勝。その産駒に乗るのは初めて。「乗っていて懐かしく感じました。一緒に勝ててうれしいですね...

武豊がウオッカの子に初騎乗し勝利「乗っていて懐かしく感じました」

1: 名無しさん 2018年10月13日 16:30:59 ID:0.net

武豊がウオッカの子に初騎乗し勝利「乗っていて懐かしく感じました」 「大原S」(13日、京都) 1番人気のタニノフランケル(牡3歳、栗東・中竹和也厩舎)が、2番手から鮮やかに抜け出して快勝した。武豊騎手は、現役時代に手綱を取っていたG17勝馬ウオッカの子に初騎乗初勝利。 「黒くてデカいところは一緒だね。素軽さはお母さんと比べたらかわいそうだけど、乗って...

【大原S】タニノフランケルが4勝目 武豊はウオッカ産駒に初騎乗初勝利「懐かしく感じた」

1: 名無しさん 2018年10月13日 16:16:55 ID:0.net

【大原S】タニノフランケルが4勝目 武豊はウオッカ産駒に初騎乗初勝利「懐かしく感じた」 10月13日の京都11R・大原S(3歳上1600万、芝2000メートル=11頭立て)は、武豊騎手騎乗のタニノフランケル(牡3歳、栗東・中竹和也厩舎)が2番手から伸びて4勝目をゲット。オープン入りを決めた。勝ちタイムは2分1秒1。 アテンフェスタを先に行かせて2番手をキープ。絶好の手応え...

【POG】名牝ウオッカ 第5子にしてついに大物出現! その名はタニノミッション

1: 名無しさん 2018年10月11日 21:30:52 ID:0.net

【POG】名牝ウオッカ 第5子にしてついに大物出現! その名はタニノミッション 【POGマル秘週報】歴史に名を残したあの馬の産駒が今開催の東京でデビューを予定している。2007年日本ダービーを筆頭にGIを7勝。カリスマ的な人気を誇ったウオッカの5番目の子、タニノミッション(牝=父インヴィンシブルスピリット・中竹)がその馬だ。 正直、デビューしたこれまでの4頭は期待さ...

【凱旋門賞】エネイブル連覇濃厚 フォワ賞制したヴァルトガイストが侮れない存在

1: 名無しさん 2018年10月04日 21:30:41 ID:0.net

【凱旋門賞】エネイブル連覇濃厚 フォワ賞制したヴァルトガイストが侮れない存在 【TPC秋山響の海外競馬解析】今年の凱旋門賞(日本時間7日=パリロンシャン競馬場、芝2400メートル)の見どころは英国のエネイブル(牝4=父ナサニエル)による史上7頭目となる連覇がなるか。昨シーズンは凱旋門賞を含むGI・5連勝で締めくくったが、今年5月にヒザを負傷。9月8日のGIIIセプテ...

【凱旋門賞】海外競馬知る矢作調教師が、外国馬勢を独自分析!

1: 名無しさん 2018年10月02日 07:00:40 ID:0.net

【凱旋門賞】海外競馬知る矢作調教師が、外国馬勢を独自分析! ◆凱旋門賞・仏G1(7日・芝2400メートル、パリロンシャン競馬場) リアルスティールでドバイ・ターフを制し、海外競馬にも精通する矢作芳人調教師(57)=栗東=が、現地で観戦する予定の今年の凱旋門賞でクリンチャーが戦う、強力な海外勢についての独自の分析を披露した。 日本競馬界を代表する海...

【セントライト記念・後記】ダービー惨敗16着ジェネラーレウーノ「快勝」が意味するもの

1: 名無しさん 2018年09月18日 21:32:21 ID:0.net

【セントライト記念・後記】ダービー惨敗16着ジェネラーレウーノ「快勝」が意味するもの 3日間競馬の締めを飾る月曜(17日)中山メイン・GIIセントライト記念(芝外2200メートル)は、4番人気ジェネラーレウーノ(牡3・矢野)が2番手から押し切って快勝。新スター候補として人気を集めたレイエンダを2着に退け、重賞2勝目を手にした。3着グレイルまでが本番・菊花賞の権利を手にした...

【セントライト記念】ジェネラーレ快勝!菊へV字回復

1: 名無しさん 2018年09月18日 07:00:00 ID:0.net

【セントライト記念】ジェネラーレ快勝!菊へV字回復 菊花賞トライアルの「第72回セントライト記念」は4番人気のジェネラーレウーノが2番手から力強く抜け出し、1番人気レイエンダに1馬身1/4差の快勝。16着に終わったダービーの敗戦を糧に、夏の成長と秋の飛躍を感じさせる横綱相撲を見せた。なお、初黒星を喫した2着レイエンダ、3着グレイルまでが...

【セントライト記念】戦い終えて

1: 名無しさん 2018年09月18日 07:00:00 ID:0.net

【セントライト記念】戦い終えて ▼4着ブレステイキング(Mデムーロ)久々の分もあって最後は苦しくなった。次はもっと良くなると思う。 ▼5着オウケンムーン(北村宏)流れに乗せたかったが、なかなか付いていけず。最後は伸びてくれたんだけど。 ▼6着レイエスプランドル(内田)力はある馬だから。今後は気負うような面がなくなれば。 ...

【セントライト記念】ジェネラーレウーノ、重賞2勝目!日本ダービー16着の反省生かし、改良馬具でイレ込み対策実った!

1: 名無しさん 2018年09月18日 06:01:53 ID:0.net

【セントライト記念】ジェネラーレウーノ、重賞2勝目!日本ダービー16着の反省生かし、改良馬具でイレ込み対策実った! ◆第72回セントライト記念・G2(9月17日・芝2200メートル・中山競馬場、良) 菊花賞(10月21日、京都)トライアルの第72回セントライト記念・G2が17日、中山競馬場で行われ、皐月賞3着馬ジェネラーレウーノ(田辺)が好位抜け出しで、重賞2勝目を挙げた。 どよめきを歓声に変えたのは...

【セントライト記念】ジェネラーレウーノ雪辱V 秋の主役へ!

1: 名無しさん 2018年09月18日 06:00:17 ID:0.net

【セントライト記念】ジェネラーレウーノ雪辱V 秋の主役へ! 「セントライト記念・G2」(17日、中山) 見事に巻き返した。4番人気のジェネラーレウーノが、道中2番手から直線半ばで抜け出してV。得意の中山でダービー16着から挽回し、大舞台へ向けて弾みをつけた。2着に17年ダービー馬の全弟で1番人気に支持されたレイエンダ、3着に6番人気グレイルが入...

【セントライト記念】逃げたタニノフランケルはラスト失速で12着 幸「最後は止まった」

1: 名無しさん 2018年09月17日 17:20:14 ID:0.net

【セントライト記念】逃げたタニノフランケルはラスト失速で12着 幸「最後は止まった」 ◆第72回セントライト記念・G2(9月17日・芝2200メートル、中山競馬場、良) 菊花賞トライアルは15頭によって争われ、田辺裕信騎手が騎乗した4番人気のジェネラーレウーノ(牡3歳、美浦・矢野英一厩舎、父スクリーンヒーロー)が直線半ばで2番手から抜け出し、1馬身1/4差で勝利。今年の京...
http://keiba-o.com/