タグ「ミッキーチャーム」|競馬ニュース速報掲示板 けいばおー

タグ「ミッキーチャーム」

「ミッキーチャーム」と一緒に検索されているワード

  • ミッキーチャーム 秋華賞,
  • ミッキーチャーム 坂路,
  • ミッキーチャーム 次走,
  • ミッキーチャーム 強い,
  • ミッキーチャーム エリザベス女王杯,
  • ミッキーチャーム 川田,
  • ミッキーチャーム 血統,
  • ミッキーチャーム動画,
  • ミッキーチャーム 騎手,
  • ミッキーチャーム,
  • ミッキーチャーム 坂路,
  • ミッキーチャーム 放牧,
  • ミッキーチャーム 馬,
  • ミッキーチャームうま,
  • ミッキーチャーム 競馬

【ジャパンC】死角なし3冠牝馬アーモンドアイか心身充実キセキか

1: 名無しさん 2018年11月21日 21:33:53 ID:0.net

【ジャパンC】死角なし3冠牝馬アーモンドアイか心身充実キセキか 【ジャパンカップ(日曜=25日、東京芝2400メートル)東西記者徹底討論】3冠牝馬アーモンドアイが年長馬を蹴散らすのか、それとも古馬が意地を見せるのか。第38回ジャパンカップ(25日=東京芝2400メートル)の最大の焦点だ。「独創」荒井と「馼王」西谷の見解は例によって不一致。荒井があっ...

エリザベス女王杯は「幸薄い2頭」がこれまでのうっぷんを晴らす

1: 名無しさん 2018年11月09日 08:15:13 ID:0.net

エリザベス女王杯は「幸薄い2頭」がこれまでのうっぷんを晴らす 先週の京都では、ダートコースを舞台とした牝馬のビッグレース、JBCレディスクラシックが行なわれた。そして今週は、舞台を芝コースに移して、現役牝馬の”頂上決戦”となるGIエリザベス女王杯(11月11日/京都・芝2200m)が開催される。 今年の3歳牝馬三冠を達成したアーモンドアイ、昨年の秋華賞馬で重賞...

【馬券顛末記】キセキ明日を見失いそうに僕らなってるよ、もう

1: 名無しさん 2018年10月28日 17:01:44 ID:0.net

【馬券顛末記】キセキ明日を見失いそうに僕らなってるよ、もう 天皇賞は確たる逃げ馬不在で、こう言う時は馬だけでなく人の出方を考える。瞬発力勝負にしたくない馬、そうならないペースをある程度コントロールできる騎手。それはわが本命キセキと川田だとみていた。そしてキセキ川田はハナを切った。 明日、今日よりも好きになれる――レース中に頭を駆け巡ったのはGRe...

【菊花賞】グロンディオーズ 長距離色が強く3000メートルはピッタリ

1: 名無しさん 2018年10月18日 21:31:01 ID:0.net

【菊花賞】グロンディオーズ 長距離色が強く3000メートルはピッタリ 【菊花賞(日曜=21日、京都芝外3000メートル)血統調査】秋華賞は春のクラシック不出走だったミッキーチャームが、逃げ粘って2着に好走。アーモンドアイの末脚には屈したが、夏の北海道で3連勝した上がり馬の勢いは十分に見せつけた。 ここも春は大舞台に進めなかったものの、新潟の信濃川特別で初の...

【菊花賞】アフリカンゴールド血が騒ぐ 長丁場歓迎!夏場休養で充実ぶり顕著

1: 名無しさん 2018年10月17日 06:00:58 ID:0.net

【菊花賞】アフリカンゴールド血が騒ぐ 長丁場歓迎!夏場休養で充実ぶり顕著 「菊花賞・G1」(21日、京都) 秋華賞では1000万下を勝ち上がったばかりで、重賞初挑戦だったミッキーチャームが2着と奮闘した。菊花賞でも上がり馬は要チェックだ。前走1000万下を圧勝し、勢いに乗るアフリカンゴールド。充実期を迎えた長丁場向きの血統が、大舞台で開花する。 上昇一途。そ...

【秋華賞・後記】牝馬3冠アーモンドアイ「無限の可能性」を検証

1: 名無しさん 2018年10月16日 21:31:29 ID:0.net

【秋華賞・後記】牝馬3冠アーモンドアイ「無限の可能性」を検証 晴天の京都競馬場で行われた第23回秋華賞(14日=芝内2000メートル)は、断然人気のアーモンドアイ(国枝)が2着ミッキーチャームに1馬身半差をつけて快勝。史上5頭目の牝馬3冠を難なく手中に収め、同世代の同性に敵なしを改めてアピールした。レース後に熱中症のアクシデントがあったため次走は...

【秋華賞・後記】2着ミッキーチャーム 北海道シリーズからの直行が奏功

1: 名無しさん 2018年10月15日 21:33:37 ID:0.net

【秋華賞・後記】2着ミッキーチャーム 北海道シリーズからの直行が奏功 14日の第23回秋華賞(京都芝内2000メートル)で、逃げた5番人気のミッキーチャームが2着に粘った。北海道で3連勝してきた同馬は、今回は初めてのGI。一気に強くなる相手関係がカギと思われたが、結果は見せ場たっぷりの2着。堂々たるレースぶりだった。 「相手は一気に強くなったけど、現状の力...

【秋華賞】ミッキーチャーム2着も…川田は悔し無言

1: 名無しさん 2018年10月15日 07:00:00 ID:0.net

【秋華賞】ミッキーチャーム2着も…川田は悔し無言 夏に3連勝した勢いそのままに、快調に逃げたミッキーチャームが2着に粘り込んだ。よほど悔しかったのか、鞍上の川田は無言で引き揚げたが中内田師は納得の表情。「現状の力は出せた。最後で甘くなったのは距離かもしれない。一気に相手が強くなっても、よく走ってくれた」と愛馬をねぎらった。

【秋華賞】世界見えた!アーモンド3冠 来年は凱旋門賞挑戦も

1: 名無しさん 2018年10月15日 07:00:00 ID:0.net

【秋華賞】世界見えた!アーモンド3冠 来年は凱旋門賞挑戦も 世界がくっきりと見えた。牝馬3冠最終戦「第23回秋華賞」が京都競馬場で行われ、単勝1・3倍の1番人気アーモンドアイがオークスから中146日のぶっつけで快勝。桜花賞、オークスに続き、史上5頭目の牝馬3冠を達成した。クリストフ・ルメール(39)は昨年のディアドラに続く連覇。管理する国枝栄師...

【秋華賞】国枝調教師、アーモンドアイで史上初同一厩舎2頭目の牝馬3冠達成に「ホッとしたよ」

1: 名無しさん 2018年10月15日 06:02:50 ID:0.net

【秋華賞】国枝調教師、アーモンドアイで史上初同一厩舎2頭目の牝馬3冠達成に「ホッとしたよ」 ◆第23回秋華賞・G1(10月14日・芝2000メートル・京都競馬場、良) 第23回秋華賞・G1は14日、京都競馬場で行われ、単勝1・3倍の圧倒的1番人気に支持されたアーモンドアイが衝撃的な末脚で差し切り、桜花賞、オークスに続き史上5頭目の牝馬3冠を成し遂げた。管理する国枝栄調教師(63...

【秋華賞】ミッキーチャーム2着死守 果敢に逃走、勢い見せつけた

1: 名無しさん 2018年10月15日 06:01:05 ID:0.net

【秋華賞】ミッキーチャーム2着死守 果敢に逃走、勢い見せつけた 「秋華賞・G1」(14日、京都) 果敢にハナを奪った5番人気ミッキーチャームが2着を死守した。勝ち馬には1馬身半差をつけられたが、追い込んできた後続馬には完封。初めての重賞挑戦がG1レースとなったが、夏の北海道で3連勝を決めた勢いを存分に見せつけた。 コンビを組んだ川田に代わってコメン...

【秋華賞】牝馬三冠達成のアーモンドアイ 古馬、世界に挑戦へ

1: 名無しさん 2018年10月15日 06:01:05 ID:0.net

【秋華賞】牝馬三冠達成のアーモンドアイ 古馬、世界に挑戦へ 「秋華賞・G1」(14日、京都) 圧巻の走りで牝馬三冠を達成したアーモンドアイ。史上5頭目となる三冠牝馬の誕生をオーナーとして見届けた、(有)シルクレーシングの米本昌史代表(43)は、晴れやかな表情で表彰台に上がった。 「すごい推進力で伸びてきてくれましたね。やはりすごかったです」と、...

【秋華賞】アーモンドアイ史上5頭目の牝馬三冠 ルメール「日本で一番強い」

1: 名無しさん 2018年10月15日 06:01:04 ID:0.net

【秋華賞】アーモンドアイ史上5頭目の牝馬三冠 ルメール「日本で一番強い」 「秋華賞・G1」(14日、京都) 史上5頭目の三冠牝馬が誕生した。中団につけた1番人気のアーモンドアイが、1頭だけ次元の違う末脚を披露してV。12年ジェンティルドンナ以来となる偉業を達成した。ディアドラで制した昨年に続き、レース連覇を決めたクリストフ・ルメール騎手(39)=栗東・フリー...

【秋華賞】絶妙逃げで2着のミッキーチャーム 中内田師「最後は距離の壁があったかも」

1: 名無しさん 2018年10月14日 17:51:25 ID:0.net

【秋華賞】絶妙逃げで2着のミッキーチャーム 中内田師「最後は距離の壁があったかも」 ◆第23回秋華賞・G1(10月14日、京都競馬場・芝2000メートル、良) 3歳牝馬17頭(スカーレットカラーは出走取消)によって争われ、1番人気のアーモンドアイ(美浦・国枝栄厩舎)が直線で豪快に差し切って優勝。桜花賞、オークスに続くG1制覇で、1986年メジロラモーヌ、2003年スティ...

【秋華賞】3着はカンタービレ 武豊騎手はスプリンターズSに続く「銅」

1: 名無しさん 2018年10月14日 17:50:23 ID:0.net

【秋華賞】3着はカンタービレ 武豊騎手はスプリンターズSに続く「銅」 ◆第23回秋華賞・G1(10月14日、京都競馬場・芝2000メートル、良) 3歳牝馬17頭(スカーレットカラーは出走取消)によって争われ、1番人気のアーモンドアイ(美浦・国枝栄厩舎)が直線で豪快に差し切って優勝。桜花賞、オークスに続くG1制覇で、1986年メジロラモーヌ、2003年スティ...
http://keiba-o.com/