タグ「メジロラモーヌ」|競馬ニュース速報掲示板 けいばおー

タグ「メジロラモーヌ」

「メジロラモーヌ」と一緒に検索されているワード

  • メジロラモーヌ ダビマス,
  • メジロラモーヌ ダビマス 配合,
  • メジロラモーヌ ウイニングポスト,
  • メジロラモーヌ cm,
  • メジロラモーヌ 子孫,
  • メジロラモーヌ シンボリルドルフ,
  • メジロラモーヌ 血統,
  • メジロラモーヌ 購入権,
  • メジロラモーヌ 孫,
  • メジロラモーヌ,
  • メジロラモーヌ シンボリルドルフ,
  • メジロラモーヌ 子孫,
  • メジロラモーヌ jbis,
  • メジロラモーヌ 産駒,
  • メジロラモーヌ完璧な配合,
  • メジロラモーヌ ウイニングポスト8,
  • メジロラモーヌ 競馬

【2018格付け委員会・3歳馬部門】アーモンドアイ 歴代トップ級の68キロ

1: 名無しさん 2019年01月17日 21:31:38 ID:0.net

【2018格付け委員会・3歳馬部門】アーモンドアイ 歴代トップ級の68キロ 【松島良都の2018格付け委員会・3歳馬部門】アーモンドアイがメジロラモーヌ、スティルインラブ、アパパネ、ジェンティルドンナに次いで史上5頭目の牝馬3冠を達成(ラモーヌは3歳限定のエリザベス女王杯で達成)。初めて年長馬と対戦したジャパンCも、2分20秒6という驚異的なレコードで圧勝した...

【日経新春杯】グローリー重賞初V ミルコ会心「強い」

1: 名無しさん 2019年01月14日 07:00:00 ID:0.net

【日経新春杯】グローリー重賞初V ミルコ会心「強い」 伝統のハンデ重賞「第66回日経新春杯」が13日に京都競馬場で行われ、ミルコ・デムーロ(40)騎乗の1番人気グローリーヴェイズ(牡4=尾関)が中団から抜け出して重賞初勝利を飾った。 11日に40歳を迎えたばかりのミルコが12日未勝利の無念を晴らすかのように、この日は4勝の大暴れ。締めくく...

【日経新春杯】メジロ牝系の底力!ラモーヌのひ孫グローリーが重賞初制覇

1: 名無しさん 2019年01月13日 17:50:49 ID:0.net

【日経新春杯】メジロ牝系の底力!ラモーヌのひ孫グローリーが重賞初制覇 日経新春杯で重賞初制覇を果たしたグローリーヴェイズは、86年の牝馬3冠を制したメジロラモーヌを3代母に持つ。ラモーヌの子どもから活躍馬は出なかったが、孫のフィールドルージュが08年の川崎記念を制覇。ラモーヌの血を引く馬のJRA重賞制覇は、17年ファルコンSを制したコウソクストレートに続...

ジャパンC、穴党記者が「打倒アーモンドアイ」に指名した意外な4頭

1: 名無しさん 2018年11月23日 06:55:03 ID:0.net

ジャパンC、穴党記者が「打倒アーモンドアイ」に指名した意外な4頭 11月25日に行なわれるGIジャパンC(東京・芝2400m)。今年は、三冠牝馬アーモンドアイ(牝3歳)が断然の人気を集めそうだが、スワーヴリチャード(牡4歳)、サトノダイヤモンド(牡5歳)、シュヴァルグラン(牡6歳)など、”復権”を狙う実力古馬も名を連ね、ひと筋縄にはいかないレースにも見える。 ...

女王アーモンドアイがジャパンC出走。牡馬に勝利して歴史に名を刻め

1: 名無しさん 2018年11月21日 06:15:40 ID:0.net

女王アーモンドアイがジャパンC出走。牡馬に勝利して歴史に名を刻め 11月25日、東京競馬場では3歳以上によるGIジャパンC(芝2400m)が行なわれる。 世界から強豪を招待し、日本馬のレベルアップを図るという目的で1981年に創設されたこのレース。当初はなかなか日本馬が勝てなかったが、現在は12連勝中。2006年3着のウィジャボード以来、外国馬は馬券圏内の3着にも入って...

【ジャパンC】3冠牝馬アーモンドアイ 国枝調教師が語る「秋華賞の異変とその後の回復」

1: 名無しさん 2018年11月20日 21:31:23 ID:0.net

【ジャパンC】3冠牝馬アーモンドアイ 国枝調教師が語る「秋華賞の異変とその後の回復」 秋のGI戦線もいよいよ佳境。日曜(25日)の東京競馬場では第38回ジャパンカップ(芝2400メートル)が行われる。国内外から実力馬が集う世界戦で最大の注目はもちろん、紅一点で3冠牝馬のアーモンドアイ。秋華賞直後の一頓挫、中間の調整、陣営の自信度、そしてさらなる飛躍の来年…。週末の確定版で...

【東京新馬戦】カヌメラビーチ、初陣快勝 ルメールも好評価

1: 名無しさん 2018年11月11日 07:00:00 ID:0.net

【東京新馬戦】カヌメラビーチ、初陣快勝 ルメールも好評価 東京6R(芝1600メートル)は、1番人気カヌメラビーチ(牡=須貝、父ロードカナロア)が3番手から抜け出して快勝。手綱を取ったルメールは「長くいい脚を使ったし、併せ馬の形になってから強い。乗りやすくて、1800メートルまではこなせそうだ」と評価。86年3冠牝馬メジロラモーヌの曽孫という...

【東京新馬戦】1番人気カヌメラビーチV!ルメールも高評価

1: 名無しさん 2018年11月10日 14:58:37 ID:0.net

【東京新馬戦】1番人気カヌメラビーチV!ルメールも高評価 東京6Rの新馬戦(芝1600メートル)は1番人気のカヌメラビーチ(牡=須貝、父ロードカナロア)が3番手から抜け出して快勝した。 手綱を取ったルメールは「長くいい脚を使ったし、併せ馬の形になってから強い。乗りやすくて、1800メートルまではこなせそうだ」と評価。86年3冠牝馬メジロラモー...

ハッシーの中央競馬新馬セレクション(11/10東京・11/11京都)

1: 名無しさん 2018年11月09日 15:07:54 ID:0.net

ハッシーの中央競馬新馬セレクション(11/10東京・11/11京都) 【今週デビューの注目馬】 ☆カヌメラビーチ 2018年11月10日(土)東京第6R芝1600m戦に出走予定のカヌメラビーチ。馬名の由来は「イルデパンの白砂ビーチ」。牡、芦毛、2016年3月9日生。栗東・須貝尚介厩舎。父ロードカナロア、母メジロツボネ、母父スウェプトオーヴァーボード。生産は洞爺湖町・レイクヴィラ...

【菊花賞】グローリーヴェイズ 古馬を破った勢いでG1タイトルへ挑む

1: 名無しさん 2018年10月20日 21:30:51 ID:0.net

【菊花賞】グローリーヴェイズ 古馬を破った勢いでG1タイトルへ挑む 菊花賞 グローリーヴェイズ デビュー5戦して馬券圏を外したのはわずか1回だけという堅実派・グローリーヴェイズ(牡3、尾関)。前走、古馬を破って準オープン勝ちした勢いでG?タイトルに挑む。 尾関師「3000mも3歳同士なら対応出来る」 尾関調教師は「ここまでじっくり使ってきましたが、一戦ごとに体が成...

【菊花賞 福永騎手に聞く】グローリーヴェイズは上位に入れる能力ある

1: 名無しさん 2018年10月18日 07:01:26 ID:0.net

【菊花賞 福永騎手に聞く】グローリーヴェイズは上位に入れる能力ある ◆菊花賞追い切り(10月17日・美浦トレセン) ―グローリーヴェイズに騎乗した美浦・Wコースでの追い切りの動きについて。 「追いかけて、最後はサラッという内容。思ったより時計が速かったけど、そんなに負荷をかけていないので…。いい動きだったし、操縦性が高い」 ―騎乗依頼を受けて快諾。この馬の...

【菊花賞 「菊へ充電させてもらいました〜この馬ヤバいよ〜」】成長グローリーヴェイズ、淀で開花だ

1: 名無しさん 2018年10月17日 07:01:21 ID:0.net

【菊花賞 「菊へ充電させてもらいました〜この馬ヤバいよ〜」】成長グローリーヴェイズ、淀で開花だ ◆第79回菊花賞・G1(10月21日、芝3000メートル、京都競馬場) 真夏に放った輝きはさらに増してきている。グローリーヴェイズは、2勝目を挙げた前走の佐渡S(新潟・芝2000メートル)から3か月の休養を挟んで大一番へ直行。尾関調教師は「夏や暑さがダメで、前走後はこたえるだろうと思って...

【菊花賞】ヴェイズ、メジロの血が淀の長丁場で覚醒

1: 名無しさん 2018年10月17日 07:00:00 ID:0.net

【菊花賞】ヴェイズ、メジロの血が淀の長丁場で覚醒 淀の3000メートルでうずくのはメジロの血潮か。牡馬3冠最終戦「第79回菊花賞」(21日、京都)に出走するグローリーヴェイズは母系にメジロライアン、メジロラモーヌといった馬名が並ぶオールドファンにはたまらない“メジロ血統”。86年メジロデュレン、90年メジロマックイーンが制した、なじみの...

「メジロ牧場展」で横山典がトークショー メジロの血は永遠に〜

1: 名無しさん 2018年10月16日 10:00:11 ID:0.net

「メジロ牧場展」で横山典がトークショー メジロの血は永遠に〜 東京・府中市の東京競馬場内にあるJRA競馬博物館では現在、秋季特別展「メジロ牧場の歴史〜“白と緑”の蹄跡」が開催されている。日本競馬史上に数々の名馬を送り出した名門・メジロ牧場。その栄光の足跡を、多くの貴重な展示品や関係者のインタビュー映像で、改めて知ることができる。 オープニングデーと...

【秋華賞】絶妙逃げで2着のミッキーチャーム 中内田師「最後は距離の壁があったかも」

1: 名無しさん 2018年10月14日 17:51:25 ID:0.net

【秋華賞】絶妙逃げで2着のミッキーチャーム 中内田師「最後は距離の壁があったかも」 ◆第23回秋華賞・G1(10月14日、京都競馬場・芝2000メートル、良) 3歳牝馬17頭(スカーレットカラーは出走取消)によって争われ、1番人気のアーモンドアイ(美浦・国枝栄厩舎)が直線で豪快に差し切って優勝。桜花賞、オークスに続くG1制覇で、1986年メジロラモーヌ、2003年スティ...
http://keiba-o.com/