タグ「偉業達成」|競馬ニュース速報掲示板 けいばおー

タグ「偉業達成」

「偉業達成」と一緒に検索されているワード

  • 偉業達成 コードギアス,
  • 偉業達成 英語,
  • 偉業達成 トゥームレイダー,
  • 偉業達成 阿部,
  • クレイジージャーニー 偉業達成,
  • 野球 偉業達成,
  • 偉業達成 意味,
  • 偉業達成

【POG】ディープ産駒サトノフォースが初陣 芝向きの切れがあるタイプ

1: 名無しさん 2018年12月14日 06:01:29 ID:0.net

【POG】ディープ産駒サトノフォースが初陣 芝向きの切れがあるタイプ 「新馬戦」(15日、中山) ディープインパクト産駒のサトノフォース(牡、美浦・藤沢和)が、土曜中山5R(芝1800メートル)でデビューする。母ビタースウィートは大井の重賞・東京シンデレラマイル(13年)を制するなど、ダートで活躍したが、父がディープインパクトということで、芝向きの切れがあ...

【朝日杯FS】アドマイヤマーズ戴冠へ自信 大江助手「言うことのない状態」

1: 名無しさん 2018年12月12日 06:00:19 ID:0.net

【朝日杯FS】アドマイヤマーズ戴冠へ自信 大江助手「言うことのない状態」 「朝日杯FS・G1」(16日、阪神) 無傷3連勝でデイリー杯2歳Sを快勝したアドマイヤマーズは11日朝、栗東坂路を60秒5で駆け上がって今週の追い切りに備えた。 「先週、しっかりと追って競馬モードに入ってきました」と大江助手。「動きも力強く、言うことのない状態。不安らしい不安はありません...

【朝日杯FS】グランアレグリア偉業達成だ 藤沢和師、牡馬撃破に自信

1: 名無しさん 2018年12月11日 06:00:14 ID:0.net

【朝日杯FS】グランアレグリア偉業達成だ 藤沢和師、牡馬撃破に自信 「朝日杯FS・G1」(16日、阪神) 平成最後の年にまた一頭の怪物牝馬が誕生するか。無傷2連勝中のグランアレグリアが、阪神JFを見送って、強力牡馬勢に挑戦状をたたきつける。 G1に格付けされた1984年以降(91〜03年は牡、セン馬限定)では、まだ牝馬の優勝はなく、89年サクラサエズリの...

【阪神JF】「あくまでGIで勝負」タニノミッション陣営に勝算あり

1: 名無しさん 2018年12月05日 21:30:10 ID:0.net

【阪神JF】「あくまでGIで勝負」タニノミッション陣営に勝算あり 【阪神ジュベナイルフィリーズ(日曜=9日、阪神芝外1600メートル)POGマル秘週報】2日に発表された朝日杯FS(16日=日曜、阪神芝外1600メートル)の登録馬を見て「あれ?」って思ったファンは多かったことだろう。牝馬のグランアレグリアの登録は既報通り。しかし、この馬の他にも名の知れ...

【香港C】ディアドラ本格化 重賞連勝中!充実の4歳秋

1: 名無しさん 2018年12月04日 06:01:18 ID:0.net

【香港C】ディアドラ本格化 重賞連勝中!充実の4歳秋 「香港カップ・香港G1」(9日、シャティン) 今年は日本からG1馬6頭を含む精鋭9頭が香港に乗り込む。3勝を挙げた01年、2勝を挙げた15、16年に続く、複数レースでの勝利が期待される顔触れだ。特に注目されるのがカップ。秋初戦の天皇賞・秋で2着に好走したサングレーザー、昨年の秋華賞馬で重...

【ステイヤーズS】アルバート 同一重賞4連覇に挑む

1: 名無しさん 2018年11月30日 21:54:25 ID:0.net

【ステイヤーズS】アルバート 同一重賞4連覇に挑む ステイヤーズステークス アルバート 前人未到の同一重賞4連覇に挑むアルバート(牡7、堀)。昨年の本レースを最後に勝利から遠ざかっているが、この中山3600メートルでは無類の強さを発揮してきた。はたして偉業達成となるか。 3600mでは無類の強さ 森助手は「この秋3戦目。息はもうできているので先週...

【ジャパンC】圧巻Vアーモンドアイ“世界取り”の実現度

1: 名無しさん 2018年11月27日 21:31:47 ID:0.net

【ジャパンC】圧巻Vアーモンドアイ“世界取り”の実現度 いざ世界の頂点へ――。第38回ジャパンC(25日=東京芝2400メートル)は断然の1番人気に支持されたアーモンドアイ(牝3・国枝)が従来のレコードを1秒5も上回る2分20秒6で完勝。2012年のジェンティルドンナ以来、史上2頭目の3歳牝馬Vを成し遂げたばかりか日本最強を満天下に示した。つ...

ルメール いざ大偉業!前人未到の4週連続“G1”制覇へ

1: 名無しさん 2018年11月02日 07:00:00 ID:0.net

ルメール いざ大偉業!前人未到の4週連続“G1”制覇へ ダートの祭典、JBC3競走(4日、京都)の出走馬と枠順が1日、確定した。目下、G1・3連勝中と絶好調のクリストフ・ルメール(39)は、JBCクラシックでサンライズソア、同スプリントでグレイスフルリープ、同レディスクラシックでクイーンマンボに騎乗。JRA史上初の“G1・4連勝”に挑む。馬券...

【JBCクラシック】的場舞う!グランツで8年ぶりJRA参戦

1: 名無しさん 2018年10月31日 07:00:00 ID:0.net

【JBCクラシック】的場舞う!グランツで8年ぶりJRA参戦 史上初めて京都で開催されるJBC競走(11月4日)。メインのJBCクラシックでは、的場文男(62=大井)が8年ぶりのJRA参戦を果たす。地方通算最多勝記録を更新したレジェンドが、シュテルングランツ(牡7=浦和・小久保)とのコンビで華麗な“ダンス”を披露する。一方、JBCスプリントには今年...

【JBCスプリント】コウセイ“二刀流”制覇だ!史上5頭目快挙へ挑戦

1: 名無しさん 2018年10月31日 07:00:00 ID:0.net

【JBCスプリント】コウセイ“二刀流”制覇だ!史上5頭目快挙へ挑戦 実は、JBCスプリントは高松宮記念勝ち馬にとって厚い壁。過去、トロットスター、サニングデール、コパノリチャードの3頭が高松宮記念を制してここに挑んだが、7、3、16着と結果を残すことはできなかった。17年の覇者セイウンコウセイには嫌なデータ。それでも「ダートは久しぶりだけど、芝じゃない...

【天皇賞・秋】スワーヴリチャード 最長間隔Vの偉業へ死角なし

1: 名無しさん 2018年10月24日 21:04:43 ID:0.net

【天皇賞・秋】スワーヴリチャード 最長間隔Vの偉業へ死角なし 【天皇賞・秋(日曜=28日、東京芝2000メートル)注目馬24日最終追い切り:栗東】安田記念3着以来、中146日での出走となるスワーヴリチャード(写真手前)。勝てば芝2000メートルで施行されるようになった1984年以降で、前走からの間隔が最も長い優勝馬となる。果たして偉業達成なるのか...

【菊花賞・後記】フィエールマン“快挙尽くしV”のウラに手塚魔術

1: 名無しさん 2018年10月22日 21:33:49 ID:0.net

【菊花賞・後記】フィエールマン“快挙尽くしV”のウラに手塚魔術 21日、京都競馬場で行われたクラシック3冠最終戦の第79回菊花賞(芝外3000メートル)は、7番人気のフィエールマン(牡・手塚)が2番人気エタリオウとの競り合いを制して優勝。4戦目での菊花賞制覇は優勝馬の最少キャリアだ。また、3か月以上の休み明けで菊花賞を制したのは1987年サクラスタ...

【菊花賞】フィエールマン4馬身先着!師も驚がく「まるでチーターだ」

1: 名無しさん 2018年10月18日 07:00:00 ID:0.net

【菊花賞】フィエールマン4馬身先着!師も驚がく「まるでチーターだ」 規格外の競走能力がストレートに伝わってくる動きに、フィエールマンを管理する手塚師が興奮を抑えきれない。「凄く良かった。普通の馬とは何かが違うよね?体の使い方とか、加速の速さとか…何だろう?そう、まるでチーターだ」 指揮官が目を輝かせた最終追いはWコースで僚馬ローズクランス(5歳500万)...

【秋華賞・後記】牝馬3冠アーモンドアイ「無限の可能性」を検証

1: 名無しさん 2018年10月16日 21:31:29 ID:0.net

【秋華賞・後記】牝馬3冠アーモンドアイ「無限の可能性」を検証 晴天の京都競馬場で行われた第23回秋華賞(14日=芝内2000メートル)は、断然人気のアーモンドアイ(国枝)が2着ミッキーチャームに1馬身半差をつけて快勝。史上5頭目の牝馬3冠を難なく手中に収め、同世代の同性に敵なしを改めてアピールした。レース後に熱中症のアクシデントがあったため次走は...

【秋華賞】国枝調教師、アーモンドアイで史上初同一厩舎2頭目の牝馬3冠達成に「ホッとしたよ」

1: 名無しさん 2018年10月15日 06:02:50 ID:0.net

【秋華賞】国枝調教師、アーモンドアイで史上初同一厩舎2頭目の牝馬3冠達成に「ホッとしたよ」 ◆第23回秋華賞・G1(10月14日・芝2000メートル・京都競馬場、良) 第23回秋華賞・G1は14日、京都競馬場で行われ、単勝1・3倍の圧倒的1番人気に支持されたアーモンドアイが衝撃的な末脚で差し切り、桜花賞、オークスに続き史上5頭目の牝馬3冠を成し遂げた。管理する国枝栄調教師(63...
http://keiba-o.com/