タグ「国枝栄調教師」|競馬ニュース速報掲示板 けいばおー

タグ「国枝栄調教師」

「国枝栄調教師」と一緒に検索されているワード

  • 国枝栄調教師

JRA賞授賞式で見た「人と馬を育てる」チーム国枝の強さ

1: 名無しさん 2019年01月31日 21:35:39 ID:0.net

JRA賞授賞式で見た「人と馬を育てる」チーム国枝の強さ 【美浦トレセン発秘話】「人は馬を育て、名馬はさらに人を育てる」――それを当方に再認識させたのが、28日に取材を兼ねて出席させてもらったJRA賞授賞式だ。 式典で最大の喝采を浴びたのは年度代表馬に選出されたアーモンドアイの関係者だったが、感心させられたのは自然体たるその振る舞い。 壇上の国枝...

【18年度JRA賞授賞式】アーモンドアイ、今年初戦ドバイ・ターフから世界一!ルメール「大坂なおみに似て、全部の能力があります」

1: 名無しさん 2019年01月29日 06:01:04 ID:0.net

【18年度JRA賞授賞式】アーモンドアイ、今年初戦ドバイ・ターフから世界一!ルメール「大坂なおみに似て、全部の能力があります」 2018年度JRA賞授賞式が28日、都内のホテルで行われた。3歳牝馬として史上2頭目の年度代表馬に輝いたアーモンドアイの今年初戦がドバイ・ターフ(3月30日、メイダン競馬場・芝1800メートル)に決定。クリストフ・ルメール騎手、国枝栄調教師からはテニスの全豪オープンを初優勝した大坂なお...

全力で応援したい京都遠征のサトノラディウス&ペイシャフェリシタ

1: 名無しさん 2019年01月24日 21:34:14 ID:0.net

全力で応援したい京都遠征のサトノラディウス&ペイシャフェリシタ 【美浦トレセン発秘話】サラブレッドは誕生以前から、人間の意志にあまねく支配される運命にある。血統構成の決定に始まり、入厩先やレースおよび騎手の選択、馬具の装備やカイバの量、場合によっては性転換(去勢手術)に至るまで、人間の都合で生涯の大半が決まっていく。かつて某騎手がレース後の談話を「...

【ジャパンC】アーモンドアイ来年の凱旋門賞視野 エネイブルに挑戦状!

1: 名無しさん 2018年11月26日 06:00:21 ID:0.net

【ジャパンC】アーモンドアイ来年の凱旋門賞視野 エネイブルに挑戦状! 「ジャパンC・G1」(25日、東京) 視線は既に世界の頂に向けられている。アーモンドアイが断然人気に応え、驚異的なJRAレコードで勝利を決めた。オーナーサイドは来年の世界挑戦を明言。管理する国枝栄調教師(63)=美浦=は「エネイブルと一緒にレースをしてみたい」と、史上初の3連覇を目指す名...

【ジャパンC】アーモンドアイ来年の凱旋門賞視野 ルメールも「行かなければ」

1: 名無しさん 2018年11月26日 06:00:21 ID:0.net

【ジャパンC】アーモンドアイ来年の凱旋門賞視野 ルメールも「行かなければ」 「ジャパンC・G1」(25日、東京) 視線は既に世界の頂に向けられている。アーモンドアイが断然人気に応え、驚異的なJRAレコードで勝利を決めた。オーナーサイドは来年の世界挑戦を明言。管理する国枝栄調教師(63)=美浦=は「エネイブルと一緒にレースをしてみたい」と、史上初の3連覇を目指す名...

【ジャパンC】アーモンドアイがレコード勝ち 史上2頭目の3歳牝馬制覇

1: 名無しさん 2018年11月25日 16:16:27 ID:0.net

【ジャパンC】アーモンドアイがレコード勝ち 史上2頭目の3歳牝馬制覇 25日、東京競馬場で行われたGI第38回ジャパンカップ(芝2400メートル)は1番人気のアーモンドアイが番手から抜け出して完勝。勝ち時計2分20秒6はレコード。 2着は逃げ粘った4番人気のキセキ、3着は2番人気のスワーヴリチャード。連覇を狙った昨年覇者で5番人気のシュヴァルグランは4着だ...

ジャパンC、穴党記者が「打倒アーモンドアイ」に指名した意外な4頭

1: 名無しさん 2018年11月23日 06:55:03 ID:0.net

ジャパンC、穴党記者が「打倒アーモンドアイ」に指名した意外な4頭 11月25日に行なわれるGIジャパンC(東京・芝2400m)。今年は、三冠牝馬アーモンドアイ(牝3歳)が断然の人気を集めそうだが、スワーヴリチャード(牡4歳)、サトノダイヤモンド(牡5歳)、シュヴァルグラン(牡6歳)など、”復権”を狙う実力古馬も名を連ね、ひと筋縄にはいかないレースにも見える。 ...

【ジャパンC】アーモンドアイに国枝陣営の想像を超えた「神秘とミラクル」

1: 名無しさん 2018年11月22日 21:33:44 ID:0.net

【ジャパンC】アーモンドアイに国枝陣営の想像を超えた「神秘とミラクル」 【ジャパンカップ(日曜=25日、東京芝2400メートル)美浦トレセン発秘話】「彼女は特別な馬です」 パートナーのアーモンドアイに対して主戦クリストフ・ルメールが頻繁に用いる表現だ。ただ、何をもって「特別」かはいまだ語られず。3冠を制したからか、牝馬のカテゴリーを超える存在だからか、もしく...

【ジャパンC】3冠牝馬アーモンドアイ 国枝調教師が語る「秋華賞の異変とその後の回復」

1: 名無しさん 2018年11月20日 21:31:23 ID:0.net

【ジャパンC】3冠牝馬アーモンドアイ 国枝調教師が語る「秋華賞の異変とその後の回復」 秋のGI戦線もいよいよ佳境。日曜(25日)の東京競馬場では第38回ジャパンカップ(芝2400メートル)が行われる。国内外から実力馬が集う世界戦で最大の注目はもちろん、紅一点で3冠牝馬のアーモンドアイ。秋華賞直後の一頓挫、中間の調整、陣営の自信度、そしてさらなる飛躍の来年…。週末の確定版で...

【ジャパンC】アーモンドアイが最強!国枝調教師「十分やれる」ルメール「誰も怖くない」

1: 名無しさん 2018年11月20日 06:03:32 ID:0.net

【ジャパンC】アーモンドアイが最強!国枝調教師「十分やれる」ルメール「誰も怖くない」 ◆第38回ジャパンC・G1(11月25日、東京競馬場・芝2400メートル) 第38回ジャパンC・G1(25日、東京)で、3冠牝馬アーモンドアイが史上2頭目の3歳牝馬Vを目指す。国枝栄調教師(63)=美浦=は、同じ3冠牝馬のアパパネでは選ばなかった強豪牡馬との戦いを選んだ。 国枝調教師にと...

【エリザベス女王杯】フロンテアクイーン陣営の「情」かノームコア陣営も「非情」か

1: 名無しさん 2018年11月08日 21:33:56 ID:0.net

【エリザベス女王杯】フロンテアクイーン陣営の「情」かノームコア陣営も「非情」か 【エリザベス女王杯(日曜=11日、京都芝外2200メートル)美浦トレセン発秘話】クラシック3冠を制したアーモンドアイが出なければ、牝馬重賞で今季負けなしのディアドラも不在。強者不在の今年のエリザベス女王杯は、ある意味で多様化したJRA・GIの形骸化を意味する皮肉な女王決定戦である。しかし...

【エリザベス女王杯】国枝厩舎フロンテアクイーン&古賀慎厩舎ワンブレスアウェイ 熱き戦いを再び……

1: 名無しさん 2018年11月08日 21:31:53 ID:0.net

【エリザベス女王杯】国枝厩舎フロンテアクイーン&古賀慎厩舎ワンブレスアウェイ 熱き戦いを再び…… 【平松さとしの重賞サロン】「500万特別で(自厩の)バシレウスが子供扱いされていたし、枠も隣だったので気になって自然と目が行きました」 レース前の心境をそう語ったのは、国枝栄調教師。 一方、そう言われた古賀慎明調教師は言った。 「僕は意識的に見ないように努めました。すごくいい馬なのは分かっ...

【エリザベス女王杯】フロンテアクイーン、無冠返上へ2週連続超速時計!国枝栄調教師JRA牝馬G1完全制覇へ「やれてもおかしくない」

1: 名無しさん 2018年11月08日 06:01:04 ID:0.net

【エリザベス女王杯】フロンテアクイーン、無冠返上へ2週連続超速時計!国枝栄調教師JRA牝馬G1完全制覇へ「やれてもおかしくない」 ◆エリザベス女王杯追い切り(7日・美浦トレセン) 第43回エリザベス女王杯・G1(11日、京都)の追い切りが7日、東西トレセンで行われた。フロンテアクイーンは、美浦・坂路で2週連続の好時計。国枝栄調教師(63)=美浦=は、無冠ながらも安定感抜群の同馬でJRA牝馬G1完全制覇に挑む。 G1...

【菊花賞】グロンディオーズ 鞍上モレイラの反骨騎乗見られるか

1: 名無しさん 2018年10月18日 21:32:36 ID:0.net

【菊花賞】グロンディオーズ 鞍上モレイラの反骨騎乗見られるか 【菊花賞(日曜=21日、京都芝外3000メートル)美浦トレセン発秘話】先週木曜(11日)の美浦ではジョアン・モレイラのJRA騎手試験不合格がトレセンの話題を一手に集めていた。 「他の国なら三顧の礼を尽くしてでも迎え入れたいスーパージョッキー。それがあっさり不合格なんだから…。日本の競馬に...

【秋華賞】国枝調教師、アーモンドアイで史上初同一厩舎2頭目の牝馬3冠達成に「ホッとしたよ」

1: 名無しさん 2018年10月15日 06:02:50 ID:0.net

【秋華賞】国枝調教師、アーモンドアイで史上初同一厩舎2頭目の牝馬3冠達成に「ホッとしたよ」 ◆第23回秋華賞・G1(10月14日・芝2000メートル・京都競馬場、良) 第23回秋華賞・G1は14日、京都競馬場で行われ、単勝1・3倍の圧倒的1番人気に支持されたアーモンドアイが衝撃的な末脚で差し切り、桜花賞、オークスに続き史上5頭目の牝馬3冠を成し遂げた。管理する国枝栄調教師(63...
http://keiba-o.com/