タグ「悔い」|競馬ニュース速報掲示板 けいばおー

タグ「悔い」

「悔い」と一緒に検索されているワード

  • クイーンドラマ,
  • クイーン曲,
  • クイーンドラマ主題歌,
  • クイズ問題,
  • クインズサターン,
  • クイーンメンバー,
  • クイックカラー,
  • クイーンライブエイド,
  • くいもの屋わん,
  • 悔い改めて,
  • 悔いなき洗濯,
  • 悔い改める,
  • 悔いのない人生を送るために,
  • 悔いる 意味,
  • 悔いが残る 意味,
  • 悔いのない生き方

【フェブラリーS】ワンダーリーデル 坂路ラスト12・3秒「操縦性のよくなった今ならマイルにも対応」

1: 名無しさん 2019年02月13日 20:30:53 ID:0.net

【フェブラリーS】ワンダーリーデル 坂路ラスト12・3秒「操縦性のよくなった今ならマイルにも対応」 【フェブラリーS(日曜=17日、東京ダート1600メートル)注目馬13日最終追い切り:栗東】ワンダーリーデルは坂路で単走。迫力十分のフットワークでしっかりと脚を伸ばした(4ハロン53・0―12・3秒)。今月いっぱいで解散の厩舎。ラストGIへ悔いなき仕上げで挑む。 沖調教師「レースを覚えて操...

【有馬記念・後記】ブラストワンピース恩返しのV 池添は菊花賞からの進化を称賛

1: 名無しさん 2018年12月24日 21:02:17 ID:0.net

【有馬記念・後記】ブラストワンピース恩返しのV 池添は菊花賞からの進化を称賛 23日、中山競馬場で行われたGI第63回有馬記念(芝内2500メートル)は、池添騎乗の3番人気ブラストワンピース(牡3・大竹)が中団追走から直線で力強く伸びて優勝。ステルヴィオ(マイルCS)、アーモンドアイ(JC)に続く古馬勢の撃破で、3歳世代がまたしてもその強さを見せつけた。1番人気...

【有馬記念】池添謙「来年5勝出来るように頑張ります」有馬記念共同会見 ジョッキー談話

1: 名無しさん 2018年12月24日 07:00:25 ID:0.net

【有馬記念】池添謙「来年5勝出来るように頑張ります」有馬記念共同会見 ジョッキー談話 (全2枚) 23日、中山競馬場で行われた第63回有馬記念、共同記者会見、勝利ジョッキー談話。 1着ブラストワンピース 池添謙一騎手 【平成最後の有馬記念を制して、改めて今どんな風にかみしめていますか?】 「平成最後ですけど、そのへんはあまり意識せずに臨んでいこうという気持ちでしたし、このブラストワン...

【中山大障害】白浜、信頼のアップトゥデイトで覇権奪回だ 「馬と自分を信じて」

1: 名無しさん 2018年12月21日 06:01:26 ID:0.net

【中山大障害】白浜、信頼のアップトゥデイトで覇権奪回だ 「馬と自分を信じて」 「中山大障害・JG1」(22日、中山) 白浜雄造騎手(39)=栗東・フリー=が、05年テイエムドラゴン以来となる中山大障害V2に意欲を燃やしている。 コンビを組むのは15年の覇者で、近2年は銀メダルのアップトゥデイト。3戦連続(通算4度目)の騎乗となる。「ここ2走(2着、1着)乗せてもら...

【有馬記念】ロケット、若き天才がラブ 坂路で好時計マーク

1: 名無しさん 2018年12月20日 07:00:00 ID:0.net

【有馬記念】ロケット、若き天才がラブ 坂路で好時計マーク 宝塚記念に続き、グランプリ連覇が懸かるミッキーロケットは鞍上のマーフィーを背に坂路で4F50秒8〜1F12秒5と好時計をマーク。予定していたジャパンCを筋肉痛で回避したが、追い切りの動きから影響は全く感じられない。初参戦となった先週でいきなり4勝を挙げた23歳の若き天才も同馬を絶賛した...

【香港マイル】ヴィブロス根性2着 久々マイルでも対応、海外3連対

1: 名無しさん 2018年12月10日 06:00:46 ID:0.net

【香港マイル】ヴィブロス根性2着 久々マイルでも対応、海外3連対 「香港マイル・香港G1」(9日、シャティン) ド根性で2着をもぎ取った。2年9カ月ぶりのマイル参戦となったヴィブロスは、手応え十分に直線へ。前を行く勝ち馬の背中は遠かったが、ビュイックの左ステッキに応えて末脚を伸ばし、連対を確保した。日本馬最先着を決め、鞍上は「友道師がしっかり馬をつくっ...

【香港マイル】ヴィブロス悔いなき仕上げ 友道師「前脚の伸び方がすごかった」

1: 名無しさん 2018年12月06日 06:00:27 ID:0.net

【香港マイル】ヴィブロス悔いなき仕上げ 友道師「前脚の伸び方がすごかった」 「香港マイル・香港G1」(9日、シャティン) 悔いのない仕上げで大一番へ臨む。引退レースを迎えるヴィブロスは5日、芝コースで単走。気持ちの乗った走りで4F51秒5−2F22秒6をマークした。 「日本である程度出来上がっているので反応を見る程度」と話していた友道師が、「動きは良かったね。体は...

【香港ヴァーズ】リスグラシュー状態上向き モズアスコットと併入!矢作師手応え

1: 名無しさん 2018年12月06日 06:00:27 ID:0.net

【香港ヴァーズ】リスグラシュー状態上向き モズアスコットと併入!矢作師手応え 「香港ヴァーズ・香港G1」(9日、シャティン) エリザベス女王杯で悲願のG1制覇を飾ったリスグラシューは5日、芝コースで僚馬モズアスコットと併入。4F50秒9−2F23秒0に、モレイラは「馬体を併せた時の気持ちの入りも良く、力強く走ってくれた」と満足そう。 矢作師は「香港到着直後は少しイレ...

【香港C】ディアドラ疾走!パワフルに51秒4 ルメール「とても良い状態」

1: 名無しさん 2018年12月06日 06:00:27 ID:0.net

【香港C】ディアドラ疾走!パワフルに51秒4 ルメール「とても良い状態」 「香港カップ・香港G1」(9日、シャティン) 日本から参戦する9頭のうち5頭が5日、最終追い切りに臨んだ。カップに出走するディアドラは、芝コースで力強い動きを披露。日本牝馬初の香港G1勝利へ向け、好調をアピールした。 世界中から熱視線を浴びる紅一点。日本牝馬初の香港Vを狙うディアドラが、...

【香港マイル】国内最終追いヴィブロス 馬なりで好反応

1: 名無しさん 2018年11月27日 12:53:35 ID:0.net

【香港マイル】国内最終追いヴィブロス 馬なりで好反応 香港マイルに出走するヴィブロス(牝5=友道)は坂路4F54秒4〜12秒3と軽やかに脚を伸ばした。 安田助手は「馬なりでしまいを伸ばす感じ。反応が良かったし、元気はいいですね」と好調をアピールした。ドバイターフを17年にV、今年も2着と海外で実績を残している。 今回がラストランの予定。「...

香港遠征の牝馬3頭が国内最終追い切り 香港Cに出走するディアドラの橋田調教師「回復している」

1: 名無しさん 2018年11月26日 15:00:55 ID:0.net

香港遠征の牝馬3頭が国内最終追い切り 香港Cに出走するディアドラの橋田調教師「回復している」 香港国際競走(12月9日、シャティン競馬場)に出走する日本馬3頭が26日、栗東トレセンの坂路で国内最終追い切りを行った。 香港カップ・G1(芝2000メートル)に出走するディアドラ(牝4歳、栗東・橋田満厩舎)は軽く気合をつけると伸びやかなフォームで加速し、54秒2―12秒1をマークした。...

【エ女王杯】川又 初G1重圧なし!ヴァフラームで一発狙う

1: 名無しさん 2018年11月09日 07:00:00 ID:0.net

【エ女王杯】川又 初G1重圧なし!ヴァフラームで一発狙う 秋の最強牝馬を決する「第43回エリザベス女王杯」の出走馬が確定。9日に枠順が決定する。今年38勝と大躍進のデビュー2年目・川又賢治(20)はヴァフラームでG1初参戦。人馬共に初G1というフレッシュコンビが強敵に挑む。JBCレディスCをアンジュデジールで制した昆貢師(60)&横山典弘(5...

【エ女王杯】2年目の川又「気負わず」 ヴァフラームでG1初挑戦

1: 名無しさん 2018年11月09日 06:00:16 ID:0.net

【エ女王杯】2年目の川又「気負わず」 ヴァフラームでG1初挑戦 「エリザベス女王杯・G1」(11日、京都) つかんだチャンスを無駄にはできない。デビュー2年目の秋、川又賢治騎手(20)=栗東・フリー=が、感謝の思いを胸に待望のG1初騎乗に臨む。ヴァフラームとは初タッグの前走でV。相性の良さを味方に、大仕事の予感が膨らむばかりだ。 ヴァフラームで臨む最...

【JBCスプリント】(5)マテラスカイ スピード生かす

1: 名無しさん 2018年11月03日 07:00:00 ID:0.net

【JBCスプリント】(5)マテラスカイ スピード生かす マテラスカイは厩舎周辺の運動で気配を確かめた。「最終追い切りは目いっぱいやった。ここを目標に悔いのない仕上げを施した」と日高助手。「極端な枠でなければ、どこでも良かった。1200メートルでスピードをフルに生かしたい」と5番枠も歓迎の様子。東京盃からの巻き返しを狙う。

【天皇賞・秋:後記】出遅れ10着スワーヴリチャード ジャパンCへ立て直せるか

1: 名無しさん 2018年10月29日 21:33:09 ID:0.net

【天皇賞・秋:後記】出遅れ10着スワーヴリチャード ジャパンCへ立て直せるか 昨年のダービー馬レイデオロの快勝で幕を閉じた28日の第158回天皇賞・秋(東京芝2000メートル)。5頭出走の4歳勢が上位4頭を占めて?最強世代?を改めて証明する格好になった。一方で、1番人気のスワーヴリチャードは出遅れて10着に敗れた。いったい何があったのだろうか? GI大阪杯を勝った春...
http://keiba-o.com/