タグ「手応え」|競馬ニュース速報掲示板 けいばおー

タグ「手応え」

「手応え」と一緒に検索されているワード

  • 手応え 英語,
  • 手応えを感じる,
  • 手応えがある,
  • 手応え 類語,
  • 手応えがない 意味,
  • 手応えあり もういやー,
  • 手応え 例文,
  • 手応えない,
  • 手応えがない ことわざ,
  • 手応え 意味,
  • 手応え,
  • 手応え 類語,
  • 手応えを感じる 意味,
  • 手応えを感じる,
  • 手応え 英語,
  • 手応えを感じる 英語

【中山大障害】オジュウチョウサンで連覇した石神がニホンピロバロンと史上初の3連覇に挑む

1: 名無しさん 2018年12月19日 07:01:40 ID:0.net

【中山大障害】オジュウチョウサンで連覇した石神がニホンピロバロンと史上初の3連覇に挑む ◆第141回中山大障害・J・G1(12月22日・障直芝4100メートル、中山競馬場) 第141回中山大障害・J・G1(22日、中山・4100メートル)は、史上初の3連覇がかかる石神深一(36)=美浦・フリー=に注目が集まる。「なかなかできないチャンス。達成したい」と意気込んだ。 昨年まで...

【有馬記念】ステイヤーズSで重賞初Vのリッジマン、一気に頂点まで駆け上がる!

1: 名無しさん 2018年12月19日 07:01:38 ID:0.net

【有馬記念】ステイヤーズSで重賞初Vのリッジマン、一気に頂点まで駆け上がる! ◆第63回有馬記念・G1(12月23日・芝2500メートル、中山競馬場) 数々の名シーンが生まれた有馬記念(23日、中山)は、伏兵の激走が目立つレースでもある。12月のステイヤーズSを勝った上がり馬のリッジマンは、ホッカイドウ競馬から重賞ウィナーにまで上り詰めた叩き上げ。今の充実ぶりなら...

【有馬記念】サウンズオブアース有終V決める“最強2勝馬”ラスト走へ手応え

1: 名無しさん 2018年12月19日 06:01:14 ID:0.net

【有馬記念】サウンズオブアース有終V決める“最強2勝馬”ラスト走へ手応え 「有馬記念・G1」(23日、中山) 3歳春に500万特別を勝利して以降、23戦続けてG1、G2戦に挑み続けてきた“現役最強の2勝馬”サウンズオブアース。既に7歳の冬を迎え、今回の有馬記念がラストラン。「この馬らしい競馬ができれば」と、陣営一丸となって有終の戦いへ挑む。 中山コースでは勝ち星...

【有馬記念】武豊、オジュウと夢届ける 数々ドラマ作った名手が平成ラスト有馬でも

1: 名無しさん 2018年12月19日 06:01:14 ID:0.net

【有馬記念】武豊、オジュウと夢届ける 数々ドラマ作った名手が平成ラスト有馬でも 「有馬記念・G1」(23日、中山) 名手が“異端児”を語った。障害界のスーパーヒーロー・オジュウチョウサン(牡7歳、美浦・和田郎)で、有馬記念に参戦する武豊騎手(49)=栗東・フリー。年末のGPで数々の名勝負を演出してきた“4000勝ジョッキー”が、異例の挑戦を前に、オジュウの平地能力、レー...

【阪神カップ】ケイアイノーテック「今回は結果を出してくれると思っている」

1: 名無しさん 2018年12月18日 20:31:39 ID:0.net

【阪神カップ】ケイアイノーテック「今回は結果を出してくれると思っている」 【阪神カップ(土曜=22日、阪神芝内1400メートル)注目馬18日朝の表情:栗東】前走のマイルCSは11着に終わったケイアイノーテックだが、少なからず大外枠の影響を受けてのもので、0秒5差と着順ほどの差もなかった。この日は坂路を勢いよく駆け上がり、陣営も巻き返しへ手応えありのムードだ。 ...

【有馬記念】キセキ、異例の秋4戦目での挑戦もまだまだ上向き

1: 名無しさん 2018年12月18日 07:01:59 ID:0.net

【有馬記念】キセキ、異例の秋4戦目での挑戦もまだまだ上向き ◆第63回有馬記念・G1(12月23日・芝2500メートル、中山競馬場) 想像を超える軌跡を描いている。天皇賞・秋3着、ジャパンCでも2着と秋のG1で好戦を続けるキセキ。しかし清山助手が込める熱量は、ここ2戦を上回る。「ジャパンCの時が最高に良かったんです。天皇賞・秋も良かったけど、それ...

【有馬記念】マカヒキ「調整を進めるごとに良くなってきた」

1: 名無しさん 2018年12月17日 20:47:42 ID:0.net

【有馬記念】マカヒキ「調整を進めるごとに良くなってきた」 【有馬記念(23日=日曜、中山芝内2500メートル)出走馬16日追い切り:栗東】マカヒキは角馬場でじっくり体をほぐした後、ウッドを大きめのキャンターで流した。陣営は復活に向けての手応えを伝えた。 大江助手「立て直してからは調整を進めるごとに良くなってきました。特に岩田騎手に追い切りに乗っ...

【次回注目馬】逃げて見せ場十分のヘイワノツカイ 昇級初戦でクラスにめど

1: 名無しさん 2018年12月17日 13:21:02 ID:0.net

【次回注目馬】逃げて見せ場十分のヘイワノツカイ 昇級初戦でクラスにめど ◆ヘイワノツカイ(12月15日、中山9R・ひいらぎ賞、2歳500万、芝1600メートル=4着) 内の4番枠から好スタートを決めて、そのまま流れに乗ってハナへ。道中は1ハロン11秒台のよどみないペースで運び、4コーナーも抜群の手応えで押し切る勢いだった。好時計(1分33秒7)をマークして3...

【朝日杯FS】グランアレグリア、38年ぶり牝馬V狙うもまさかの3着…

1: 名無しさん 2018年12月17日 07:00:44 ID:0.net

【朝日杯FS】グランアレグリア、38年ぶり牝馬V狙うもまさかの3着… ◆第70回朝日杯FS・G1(16日、阪神・芝1600メートル、良) まさかの敗戦だった。単勝1・5倍の断然人気に推されたグランアレグリアは直線で伸びを欠き3着。デビュー2戦で牡馬を一蹴した圧倒的なパフォーマンスを発揮することなく、前身の朝日杯3歳Sのテンモン(80年)以来の38年ぶりの牝...

【有馬記念】絶好調デムーロ兄弟、4週連続G1奪取だ

1: 名無しさん 2018年12月17日 07:00:43 ID:0.net

【有馬記念】絶好調デムーロ兄弟、4週連続G1奪取だ ◆第63回有馬記念・G1(12月23日・芝2500メートル、中山競馬場) 12月に入ってのG1優勝騎手はミルコ、クリスチャン、ミルコとデムーロ兄弟が席巻。大一番のグランプリ、有馬記念(23日、中山)もこの兄弟の勢いが続くのか。ミルコが手綱を執る昨年のエリザベス女王杯の覇者モズカッチャン、...

【有馬記念】レイデオロ“王道V”へ!坂路1本追加で「いい感じ」

1: 名無しさん 2018年12月17日 07:00:00 ID:0.net

【有馬記念】レイデオロ“王道V”へ!坂路1本追加で「いい感じ」 主役は譲れない――。「第63回有馬記念」(23日、中山)にファン投票1位で出走するダービー馬レイデオロ(牡4=藤沢和)が16日、日曜追いを行った。現役最多の有馬3勝を誇る藤沢和師は、Wコース調整に加えて急きょ坂路1本を追加オーダー。有馬の勝ち方を誰よりも知る名伯楽が、愛馬に一層磨きをかけ...

【朝日杯FS】マーズ 無敗頂点!男の意地でアレグリア止めた

1: 名無しさん 2018年12月17日 07:00:00 ID:0.net

【朝日杯FS】マーズ 無敗頂点!男の意地でアレグリア止めた 「第70回朝日杯FS(G1)」は16日、阪神競馬場で行われ、2番人気アドマイヤマーズ(牡2=友道)がデビューから4戦無敗で優勝。ミルコ・デムーロ(39)がこのレース最多タイとなる4勝目を挙げ、10週連続で外国人騎手によるJRA・G1勝利となった。牝馬38年ぶりのVを目指したグランアレグ...

【朝日杯FS】武豊「内枠の方がいい展開…」レース後 ジョッキーコメント

1: 名無しさん 2018年12月17日 06:10:22 ID:0.net

【朝日杯FS】武豊「内枠の方がいい展開…」レース後 ジョッキーコメント (全2枚) 16日、阪神競馬場で行われた朝日杯フューチュリティステークス、レース後ジョッキーコメントは以下の通り。 1着アドマイヤマーズ M.デムーロ騎手 「本当に強い、どんどん成長している、すごく頭良いし、競馬を分かっている。僕と同じで負けたくない気持ちなのがすごく嬉しいですね。今日はスタートを...

【有馬記念】障害界の絶対王者、オジュウチョウサンで挑む平成最後のグランプリ。武豊騎手「何とか見せ場をつくりたい」

1: 名無しさん 2018年12月17日 06:01:17 ID:0.net

【有馬記念】障害界の絶対王者、オジュウチョウサンで挑む平成最後のグランプリ。武豊騎手「何とか見せ場をつくりたい」 ◆第63回有馬記念・G1(12月23日・芝2500メートル、中山競馬場) 日本中央競馬会(JRA)の一年の総決算、第63回有馬記念・G1が23日、中山競馬場で行われる。ファンの熱い注目を集めるのは、障害界の絶対王者で平地競走に挑戦してきた“二刀流”のオジュウチョウサン。鞍上を務める武豊騎手...

【朝日杯FS】グランアレグリア3着…38年ぶり牝馬Vならず

1: 名無しさん 2018年12月17日 06:00:40 ID:0.net

【朝日杯FS】グランアレグリア3着…38年ぶり牝馬Vならず 「朝日杯FS・G1」(16日、阪神) 単勝1・5倍と断然の1番人気に推された紅一点・グランアレグリアは直線伸びを欠き3着。38年ぶりとなる牝馬Vの偉業はならなかった。藤沢和師は「残念。右回りが初めてだった影響もあったのか、直線で少し内に逃げていったね」と悔しがった。 スタート後、逃げたイ...
http://keiba-o.com/