タグ「最後」|競馬ニュース速報掲示板 けいばおー

タグ「最後」

「最後」と一緒に検索されているワード

  • 最後のジェダイ,
  • 最後の雨,
  • 最後の審判,
  • 最後に 英語,
  • 最後のチャイム,
  • 最後通牒,
  • 最後の晩餐 予約,
  • 最後の騎士王,
  • 最後のガラスをぶち破れ,
  • 最後の晩餐,
  • 最後の雨,
  • 最後から二番目の恋,
  • 最後のレストラン,
  • 最後の忠臣蔵,
  • 最後の審判,
  • 最後のチャイム,
  • 最後の警官

【安土城S】ダイメイフジが直線一気 オープン初VでCBC賞を視野に

1: 名無しさん 2018年05月28日 06:00:58 ID:0.net

【安土城S】ダイメイフジが直線一気 オープン初VでCBC賞を視野に 「安土城S」(27日、京都) 中団後方からレースを進めた3番人気のダイメイフジ(牡4歳、栗東・森田)が、直線外からしっかりと脚を伸ばして、オープン初勝利を挙げた。 「しっかりと脚がたまっていた分、最後まで伸びてくれました」と酒井。森田師は「うまくハミが抜けていたことが良かったですね。C...

【白百合S】メイショウテッコン 鮮やか逃走劇で3勝目 松山「強かったです」

1: 名無しさん 2018年05月28日 06:00:57 ID:0.net

【白百合S】メイショウテッコン 鮮やか逃走劇で3勝目 松山「強かったです」 「白百合S」(27日、京都) 3番人気のメイショウテッコン(牡3歳、栗東・高橋忠)が、鮮やかな逃走劇で3勝目をマークした。道中やや離し気味の逃げから、4角ではいったん後続との差が詰まったが、直線に入るとエンジン再点火。2着に3馬身差をつけて完勝した。 松山は「ハイペースの中でも最後まで...

【日本ダービー】ノーザンFダービー4連覇 2着以外の掲示板も独占

1: 名無しさん 2018年05月28日 06:00:56 ID:0.net

【日本ダービー】ノーザンFダービー4連覇 2着以外の掲示板も独占 「日本ダービー・G1」(27日、東京) 平成最後のダービー馬となったのは、5番人気のワグネリアン。1番人気で7着に沈んだ皐月賞から見事に巻き返し、同世代6955頭の頂点に立った。 生産者のノーザンファームは、15年ドゥラメンテから4連勝で通算9回目のダービー制覇となった。同一クラシック...

【日本ダービー】ユーイチ 男泣き「福永家の悲願」達成 ダービージョッキーに

1: 名無しさん 2018年05月28日 06:00:56 ID:0.net

【日本ダービー】ユーイチ 男泣き「福永家の悲願」達成 ダービージョッキーに 「日本ダービー・G1」(27日、東京) ついに“ダービージョッキー”の称号を手に入れた。平成最後のダービー馬となったのは5番人気のワグネリアンだ。騎乗した福永祐一騎手(41)=栗東・フリー=は、19度目の挑戦で初制覇を飾り、歓喜の男泣き。天才と称された元騎手の父・洋一さん(69)が7度挑...

【日本ダービー】ワグネリアン 平成最後のダービー制す 金子オーナー4度目の栄冠

1: 名無しさん 2018年05月28日 06:00:56 ID:0.net

【日本ダービー】ワグネリアン 平成最後のダービー制す 金子オーナー4度目の栄冠 「日本ダービー・G1」(27日、東京) 平成最後のダービー馬となったのは、5番人気のワグネリアン。1番人気で7着に沈んだ皐月賞から見事に巻き返し、同世代6955頭の頂点に立った。金子真人オーナー(73、馬主名義は金子真人ホールディングス)は、同レース単独トップとなる4勝目。友道康夫調教...

【日本ダービー】友道師が感涙 祐一を「ダービージョッキーにしたいと思っていた」

1: 名無しさん 2018年05月28日 06:00:56 ID:0.net

【日本ダービー】友道師が感涙 祐一を「ダービージョッキーにしたいと思っていた」 「日本ダービー・G1」(27日、東京) 平成最後のダービー馬となったのは、5番人気のワグネリアン。1番人気で7着に沈んだ皐月賞から見事に巻き返し、同世代6955頭の頂点に立った。金子真人オーナー(73、馬主名義は金子真人ホールディングス)は、同レース単独トップとなる4勝目。友道康夫調教...

【日本ダービー】福永の両親は自宅観戦 母・裕美子さん「ホント良かった」

1: 名無しさん 2018年05月28日 06:00:56 ID:0.net

【日本ダービー】福永の両親は自宅観戦 母・裕美子さん「ホント良かった」 「日本ダービー・G1」(27日、東京) ついに“ダービージョッキー”の称号を手に入れた。平成最後のダービー馬となったのは5番人気のワグネリアンだ。騎乗した福永祐一騎手(41)=栗東・フリー=は、19度目の挑戦で初制覇を飾り、歓喜の男泣き。天才と称された元騎手の父・洋一さん(69)が7度挑...

【日本ダービー】「最悪」17番枠から夢をつかんだ福永祐一 敵陣営も脱帽「称賛しかない」

1: 名無しさん 2018年05月27日 18:46:23 ID:0.net

【日本ダービー】「最悪」17番枠から夢をつかんだ福永祐一 敵陣営も脱帽「称賛しかない」 3歳牡馬クラシック第2戦「第85回東京優駿(日本ダービー)」(G1、芝2400メートル)が27日、東京競馬10Rで行われ、福永祐一騎手騎乗の5番人気ワグネリアン(牡3=友道厩舎)が優勝。平成最後のダービーの舞台でG1初制覇を果たした。 8枠17番。過去10年で1枠が5勝していた内枠有利...

【日本ダービー】ブラストワンピースは5着 池添「最後は伸びたが…」

1: 名無しさん 2018年05月27日 17:14:49 ID:0.net

【日本ダービー】ブラストワンピースは5着 池添「最後は伸びたが…」 毎日杯を勝ち3連勝でダービーに向かったブラストワンピース。2番人気に推されたが5着に敗れた。スタートでやや遅れたものの、スルスルと追い上げて中団をキープ。直線中を追い込んだが勝ち馬を捉える伸びは見られなかった。騎乗した池添は「ゲートでがたついていた。少し立ち遅れたのが誤算。それでも1、...

【京都10R・安土城S】3番人気のダイメイフジがV 森田師「いい脚だったね}

1: 名無しさん 2018年05月27日 16:54:49 ID:0.net

【京都10R・安土城S】3番人気のダイメイフジがV 森田師「いい脚だったね} 3番人気のダイメイフジ(牡4=森田、父アグネスデジタル)がV。後方で脚をためると直線は、人気馬モズアスコットとの叩き合いを首差制した。酒井は「道中はリラックスして走れていた。その分、最後の脚につながりましたね」と笑顔。半姉のダイメイプリンセスは先週の韋駄天Sを制覇。弟もそれに続くオープ...

【競馬】ワグネリアン、ダービー優勝 福永祐一騎手が初制覇 

1: 名無しさん 2018年05月27日 16:22:00 ID:0.net

【競馬】ワグネリアン、ダービー優勝 福永祐一騎手が初制覇  平成最後の競馬の祭典、第85回日本ダービー=東京優駿=(10R2400メートル芝18頭、GI)は27日、晴天、良馬場の東京・府中市の東京競馬場で行われ、5番人気で福永祐一騎乗のワグネリアンが2分23秒6で制し、優勝賞金2億円を獲得した。 福永騎手は初めてのダービー制覇。 2着は4番人気の...

【日本ダービー】ワグネリアンがV 福永19度目の挑戦でダービージョッキーに

1: 名無しさん 2018年05月27日 16:08:00 ID:0.net

【日本ダービー】ワグネリアンがV 福永19度目の挑戦でダービージョッキーに 「日本ダービー・G1」(27日、東京) こん身のステッキにこたえ、5番人気のワグネリアンが6955頭の頂点に立った。道中は好位の外を追走。直線で手応え良く抜け出すと、逃げる皐月賞馬エポカドーロをゴール寸前で差し切りV。1番人気に推された1冠目こそ7着に敗れたが、府中の祭典できっちりと巻...

ワグネリアンがG1優勝 挑戦19度目での悲願達成に福永祐一が涙

1: 名無しさん 2018年05月27日 16:06:11 ID:0.net

ワグネリアンがG1優勝 挑戦19度目での悲願達成に福永祐一が涙 3歳牡馬クラシック第2戦「第85回東京優駿(日本ダービー)」(G1、芝2400メートル)が27日、東京競馬10Rで行われ、福永祐一騎手騎乗の5番人気ワグネリアン(牡3=友道厩舎)が優勝。平成最後のダービーの舞台でG1初制覇を果たした。 鞍上の福永はウイニングランで何度もガッツポーズ。1...

「日本ダービー」ワグネリアンが優勝 福永祐一が19度目で悲願V

1: 名無しさん 2018年05月27日 15:45:14 ID:0.net

「日本ダービー」ワグネリアンが優勝 福永祐一が19度目で悲願V 3歳牡馬クラシック第2戦「第85回東京優駿(日本ダービー)」(G1、芝2400メートル)が27日、東京競馬10Rで行われ、福永祐一騎手騎乗の5番人気ワグネリアン(牡3=友道厩舎)が優勝。平成最後のダービーの舞台でG1初制覇を果たした。 中団やや前目につけたワグネリアン。早めに進出して、...

気鋭の種牡馬×名牝シーザリオ。サートゥルナーリアは、すごい評判!

1: 名無しさん 2018年05月27日 07:45:36 ID:0.net

気鋭の種牡馬×名牝シーザリオ。サートゥルナーリアは、すごい評判! 厳選!2歳馬情報局(2018年版) 第1回:サートゥルナーリア 2018年のGI日本ダービー(東京・芝2400m)が終わると、早くも来週からは2019年のダービーを目指す、新たな戦いが始まる。 熾烈な争いに挑むのは、2016年生まれの2歳馬たち。次週から1年後の春の大舞台に向けて、続々とデビューしていくこと...
http://keiba-o.com/