タグ「桜花賞」|競馬ニュース速報掲示板 けいばおー

タグ「桜花賞」

「桜花賞」と一緒に検索されているワード

  • 桜花賞 結果,
  • 桜花賞 2017,
  • 桜花賞 過去,
  • 桜花賞 予想,
  • 桜花賞 賞金,
  • 桜花賞 アーモンドアイ,
  • 桜花賞 オッズ,
  • 桜花賞 トライアル,
  • 桜花賞馬,
  • 桜花賞2016,
  • 桜花賞2016年,
  • 桜花賞2016予想,
  • 桜花賞 予想オッズ,
  • 桜花賞2016 出走馬,
  • 桜花賞予想2016,
  • 桜花賞2016年予想,
  • 桜花賞2016サイン

気鋭の種牡馬×名牝シーザリオ。サートゥルナーリアは、すごい評判!

1: 名無しさん 2018年05月27日 07:45:36 ID:0.net

気鋭の種牡馬×名牝シーザリオ。サートゥルナーリアは、すごい評判! 厳選!2歳馬情報局(2018年版) 第1回:サートゥルナーリア 2018年のGI日本ダービー(東京・芝2400m)が終わると、早くも来週からは2019年のダービーを目指す、新たな戦いが始まる。 熾烈な争いに挑むのは、2016年生まれの2歳馬たち。次週から1年後の春の大舞台に向けて、続々とデビューしていくこと...

2回東京競馬最終日(5月27日・日曜日)予想・橋本 千春

1: 名無しさん 2018年05月26日 15:35:19 ID:0.net

2回東京競馬最終日(5月27日・日曜日)予想・橋本 千春 東京10R「ダービー」芝2400? ★混戦だからこそ原点に戻り、ダノンプレミアムの底力を信頼★ ◎1ダノンプレミアム ○8ブラストワンピース ▲10ステイフーリッシュ △6ゴーフォザサミット、15ステルヴィオ オークスは桜花賞馬アーモンドアイの強さが際立った。一転、ダービーは大混戦。 「混戦だからこそ、原点に返る...

元ダービージョッキーは言う。あの「評価ガタ落ちの1頭」は侮れない

1: 名無しさん 2018年05月26日 07:45:19 ID:0.net

元ダービージョッキーは言う。あの「評価ガタ落ちの1頭」は侮れない ダービージョッキー 大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」 前回も触れた「日本競馬の顔」とも言われる東京競馬場は、ファンのみなさんにとっても見応えのあるスケールの大きな競馬場だと思いますが、馬主さんや調教師、厩務員など、馬に携わる者にとっても特別な競馬場と言えます。レースに乗っている騎手も、大...

【有力2歳馬情報】大阪スポニチ競馬班POG座談会&推奨馬

1: 名無しさん 2018年05月25日 18:21:33 ID:0.net

【有力2歳馬情報】大阪スポニチ競馬班POG座談会&推奨馬 【オサム】ほな、毎年恒例の“ユルい”POG座談会始めましょか。座長はもちろん、このわたくし。とりあえず生ビールで乾杯しましょ。 【小林】相変わらず、のんびり構えてますね。トレセンに良血馬が続々と入厩し取材合戦も始まってますから。ちょっとは慌ててもらわんと。今年は絶対に“結果”を出さないと。...

「ドングリころころ」葵ステークス 藤川京子の今日この頃

1: 名無しさん 2018年05月25日 15:50:26 ID:0.net

「ドングリころころ」葵ステークス 藤川京子の今日この頃 微妙なメンバーが集まったというより、持ち時計はそれほどでもないのですが、勝って来たりそれなりの成績を残して来た馬達が集まった印象です。中にはまだ実力タイムを出していない馬も多そうです。ここ最近は、阪神のタイムが早くなり、鵜呑みに出来ない事が多いので、持ち時計だけでなく馬場差も良く考えて...

【有力2歳馬情報】ヴィルシーナ初子ブラヴァス 友道師「本当にいい馬」

1: 名無しさん 2018年05月25日 15:49:04 ID:0.net

【有力2歳馬情報】ヴィルシーナ初子ブラヴァス 友道師「本当にいい馬」 ◇西のトップステーブル友道厩舎 さすがは西のトップステーブルだけあって、ズラリと良血馬がそろった。まずはヴィルシーナの初子となる『ブラヴァス』(牡、父キングカメハメハ)に注目したい。母は牝馬3冠がいずれもジェンティルドンナの2着。4、5歳時にヴィクトリアマイルを連覇した。友道師は「本当に...

【有力2歳馬情報】注目!新種牡馬ジャスタウェイ産駒アドマイヤジャスタ

1: 名無しさん 2018年05月25日 15:30:13 ID:0.net

【有力2歳馬情報】注目!新種牡馬ジャスタウェイ産駒アドマイヤジャスタ ◇岡崎記者「速攻系セレクション」 ダービーが終われば、待ちに待った2歳戦のスタートだ。栗東トレセンでも、緑ゼッケンを着けた2歳馬が日増しに増えてきた。この中に来春のクラシックの主役はいるのだろうか!?実は近年の早期デビュー組には大物があふれかえっている。昨年の代表格は最優秀2歳牡馬に選ば...

【日本ダービー】皐月賞12着オウケンムーンに反撃の余地は残されているのか?

1: 名無しさん 2018年05月24日 21:35:00 ID:0.net

【日本ダービー】皐月賞12着オウケンムーンに反撃の余地は残されているのか? 【日本ダービー(日曜=27日、東京芝2400メートル)美浦トレセン発秘話】オークスから2日後の美浦トレセン。国枝栄調教師に優勝馬アーモンドアイのレース後の様子を尋ねると、こんな声が返ってきた。 「今回?しっかり競馬をしてきたから、さすがに息は乱れていたなあ」 レコードVの桜花賞直後でも、...

【日本ダービー】勢い止まらぬ“シルク軍団”アーモンドアイに続きブラストワンピースで牡牝頂点制覇か?

1: 名無しさん 2018年05月24日 21:34:19 ID:0.net

【日本ダービー】勢い止まらぬ“シルク軍団”アーモンドアイに続きブラストワンピースで牡牝頂点制覇か? 【日本ダービー(日曜=27日、東京芝2400メートル)シルク軍団直撃インタビュー】正月競馬の重賞3連勝(中山金杯→フェアリーS→シンザン記念)から始まった“シルク軍団”の勢いが止まらない。その原動力になっているのは、クラブに2012年阪神JF(ローブティサージュ)以来のGIタイトルをもたらし...

◎か、スパッと切るか。ダノンプレミアムこそ、ダービー最大の悩みだ

1: 名無しさん 2018年05月24日 07:35:43 ID:0.net

◎か、スパッと切るか。ダノンプレミアムこそ、ダービー最大の悩みだ 今週末27日、東京競馬場では”競馬の祭典”と称される、3歳馬の頂点を決める大一番・GI日本ダービー(芝2400m)が行なわれる。まずはここまでの牡馬クラシック戦線を簡単に振り返ってみよう。 2歳王者ダノンプレミアムは年明け初戦の弥生賞も快勝 今年の牡馬クラシック戦線は当初、昨年の最優秀2歳牡馬...

【日本ダービー】ダノンプレミアム騎乗の川田将雅が語りつくす「ジョッキーの流儀」

1: 名無しさん 2018年05月23日 21:34:31 ID:0.net

【日本ダービー】ダノンプレミアム騎乗の川田将雅が語りつくす「ジョッキーの流儀」 【日本ダービー(日曜=27日、東京芝2400メートル)童顔のオッサン記者・江川が直撃】2016年にマカヒキを勝利に導き、名誉ある「ダービージョッキー」の称号を手にした川田将雅(32)が、今年は4戦無敗のダノンプレミアムとタッグを組み、2度目の頂点を狙う。挫石により皐月賞をパスせざるを得...

【日本ダービー】サミット、実力測定 将来の飛躍見据える

1: 名無しさん 2018年05月23日 07:00:00 ID:0.net

【日本ダービー】サミット、実力測定 将来の飛躍見据える 静内にある矢野牧場は大正時代創業の老舗。ゴーフォザサミットは12年大阪杯優勝など大活躍したショウナンマイティの7歳下の半弟。ハーツクライと種付けした14年、母ラグジャリーは16歳だった。矢野亨憲代表(36)は「種牡馬はトレンド重視。ジャスタウェイが活躍した頃だった。ただ、母はうちの繁殖...

怪物級アーモンド、オークスVから一夜 陣営も脱帽「強い」

1: 名無しさん 2018年05月22日 07:00:00 ID:0.net

怪物級アーモンド、オークスVから一夜 陣営も脱帽「強い」 オークスで史上14頭目の牝馬2冠に輝いたアーモンドアイ(牝3=国枝)が激戦から一夜明けた21日、美浦トレセンで元気な姿を見せた。昨晩は午後8時すぎに帰厩。「長い距離を走って前走よりは疲れているが、昨日の夜にあげたカイバは完食した」と担当の根岸助手が無事を伝えた。 挑戦者だった桜花賞から...

【オークス・後記】楽勝で2冠達成アーモンドアイ 3冠どころじゃない世界制覇の目

1: 名無しさん 2018年05月21日 20:32:55 ID:0.net

【オークス・後記】楽勝で2冠達成アーモンドアイ 3冠どころじゃない世界制覇の目 20日、東京競馬場で行われた3歳牝馬2冠目の第79回オークス(芝2400メートル)は、圧倒的1番人気に支持されたアーモンドアイ(国枝)が快勝した。桜花賞に続いての圧勝劇。厩舎の先輩で5冠馬のアパパネと肩を並べるのか、それともその上を行くのか――。レースを振り返るとともに今後の可能性を検証...

【オークス・後記】3着ラッキーライラック アーモンドアイとの差が開きショック隠せず

1: 名無しさん 2018年05月21日 20:30:55 ID:0.net

【オークス・後記】3着ラッキーライラック アーモンドアイとの差が開きショック隠せず 20日に行われた第79回オークス(東京競馬場=芝2400メートル)で2歳女王ラッキーライラックは3着に終わった。 圧勝したアーモンドアイとの差は桜花賞の0秒3から0秒6へ。距離延長を味方に逆転をもくろんだが、かえってその差は開いてしまった。これには騎乗した石橋も歯切れが悪い。 「出たなり...
http://keiba-o.com/