タグ「産駒」|競馬ニュース速報掲示板 けいばおー

タグ「産駒」

「産駒」と一緒に検索されているワード

  • 産駒 特徴,
  • 産駒成績,
  • 産駒 英語,
  • 産駒勝利数,
  • 産駒別成績,
  • 産駒一覧,
  • 産駒 2018,
  • 産駒 リーディング,
  • 三駒屋 倒産,
  • 産駒,
  • 産駒とは,
  • 産駒 特徴,
  • 産駒成績 ランキング,
  • 産駒 英語,
  • サンクコスト,
  • 産駒の特徴,
  • 産駒 雨

【菊花賞】ブラストワンピース、夏の新潟から異例のローテでラスト1冠狙う!

1: 名無しさん 2018年10月16日 06:02:06 ID:0.net

【菊花賞】ブラストワンピース、夏の新潟から異例のローテでラスト1冠狙う! ◆第79回菊花賞・G1(10月21日、芝3000メートル、京都競馬場) 今年の3冠最終戦、第79回菊花賞・G1(21日、京都)は混戦必至。新潟記念で古馬を撃破したブラストワンピースが勢いに乗ってラスト1冠をもぎとるか。 ブラストワンピースが異例のステップで淀の3000メートルでのラスト1...

【秋華賞・後記】GI初挑戦で4着サラキア 池添「直線でもう一度伸びてくれた」

1: 名無しさん 2018年10月15日 21:31:56 ID:0.net

【秋華賞・後記】GI初挑戦で4着サラキア 池添「直線でもう一度伸びてくれた」 14日の第23回秋華賞(京都芝内2000メートル)で、ローズS・2着からの巻き返しを狙ったサラキアは4着だった。馬券圏内に入ることはできなかったが、今回が初めてのGI挑戦だったことを考えれば、上々の内容と言えるかもしれない。 手綱を取った池添も「返し馬までは気合が乗っていい感じでした。ゲ...

【菊花賞】エポカドーロ 2冠へ巻き返す!中間の調整は順調

1: 名無しさん 2018年10月15日 07:00:00 ID:0.net

【菊花賞】エポカドーロ 2冠へ巻き返す!中間の調整は順調 皐月賞との2冠を狙うエポカドーロは、秋初戦の神戸新聞杯で4着に敗れた。「こちらの思惑通りにいかなかった。出遅れもあったが“タラレバ”を言っても仕方ない」。藤原英師も不満の残る内容だったが、中間の調整は順調。「調教の動きは悪くない。オルフェーヴル産駒で把握できてない面もある。適性はやってみ...

【菊花賞】ブラスト ラスト1冠譲れない!成長一途で能力上位

1: 名無しさん 2018年10月15日 07:00:00 ID:0.net

【菊花賞】ブラスト ラスト1冠譲れない!成長一途で能力上位 今週は牡馬3冠最終戦、G1「第79回菊花賞」(21日)が行われる。神戸新聞杯を制したダービー馬ワグネリアンが不在。混戦を一歩抜け出すのは新潟記念で35年ぶりの3歳Vを飾ったブラストワンピースだ。ダービー5着以外は負けなしの大器。古馬撃破の力でクラシック最後の1冠獲りに挑む。今秋新企画の...

【菊花賞展望】ダービー上位組のエポカドーロ、エタリオウ、ブラストワンピースに注目

1: 名無しさん 2018年10月14日 21:07:31 ID:0.net

【菊花賞展望】ダービー上位組のエポカドーロ、エタリオウ、ブラストワンピースに注目 3歳クラシックの3冠目となる第79回菊花賞は21日、京都競馬場の芝3000メートルを舞台に行われる。 35年ぶり3歳馬の新潟記念Vから異例のステップで挑むブラストワンピース(牡3歳、美浦・大竹正博厩舎=ハービンジャー産駒)。2番人気に推された日本ダービーは直線の進路取りに苦しみ5着に敗...

【東京3R新馬戦】アルバートの半妹フォークテイルがデビュー勝ち!石川「素質のある馬だと思います」

1: 名無しさん 2018年10月14日 13:18:34 ID:0.net

【東京3R新馬戦】アルバートの半妹フォークテイルがデビュー勝ち!石川「素質のある馬だと思います」 10月14日の東京3R・2歳新馬戦(芝1600メートル=18頭立て)は、2番人気のロードカナロア産駒フォークテイル(牝、美浦・中川公成厩舎)が、直線で抜け出して初勝利を挙げた。ステイヤーズS3連覇やダイヤモンドSを制したアルバート(父アドマイヤドン)の半妹。勝ち時計は1分36秒8。 大...

【東京新馬戦】オルフェーヴル産駒ラストヌードルがデビュー勝ち! フィエールマンの半弟で手塚調教師「来週へ、いい弾みになった」

1: 名無しさん 2018年10月14日 12:19:21 ID:0.net

【東京新馬戦】オルフェーヴル産駒ラストヌードルがデビュー勝ち! フィエールマンの半弟で手塚調教師「来週へ、いい弾みになった」 10月14日の東京4R・2歳新馬戦(芝1800メートル=15頭立て)は、2番人気のオルフェーヴル産駒のラストヌードル(牡、美浦・手塚貴久厩舎)が、直線で鋭く追い込んでデビュー勝ちを飾った。来週の菊花賞に出走予定のフィエールマン(父ディープインパクト)の半弟で、きょうだいを管理する手塚調...

兄サトノダイヤモンドとはひと味違う、サトノジェネシスの重厚な特質

1: 名無しさん 2018年10月14日 06:15:36 ID:0.net

兄サトノダイヤモンドとはひと味違う、サトノジェネシスの重厚な特質 厳選!2歳馬情報局(2018年版) 第21回:サトノジェネシス 10月8日に行なわれたGII京都大賞典(京都・芝2400m)で、サトノダイヤモンド(牡5歳)が約1年半ぶりの勝利を飾った。同馬がトップでゴール板を駆け抜けたあと、スタンドからは大きな拍手が起こった。 それだけ、多くのファンがこの馬の復活を...

日本軽種馬協会がデクラレーションオブウォーを輸入へ…米の新種牡馬

1: 名無しさん 2018年10月14日 06:00:16 ID:0.net

日本軽種馬協会がデクラレーションオブウォーを輸入へ…米の新種牡馬 日本軽種馬協会は13日、米国でけい養中の種牡馬デクラレーションオブウォー(牡9歳)の導入を発表した。11月下旬に輸入され、検疫を経て12月下旬に北海道新ひだか町の静内種馬場に到着する予定になっている。 ダンジグ産駒のウォーフロントを父に持つ同馬は、現役時代に13年クイーンアンS、英イン...

【大原S】武豊ウオッカ産駒初騎乗タニノフランケルでV

1: 名無しさん 2018年10月13日 21:10:13 ID:0.net

【大原S】武豊ウオッカ産駒初騎乗タニノフランケルでV 13日の京都11R・大原Sは1番人気のタニノフランケル(牡3=中竹、父フランケル)が2番手から押し切った。 「いいペースで走れたし、最後までしぶとかったですね」と武豊。母ウオッカは自身の手綱でG13勝。その産駒に乗るのは初めて。「乗っていて懐かしく感じました。一緒に勝ててうれしいですね...

【大原S】タニノフランケルが4勝目 武豊はウオッカ産駒に初騎乗初勝利「懐かしく感じた」

1: 名無しさん 2018年10月13日 16:16:55 ID:0.net

【大原S】タニノフランケルが4勝目 武豊はウオッカ産駒に初騎乗初勝利「懐かしく感じた」 10月13日の京都11R・大原S(3歳上1600万、芝2000メートル=11頭立て)は、武豊騎手騎乗のタニノフランケル(牡3歳、栗東・中竹和也厩舎)が2番手から伸びて4勝目をゲット。オープン入りを決めた。勝ちタイムは2分1秒1。 アテンフェスタを先に行かせて2番手をキープ。絶好の手応え...

「アーモンドアイに一泡吹かせる女を捜せ」 秋華賞 藤川京子の今日この頃

1: 名無しさん 2018年10月13日 15:21:22 ID:0.net

「アーモンドアイに一泡吹かせる女を捜せ」 秋華賞 藤川京子の今日この頃 天敵のアーモンドアイに、何度も悔しい思いをさせられているラッキーライラック。決着がついてしまっている感もありますが、時は秋になり、女心と秋の空です。アーモンドアイだって女です。気分が乗らなければという期待をしてしまうのは希望的観測でしょうか。人気はアーモンドアイに一点集中しています。こ...

【東京7R500万】ジナンボー、1年4か月ぶり復帰戦を制す…母アパパネが3冠達成の秋華賞の週に

1: 名無しさん 2018年10月13日 14:53:14 ID:0.net

【東京7R500万】ジナンボー、1年4か月ぶり復帰戦を制す…母アパパネが3冠達成の秋華賞の週に 10月13日の東京7R・3歳上500万(芝2000メートル=11頭立て)は、3冠牝馬アパパネの2番子でディープインパクト産駒のジナンボー(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)が勝利。新馬戦以来、ザ石による1年4か月ぶりの復帰戦を制し、休養を挟んでデビュー2連勝を決めた。勝ち時計は2分0秒2。 1...

【東京4R新馬戦】外国産馬スマートグランダムが快勝…加藤征調教師「距離を延ばしてよさそう」

1: 名無しさん 2018年10月13日 13:55:17 ID:0.net

【東京4R新馬戦】外国産馬スマートグランダムが快勝…加藤征調教師「距離を延ばしてよさそう」 10月13日の東京4R・新馬(ダート1400メートル=16頭立て)は、テイルオブザキャット産駒の外国産馬スマートグランダム(牝2歳、美浦・加藤征弘厩舎)が1番人気に応えた。勝ち時計は1分27秒4。 外めの3番手で運ぶと、直線では余裕を持って追い出しを開始。残り200メートルで先頭に立ち...

【東京新馬戦】ルーラーシップ産駒のパッシングスルー切れ味発揮!池添「いい脚を使ってくれた」

1: 名無しさん 2018年10月13日 13:24:17 ID:0.net

【東京新馬戦】ルーラーシップ産駒のパッシングスルー切れ味発揮!池添「いい脚を使ってくれた」 10月13日の東京5R・2歳新馬戦(芝1600メートル=18頭立て)は、2番人気のルーラーシップ産駒のパッシングスルー(牝、美浦・黒岩陽一厩舎)が、鋭い差し脚を見せてデビュー勝ちを飾った。勝ち時計は1分35秒8。 スタートはひと息で道中は中団の位置をキープ。淡々としたペースで流れるなか...
http://keiba-o.com/