タグ「美浦トレセン発秘話」|競馬ニュース速報掲示板 けいばおー

タグ「美浦トレセン発秘話」

「美浦トレセン発秘話」と一緒に検索されているワード

来年のフェブラリーS 東の注目若駒を言わずにはいられない

1: 名無しさん 2019年02月14日 21:34:25 ID:0.net

来年のフェブラリーS 東の注目若駒を言わずにはいられない 【美浦トレセン発秘話】来年のことを言えば鬼が笑うという。だが、言わずにはいられない。西高東低の図式がとりわけ顕著なのがダート路線で、フェブラリーSがGI昇格後、関東馬のVはわずかに3回。昨年ノンコノユメが制するまで実に19連敗(地方競馬所属馬Vが1回)を記録した。今年のフェブラリーSも東...

【京都記念】ハートレー陣営が復活に手応え「セン馬の体になじんだ」

1: 名無しさん 2019年02月07日 21:34:43 ID:0.net

【京都記念】ハートレー陣営が復活に手応え「セン馬の体になじんだ」 【京都記念(日曜=10日、京都芝外2200メートル)美浦トレセン発秘話】手塚貴久調教師がかつて当方にこう語ったことがある。 「馬も人もおおかた見た目がすべて。見かけによらないって言葉もあるけど、それがまれだからこそ言うんであってね」 確かにその通りだ。人の体格を見ればおおよその運動能力は...

JRA賞授賞式で見た「人と馬を育てる」チーム国枝の強さ

1: 名無しさん 2019年01月31日 21:35:39 ID:0.net

JRA賞授賞式で見た「人と馬を育てる」チーム国枝の強さ 【美浦トレセン発秘話】「人は馬を育て、名馬はさらに人を育てる」――それを当方に再認識させたのが、28日に取材を兼ねて出席させてもらったJRA賞授賞式だ。 式典で最大の喝采を浴びたのは年度代表馬に選出されたアーモンドアイの関係者だったが、感心させられたのは自然体たるその振る舞い。 壇上の国枝...

全力で応援したい京都遠征のサトノラディウス&ペイシャフェリシタ

1: 名無しさん 2019年01月24日 21:34:14 ID:0.net

全力で応援したい京都遠征のサトノラディウス&ペイシャフェリシタ 【美浦トレセン発秘話】サラブレッドは誕生以前から、人間の意志にあまねく支配される運命にある。血統構成の決定に始まり、入厩先やレースおよび騎手の選択、馬具の装備やカイバの量、場合によっては性転換(去勢手術)に至るまで、人間の都合で生涯の大半が決まっていく。かつて某騎手がレース後の談話を「...

【トレセン発秘話】ベテラン厩務員に聞いた「ファンを悩ます冬場の馬体重」

1: 名無しさん 2019年01月17日 21:35:53 ID:0.net

【トレセン発秘話】ベテラン厩務員に聞いた「ファンを悩ます冬場の馬体重」 【美浦トレセン発秘話】先週東西の古馬オープン計4競走で、10キロ以上の馬体増で出走した馬が9頭いた。とりわけ、明暗が分かれたのが京都開催。14キロ増だったムイトオブリガード(2番人気)は日経新春杯6着、10キロ増のメイショウテッコン(6番人気)は同9着と凡走。対して淀短距離Sで14キロ...

【ホープフルS】ニシノデイジー 4戦のキャリアが「大きな武器」

1: 名無しさん 2018年12月27日 21:02:06 ID:0.net

【ホープフルS】ニシノデイジー 4戦のキャリアが「大きな武器」 【ホープフルS(金曜=28日、中山芝内2000メートル)美浦トレセン発秘話】有馬記念前日の土曜。美浦で朝追いの最中、藤沢和雄調教師が興味深い話を伝えてきた。 「レイデオロを来年も走らせるなら、ジャパンCをスキップしたのは悪くない選択だよ。たとえば30年前の外国産馬。いわゆる(外)馬はたと...

【有馬記念】ブラストワンピース陣営が明かすVへの“2条件”

1: 名無しさん 2018年12月20日 21:33:10 ID:0.net

【有馬記念】ブラストワンピース陣営が明かすVへの“2条件” 【有馬記念(日曜=23日、中山芝内2500メートル)美浦トレセン発秘話】秋のGIシリーズが始まったかと思えば、あっという間のグランプリウイーク。月日の過ぎる早さに年齢を感じずにはいられず、翌週(28日)にはホープフルSという2歳GIも確かに控えているのだが…。有馬記念こそ年末の風物詩。時は...

【朝日杯FS】重賞2勝馬ニシノデイジーをしのぐ?マイネルサーパスの潜在能力

1: 名無しさん 2018年12月13日 21:34:52 ID:0.net

【朝日杯FS】重賞2勝馬ニシノデイジーをしのぐ?マイネルサーパスの潜在能力 【朝日杯FS(日曜=16日、阪神芝外1600メートル)美浦トレセン発秘話】競馬にタラレバが不要であるのは百も承知。それでも関係者さえ時にそれを用いたくなる局面が訪れるのが、競馬の醍醐味かもしれない。 たとえば今春ダービー。レース直後に「もしアーモンドアイが出走していれば、何馬身差で勝った...

【師走S】“綱渡り馬”フェニックスマーク 4戦4勝の中山なら狙える

1: 名無しさん 2018年12月06日 21:32:22 ID:0.net

【師走S】“綱渡り馬”フェニックスマーク 4戦4勝の中山なら狙える 【師走S(土曜=8日、中山ダート1800メートル)美浦トレセン発秘話】時にふと思う。馬券の当たり外れになぜこうも一喜一憂し続けているのだろうと。ただ、思い起こせば幼いころから不安定なものは好きだった。サーカスなら綱渡り、大道芸なら自転車や椅子を使ったアクロバットに魅了され、自分自身も一...

【ジャパンC】アーモンドアイに国枝陣営の想像を超えた「神秘とミラクル」

1: 名無しさん 2018年11月22日 21:33:44 ID:0.net

【ジャパンC】アーモンドアイに国枝陣営の想像を超えた「神秘とミラクル」 【ジャパンカップ(日曜=25日、東京芝2400メートル)美浦トレセン発秘話】「彼女は特別な馬です」 パートナーのアーモンドアイに対して主戦クリストフ・ルメールが頻繁に用いる表現だ。ただ、何をもって「特別」かはいまだ語られず。3冠を制したからか、牝馬のカテゴリーを超える存在だからか、もしく...

【マイルCS】雌伏の時を経たミッキーグローリー&戸崎圭に期待

1: 名無しさん 2018年11月15日 21:33:08 ID:0.net

【マイルCS】雌伏の時を経たミッキーグローリー&戸崎圭に期待 【マイルチャンピオンシップ(日曜=18日、京都芝外1600メートル)美浦トレセン発秘話】先週日曜の京都競馬場で衝撃的な出来事が起きた。第1Rから第11Rエリザベス女王杯に至るまで、勝利騎手の名前が、すべてカタカナで埋め尽くされたのだ(内訳はモレイラ5勝、ルメール3勝、C・デムーロ3勝)...

【エリザベス女王杯】フロンテアクイーン陣営の「情」かノームコア陣営も「非情」か

1: 名無しさん 2018年11月08日 21:33:56 ID:0.net

【エリザベス女王杯】フロンテアクイーン陣営の「情」かノームコア陣営も「非情」か 【エリザベス女王杯(日曜=11日、京都芝外2200メートル)美浦トレセン発秘話】クラシック3冠を制したアーモンドアイが出なければ、牝馬重賞で今季負けなしのディアドラも不在。強者不在の今年のエリザベス女王杯は、ある意味で多様化したJRA・GIの形骸化を意味する皮肉な女王決定戦である。しかし...

【JBCクラシック】サウンドトゥルー 中央開催でも連覇の“伝統”引き継ぐ

1: 名無しさん 2018年11月01日 21:33:22 ID:0.net

【JBCクラシック】サウンドトゥルー 中央開催でも連覇の“伝統”引き継ぐ 【JBCクラシック(日曜=11月4日、京都ダート1900メートル)美浦トレセン発秘話】JBCが創設18年目にして舞台を中央に移して開催される。主催者の潤いを考えれば地方開催がベターなのだろうが、あえて地方側からJRAに依頼した大きな理由が「JBCの知名度のアップ」だという。今開催を捨て...

【アルテミスS】北海道で経験値積んだアフランシール&ウインゼノビアに注目

1: 名無しさん 2018年10月25日 21:33:22 ID:0.net

【アルテミスS】北海道で経験値積んだアフランシール&ウインゼノビアに注目 【アルテミスS(土曜=27日、東京芝1600メートル)美浦トレセン発秘話】フィエールマンを担当する名畑俊助手が先週、美浦で記者に、こんな言葉を投げかけてきた。 「夏に無理せずオーバーホールしたことで体がたくましくなり、デビュー以来、一番の状態に仕上がりました。これ冗談じゃなく、スローのヨ...

【菊花賞】グロンディオーズ 鞍上モレイラの反骨騎乗見られるか

1: 名無しさん 2018年10月18日 21:32:36 ID:0.net

【菊花賞】グロンディオーズ 鞍上モレイラの反骨騎乗見られるか 【菊花賞(日曜=21日、京都芝外3000メートル)美浦トレセン発秘話】先週木曜(11日)の美浦ではジョアン・モレイラのJRA騎手試験不合格がトレセンの話題を一手に集めていた。 「他の国なら三顧の礼を尽くしてでも迎え入れたいスーパージョッキー。それがあっさり不合格なんだから…。日本の競馬に...
http://keiba-o.com/