タグ「課題」|競馬ニュース速報掲示板 けいばおー

タグ「課題」

「課題」と一緒に検索されているワード

  • 課題,
  • 課題図書,
  • 課題とは,
  • 課題曲,
  • 課題 意味,
  • 課題解決,
  • 課題管理表
  • 課題の分離,
  • 課題 問題,
  • 課題図書,
  • 課題とは,
  • 課題 英語,
  • 課題整理総括表 記入例,
  • 課題整理総括表,
  • 課題図書 2018,
  • 課題管理表

【大阪スポーツ杯】ヴェンジェンスが3馬身半差の快勝 1番人気コパノキッキングは4着

1: 名無しさん 2018年09月22日 16:34:22 ID:0.net

【大阪スポーツ杯】ヴェンジェンスが3馬身半差の快勝 1番人気コパノキッキングは4着 9月22日の阪神11R・大阪スポーツ杯(3歳上1600万、ダート1400メートル、12頭立て)は、4番人気のヴェンジェンス(牡5歳、父カジノドライヴ、栗東・大根田裕之厩舎)が直線で抜け出し快勝。オープン入りを決めた。勝ちタイムは1分21秒6。 道中は中団外を追走。3コーナー手前でスパー...

【中山2R2歳未勝利】ヴァルドワーズが手応え良く抜け出し勝利も「気性が前向き過ぎる」と石橋

1: 名無しさん 2018年09月22日 11:52:54 ID:0.net

【中山2R2歳未勝利】ヴァルドワーズが手応え良く抜け出し勝利も「気性が前向き過ぎる」と石橋 9月22日の中山2R・2歳未勝利(芝1200メートル、牝馬限定=16頭立て)は、ダノンシャンティ産駒のヴァルドワーズ(牝2歳、美浦・和田正一郎厩舎)が1番人気に応え、2戦目で初勝利を挙げた。勝ち時計は1分9秒4。 道中は9番手。4コーナーで外から進出し、5番手で直線に向くと、反応良く伸...

【新馬勝ち2歳総点検・中山】ブルーグローブ 折り合い面に課題

1: 名無しさん 2018年09月20日 21:30:30 ID:0.net

【新馬勝ち2歳総点検・中山】ブルーグローブ 折り合い面に課題 【新馬勝ち2歳総点検・中山】 ★土曜(15日)芝外1600メートル=ブルーグローブが早め先頭から押し切り勝ち。 後続に競りかけられる形で向正面からペースアップを余儀なくされたが、そこからのゴールまでのラップタイムが11秒7→11秒6→11秒8→12秒0。長く脚を使って水準以上の持久力をアピー...

4回中山競馬3日目(9月15日・土曜日)予想・橋本 千春

1: 名無しさん 2018年09月14日 15:13:59 ID:0.net

4回中山競馬3日目(9月15日・土曜日)予想・橋本 千春 中山11R「レインボーS」芝2000? ★条件MAX、レッドローゼスが一気呵成に2連勝達成★ ◎9レッドローゼス ○4シャルドネゴールド ▲6アウトライアーズ △1サトノグラン、11ドレッドノータス 人気でもレッドローゼスには逆らえない。 「中山は、<2320>と複勝率10割を継続中のベストコース。休み明けのHTB賞を快勝、状...

3強不在のローズS。サ行の名前の3頭が「流石に勝てる」と囁いている

1: 名無しさん 2018年09月14日 07:15:14 ID:0.net

3強不在のローズS。サ行の名前の3頭が「流石に勝てる」と囁いている 9月16日の阪神競馬場では、3歳牝馬によるGI秋華賞(10月14日)のトライアルレース、GIIローズS(芝1800m)が行なわれる。 今春の牝馬クラシックは、アーモンドアイがGI桜花賞とGIオークスの2冠を制覇。ラッキーライラックが桜花賞2着、オークス3着、リリーノーブルが桜花賞3着、オークス2着と、3頭...

【ローズS】アンコールプリュ、弔い星だ!北海道の地震で犠牲となった同じ金子真人オーナーのミスアンコールに勝利ささげる

1: 名無しさん 2018年09月12日 06:02:15 ID:0.net

【ローズS】アンコールプリュ、弔い星だ!北海道の地震で犠牲となった同じ金子真人オーナーのミスアンコールに勝利ささげる ◆第36回ローズS・G2(9月16日・芝1800メートル、阪神競馬場) 秋華賞トライアルの第36回ローズS・G2(16日、阪神=3着まで本番への優先出走権)で巻き返しを狙うのは、春のG1・2戦で不発に終わったアンコールプリュ。「使い込むとだんだんテンションが上がってくる。春に比べれば落ち...

【次回注目馬】良化の余地が大きいデルマエトワール 菊沢「芝の走りはすごく良かった」

1: 名無しさん 2018年09月10日 11:45:24 ID:0.net

【次回注目馬】良化の余地が大きいデルマエトワール 菊沢「芝の走りはすごく良かった」 ◆デルマエトワール(9月8日、中山5R・2歳新馬、芝2000メートル=7着) オールカマーなど重賞3勝のシンゲン、主に芝の中距離で計6勝を上げたヤングアットハートを半兄に持ち、直線では後方からじりじりと脚を伸ばしたが、外にもたれるような面が見られた。 菊沢は「まだスタンドを気にしたりして...

【京成杯AH】ミッキーグローリー重賞初V 脚部不安乗り越え悲願のタイトルゲット

1: 名無しさん 2018年09月10日 06:00:51 ID:0.net

【京成杯AH】ミッキーグローリー重賞初V 脚部不安乗り越え悲願のタイトルゲット 「京成杯AH・G3」(9日、中山) マイル界に新星が誕生した。1番人気のミッキーグローリーが直線外から追い込んでV。連勝で重賞初制覇を決めた。この秋の目標はもちろんマイルCS(11月18日・京都)。脚部不安を乗り越えたディープインパクト産駒の素質馬が、マイル戦線の主役の座を狙う。2着は...

【POG】ブラックダンサー好位差しで初戦突破 M・デムーロ「真面目な馬」

1: 名無しさん 2018年09月10日 06:00:51 ID:0.net

【POG】ブラックダンサー好位差しで初戦突破 M・デムーロ「真面目な馬」 「2歳新馬」(9日、阪神) 3番人気のブラックダンサー(牝2歳、父ブラックタイド、母クーリドフレイズ、栗東・高野)が好位追走から、直線馬場の真ん中を通って差し切った。 「真面目な馬。スタートが良かったし、いい位置でレースができました。直線も馬なりで伸びてくれた」とM・デムーロ。高野師は...

【阪神6R新馬戦】ブラックダンサーが良血2頭を抑えてデビューV Mデムーロ「馬なりで伸びてくれた」

1: 名無しさん 2018年09月09日 13:55:16 ID:0.net

【阪神6R新馬戦】ブラックダンサーが良血2頭を抑えてデビューV Mデムーロ「馬なりで伸びてくれた」 9月9日の阪神6R・新馬戦(牝馬限定、芝1400メートル、10頭立て)は、好位で運んだ3番人気のブラックダンサー(牝2歳、父ブラックタイド、栗東・高野友和厩舎)が直線で抜け出し、初陣を飾った。勝ちタイムは1分23秒6(稍重)。 五分のスタートを決めると、少し促されてインの4番手へ。その...

【阪神新馬戦】ブラックダンサー初陣快勝 Mデムーロ「馬なりで伸びた」

1: 名無しさん 2018年09月09日 13:21:33 ID:0.net

【阪神新馬戦】ブラックダンサー初陣快勝 Mデムーロ「馬なりで伸びた」 9日の阪神6R牝馬限定の新馬戦(芝1400メートル)は、すんなり好位につけた3番人気ブラックダンサー(高野、父ブラックタイド)が直線抜け出し、後続を寄せつけなかった。祖母ゴレラが米G1ビヴァリーDステークスを制している血統馬。 M・デムーロは「スタートが良かったし、まじめな馬。いいとこ...

【新馬勝ち2歳総点検・小倉】クロノジェネシス 真価の見極めは昇級戦で

1: 名無しさん 2018年09月05日 21:30:48 ID:0.net

【新馬勝ち2歳総点検・小倉】クロノジェネシス 真価の見極めは昇級戦で 【新馬勝ち2歳総点検・小倉】 ★日曜(2日)芝1800メートル=1番人気で勝利したクロノジェネシスは半姉に今年のフラワーC、フローラSともに3着のノームコアがいる血統。スローペースの中、好位のインで脚をため、直線では逃げた2着馬を捕らえて2馬身突き放す盤石のレースぶり。完成度の差で他を大...

【紫苑S】オハナ、放牧で充電十分

1: 名無しさん 2018年09月04日 07:00:00 ID:0.net

【紫苑S】オハナ、放牧で充電十分 オハナはオークスで17着に大敗。森助手は「体は良かったが精神的なもの。気持ちが途切れてしまった」と敗因を振り返る。その後は放牧で英気を養い、秋の始動戦へ。「牧場からいい状態で帰ってきた。競馬に向けて、調教で気持ちを乗せていければ」と話す。前走時の体重が414キロ。「まだまだ小柄で、もう...

菜七子、“鬼門”の船橋で初勝利狙う 2R&10Rに騎乗予定

1: 名無しさん 2018年09月04日 07:00:00 ID:0.net

菜七子、“鬼門”の船橋で初勝利狙う 2R&10Rに騎乗予定 藤田菜七子(21)は4日の船橋競馬に参戦、2鞍に騎乗する。2日の新潟でJRA開催3週連続Vを決めてから中1日の強行軍となるが、「まだまだ技術的に未熟。特にパワーのある馬をコントロールするのが課題」と貪欲に語る菜七子にとって今は騎乗機会が最優先だ。意外にも船橋ではこれまで26戦して0勝。...

【小倉2歳S・後記】着差以上の完勝ファンタジスト 朝日杯FSへのテーマは?

1: 名無しさん 2018年09月03日 21:31:20 ID:0.net

【小倉2歳S・後記】着差以上の完勝ファンタジスト 朝日杯FSへのテーマは? 小倉開催のフィナーレを飾るGIII小倉2歳S(2日=芝1200メートル)は、3番人気のファンタジスト(牡・梅田)が直線で豪快に突き抜けて快勝。鞍上の武豊は昨年のアサクサゲンキに続く連覇となった。夏の収穫を手に暮れのGIへ大きく羽ばたけるのか?さっそく検証する。 「平成最後の小倉の重賞を勝...
http://keiba-o.com/