タグ「18日」|競馬ニュース速報掲示板 けいばおー

タグ「18日」

「18日」と一緒に検索されているワード

  • 18日 天気,
  • 18日の天気,
  • 18日 英語,
  • 18日 花火大会,
  • 18日の金曜日,
  • 18日 イベント,
  • 18日の東京の天気,
  • 18日 天気 舞浜,
  • 18日以降,
  • 18日のオーストラリア asx,
  • 18日のオーストラリア asx指数,
  • 1 8日本語入力mod,
  • 1 8日本語mod,
  • 1 8日本語化mod

ハッシーの中央競馬新馬セレクション(8/18札幌・8/19札幌)

1: 名無しさん 2018年08月17日 15:15:50 ID:0.net

ハッシーの中央競馬新馬セレクション(8/18札幌・8/19札幌) 【今週デビューの注目馬】 ☆ピンクブロッサム 2018年8月18日(土)札幌第5R芝1500m戦に出走予定のピンクブロッサム。馬名の由来は「花の名前」。牝、栗毛、2016年1月25日生。栗東・中内田充正厩舎。父ハービンジャー、母ルナレガーロ、母父アドマイヤムーン。生産は安平町・ノーザンファーム、馬主はH.H.シェ...

2回新潟競馬7日目(8月18日・土曜日)予想・橋本 千春

1: 名無しさん 2018年08月17日 15:01:43 ID:0.net

2回新潟競馬7日目(8月18日・土曜日)予想・橋本 千春 新潟11R「日本海S」芝2200? ★重賞、オープンで好戦して来たレジェンドセラーの底力を信頼★ ◎2レジェンドセラー ○4ポポカテペトル ▲7ルックトゥワイス △6ケイティクレバー 展開に紛れのない7頭立てなら、レジェンドセラーの底力を素直に信頼したい。 「この条件は昨秋、オリオンSを快勝しているように、実力を...

荒れる函館記念。巴賞組2頭と洋芝巧者1頭が「ボチボチ勝つ」と立候補

1: 名無しさん 2018年07月14日 07:15:31 ID:0.net

荒れる函館記念。巴賞組2頭と洋芝巧者1頭が「ボチボチ勝つ」と立候補 “穴党”にとって、待ちに待った重賞がやってきた――。7月15日に行なわれるGIII函館記念(函館・芝2000m)のことである。 それほど、このレースは”荒れる”重賞として定着している。 1番人気は2006年以来、勝っていない。そのうえ、過去10年の結果を見てみると、ふた桁人気の大穴が馬券圏内に絡んだ年が5回...

安田記念の伏兵3頭。うち1頭は「くれば遊んで暮らせる」大ボーナス

1: 名無しさん 2018年06月01日 07:35:36 ID:0.net

安田記念の伏兵3頭。うち1頭は「くれば遊んで暮らせる」大ボーナス 日本ダービーの熱狂が冷めやらぬなか、東京競馬場ではGI5連続開催の最終戦となるGI安田記念(6月3日/東京・芝1600m)が行なわれる。 舞台となる東京・芝1600mは、古くから「ごまかしの利かないコース設定」と言われ、同舞台で行なわれるレースは、実績馬が人気どおりの実力を見せるイメージが強か...

エポカドーロが「皐月賞は恵まれた」を覆し、ダービーも勝つ可能性は?

1: 名無しさん 2018年05月23日 07:35:45 ID:0.net

エポカドーロが「皐月賞は恵まれた」を覆し、ダービーも勝つ可能性は? 新馬は、デビュー戦でどの騎手を乗せたか、そして1勝した次のレースでどのレースを使ったか、そこを見れば、おおよその期待度がわかるという。 その点からすると、クラシック第1弾の皐月賞(4月15日/中山・芝2000m)を勝ったエポカドーロは、当初あまり大きな期待を背負った馬ではなかったかもしれない...

競馬のプロも頭を抱えて大混乱。ダービー直前「3歳牡馬ランキング」

1: 名無しさん 2018年05月21日 07:35:17 ID:0.net

競馬のプロも頭を抱えて大混乱。ダービー直前「3歳牡馬ランキング」 2018年3歳クラシック Sportivaオリジナル番付(牡馬編:第4弾) 牡馬クラシック第1弾のGI皐月賞(4月15日/中山・芝2000m)は、大本命と目されていたダノンプレミアム(父ディープインパクト)が、レース1週間前に負傷によって回避を表明。一気に混戦ムードとなる中、7番人気のエポカドーロ(父オル...

ヴィクトリアマイルは万馬券セール中。「赤札の3頭」は超お買い得!

1: 名無しさん 2018年05月11日 07:35:29 ID:0.net

ヴィクトリアマイルは万馬券セール中。「赤札の3頭」は超お買い得! JRAの数あるGIレースの中でも「最も荒れるGI」と言えるのが、5月13日に行なわれるヴィクトリアマイル(東京・芝1600m)ではないだろうか。過去の結果を振り返ってみれば、まさしく波乱の連続である。 最近4年間の勝ち馬を見ても、そのことがよくわかる。 2014年に11番人気のヴィルシーナが優勝すると...

蛯名騎手は「手が合う」ゴーフォザサミットで、ついに頂上に行けるか

1: 名無しさん 2018年05月06日 07:45:23 ID:0.net

蛯名騎手は「手が合う」ゴーフォザサミットで、ついに頂上に行けるか 2018年クラシック候補たち 第14回:ゴーフォザサミット 5月27日のGI日本ダービー(東京・芝2400m)は、競馬に携わるすべてのホースマンにとって憧れの舞台であり、そのタイトルを獲得することが誰しもの夢となっている。 なかでも、その”悲願達成”への思いが最も強い現役ジョッキーと言えば、蛯名正義騎...

天皇賞・春よりカンタンだ。8頭立てQE2世カップでGWはウハウハ

1: 名無しさん 2018年04月28日 18:35:56 ID:0.net

天皇賞・春よりカンタンだ。8頭立てQE2世カップでGWはウハウハ 「姉さん、事件です」 思わず、そう言いたくなるくらいハプニングが続く、今年のクイーンエリザベス2世カップ(以下QE2世C、4月29日/シャティン・芝2000m)。今年から、春の香港の国際招待GIレース3競走であるQE2世C、チャンピオンズマイル(シャティン・芝1600m)、チェアマンズスプリントプライズ...

強豪不在の天皇賞・春。「これならオレにも…」とヤル気の4頭で稼ぐ

1: 名無しさん 2018年04月28日 07:45:36 ID:0.net

強豪不在の天皇賞・春。「これならオレにも…」とヤル気の4頭で稼ぐ 今年の天皇賞・春(4月29日/京都・芝3200m)は”異常事態”となった。 というのも、過去1年以内に重賞を勝った馬が、17頭中7頭のみ。GI勝ち馬に至っては、シュヴァルグラン(牡6歳)1頭しかいないのだ。春の最強ステイヤー決定戦としては、いささか「物足りない」という声が挙がるのも、納得である。 ...

天皇賞・春の穴馬3頭。うち1頭は「くれば蔵が建つ」レベルの破壊力

1: 名無しさん 2018年04月27日 07:35:19 ID:0.net

天皇賞・春の穴馬3頭。うち1頭は「くれば蔵が建つ」レベルの破壊力 4月29日に行なわれる伝統のGI天皇賞・春(京都・芝3200m)。今年は、古馬中距離路線の主力級がGI大阪杯(4月1日/阪神・芝2000m)を最大目標とし、同レースの上位勢がここに向かってこなかったため、「主役不在」の混戦模様となっている。 こうなると、期待したくなるのは当然”大荒れ”のシナリオだ...

キタサンいなけりゃオレの出番。天皇賞・春はシュヴァルグランが主役だ

1: 名無しさん 2018年04月26日 07:35:06 ID:0.net

キタサンいなけりゃオレの出番。天皇賞・春はシュヴァルグランが主役だ 今週末29日、京都競馬場では4歳以上によるGI天皇賞・春(芝3200m)が行なわれる。JRAで行なわれるGIでは最長距離で、最強ステイヤー(長距離馬)決定戦と位置づけられるレースである。 一昨年、昨年と連覇したキタサンブラックは昨年いっぱいで引退し、昨年のGI菊花賞(京都・芝3000m)を勝ったキセキも出...

マイラーズCで「GI6連戦の資金をくれる親切な2頭」が見つかった

1: 名無しさん 2018年04月21日 07:45:31 ID:0.net

マイラーズCで「GI6連戦の資金をくれる親切な2頭」が見つかった 春のGIシリーズは、今週は中休み。来週のGI天皇賞・春(4月29日/京都・芝3200m)からは6週連続での開催となる。 その6連戦の最後に行なわれるのが、GI安田記念(6月3日/東京・芝1600m)。今週はそこに向けて、重要なステップレースとなるGIIマイラーズC(4月22日/京都・芝1600m)が行な...

皐月賞の人気馬が差し届かない!そのとき前に残るのは「あの馬」だ

1: 名無しさん 2018年04月14日 07:45:46 ID:0.net

皐月賞の人気馬が差し届かない!そのとき前に残るのは「あの馬」だ ダービージョッキー 大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」 3歳牝馬が覇権を争うクラシック開幕戦、GI桜花賞(阪神・芝1600m)はロードカナロア産駒のアーモンドアイが素晴らしい末脚を見せて勝利をつかみました。 シンザン記念からの直行という特殊なローテーションに、再度の関西への長距離輸送。現に当日...

ワグネリアン、皐月賞は「ダービー戴冠へ向けた調整」説は本当なのか

1: 名無しさん 2018年04月12日 07:35:40 ID:0.net

ワグネリアン、皐月賞は「ダービー戴冠へ向けた調整」説は本当なのか 「悪いところばかり出たレースでしたね」 関西の競馬専門紙記者がそう漏らすのは、前走の弥生賞(3月4日/中山・芝2000m)で2着という結果に終わったワグネリアン(牡3歳)のレースぶりについて、だ。 何が悪かったのかというと、まず「馬体減」、次に「入れ込み」、それから「コーナリングのまずさ」...
http://keiba-o.com/