タグ「18日」|競馬ニュース速報掲示板 けいばおー

タグ「18日」

「18日」と一緒に検索されているワード

  • 18日,
  • 18日 英語,
  • 18日 花火大会,
  • 18日本代表,
  • 18日 イベント,
  • 18日の東京の天気,
  • 18日 天気 大阪,
  • 18日 天気 舞浜,
  • 18日 気温,
  • 18日のオーストラリア asx,
  • 18日のオーストラリア asx指数,
  • 1 8日本語入力mod,
  • 1 8日本語mod,
  • 1 8日本語化mod

マイルCSでは、直前の重賞勝ち馬と4番人気の馬が幸運を運んでくる

1: 名無しさん 2018年11月15日 08:15:14 ID:0.net

マイルCSでは、直前の重賞勝ち馬と4番人気の馬が幸運を運んでくる 秋の「マイル王決定戦」となるGIマイルCS(11月18日/京都・芝1600m)は、GI馬7頭に、重賞勝ち馬も多数参戦し、豪華な顔ぶれがそろった。頂点を狙える実力馬が何頭もいるうえ、一発の可能性を秘めた伏兵馬も数多くいて、かなり熾烈な戦いが予想される。 そのなかで前評判が高いのは、春のGI安田記念...

3歳世代がダート界を席巻中。JBCクラシックは2頭がダーっとくる

1: 名無しさん 2018年11月03日 07:15:05 ID:0.net

3歳世代がダート界を席巻中。JBCクラシックは2頭がダーっとくる ダービージョッキー 大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」 2001年にJBC競走が創設されてから18回目となる今年、初めて中央競馬の競馬場で開催されることになりました。 舞台は京都競馬場。スプリント(ダート1200m)、クラシック(ダート1900m)、そして牝馬限定のレディスクラシック(ダート1800m)の3競...

舞台も展開も特異なJBCクラシックは「老練な3頭」に旨みあり

1: 名無しさん 2018年11月02日 05:55:22 ID:0.net

舞台も展開も特異なJBCクラシックは「老練な3頭」に旨みあり 「ダート競馬の祭典」JBC3競走(スプリント、クラシック、レディスクラシック)が、2001年の創設以来、初めて中央(JRA)で開催される。 舞台となるのは、京都競馬場。同日開催の3競走のうち、メインとなるのは、ダート界の一線級が集うJBCクラシック(11月4日/ダート1900m)だ。 同レースは堅いイメー...

中央初開催のJBC3競走。「アウェー」に臨む地方馬こそがオイシイ

1: 名無しさん 2018年11月01日 05:55:44 ID:0.net

中央初開催のJBC3競走。「アウェー」に臨む地方馬こそがオイシイ 地方競馬で創設された「ダート競馬の祭典」JBC3競走(スプリント、クラシック、レディスクラシック)が、今年初めて中央競馬で行なわれる。開催日は11月4日。舞台は京都競馬場となる。 これまでは地方競馬場で行なわれてきたJBC競走 地方開催でありながら、もともと中央所属馬が圧倒的な強さを見せてき...

天皇賞・秋の制覇に近いのはクラシックとは無縁だった明け4歳馬だ

1: 名無しさん 2018年10月27日 05:55:57 ID:0.net

天皇賞・秋の制覇に近いのはクラシックとは無縁だった明け4歳馬だ ダービージョッキー 大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」 秋華賞は、オークスからぶっつけで臨んだアーモンドアイが牝馬三冠を達成。そして菊花賞は、1800mまでしか距離経験がなく、しかも夏の福島以来という異例の臨戦過程で挑んだフィエールマンが勝利を飾りました。 この2頭はともに、過去のデータや傾向...

アエロリットが目標になる毎日王冠。逆転候補は決め手ある「3歳馬」

1: 名無しさん 2018年10月06日 07:15:08 ID:0.net

アエロリットが目標になる毎日王冠。逆転候補は決め手ある「3歳馬」 ダービージョッキー 大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」 今週から、いよいよ秋の東京開催がスタートします。 以前にも何度か触れてきましたが、東京競馬場はコース形態、収容人数など、国内ナンバー1のスケールを誇ります。日本ダービーやジャパンカップなど、日本競馬を代表するビッグレースが開催されるコ...

毎日王冠でGI馬は消し。穴党記者が陣営の熱気を察知した3頭が怖い

1: 名無しさん 2018年10月05日 07:15:08 ID:0.net

毎日王冠でGI馬は消し。穴党記者が陣営の熱気を察知した3頭が怖い 関東では中山から東京へと舞台を移して、いよいよ秋競馬本番モードへ突入。そして今週、秋のGIシリーズの合間を縫って行なわれるのは伝統の重賞、GII毎日王冠(10月7日/東京・芝1800m)だ。 過去には、数々の名勝負が繰り広げられ、ここをステップにして、のちに名馬へと上り詰めた馬が数多くいる注目...

セントライト記念は、春のクラシック未出走の上がり馬3頭に春が来る

1: 名無しさん 2018年09月16日 07:15:01 ID:0.net

セントライト記念は、春のクラシック未出走の上がり馬3頭に春が来る 秋競馬も、はや2週目。海の向こうフランスでは、凱旋門賞(10月7日/ロンシャン・芝2400m)の前哨戦となるフォワ賞(9月16日/ロンシャン・芝2400m)が行なわれるが、日本では3歳牡馬三冠の最終戦となるGI菊花賞(10月21日/京都・芝3000m)のトライアル戦、GIIセントライト記念(中山・芝2200m)...

ハッシーの中央競馬新馬セレクション(9/9中山・9/9阪神)

1: 名無しさん 2018年09月07日 15:32:29 ID:0.net

ハッシーの中央競馬新馬セレクション(9/9中山・9/9阪神) 【今週デビューの注目馬】 ☆ガルヴィハーラ 2018年9月9日(日)中山第4Rダート1800m戦に出走予定のガルヴィハーラ。馬名の由来は「スリランカのポロンナルワにある石窟寺院」。牡、栗毛、2016年3月18日生。美浦・萩原清厩舎。父ゴールドアリュール、母ポロンナルワ、母父Rahy。生産は安平町・ノーザンファーム...

実力比較が難しい小倉2歳Sは、おませな「牝馬3頭」におまかせ!

1: 名無しさん 2018年09月01日 07:35:07 ID:0.net

実力比較が難しい小倉2歳Sは、おませな「牝馬3頭」におまかせ! 夏の小倉開催を締めくくるGIII小倉2歳S(小倉・芝1200m)が9月2日に行なわれる。 2歳戦、それも夏場のレースとなれば、ほとんどの馬が1〜2戦のキャリアしかなく、実力比較が難しく、展開も読みづらいため、レース予想は難解を極める。しかも、小倉2歳Sは小回りの1200mという舞台設定とあって、紛...

ハッシーの中央競馬新馬セレクション(8/18札幌・8/19札幌)

1: 名無しさん 2018年08月17日 15:15:50 ID:0.net

ハッシーの中央競馬新馬セレクション(8/18札幌・8/19札幌) 【今週デビューの注目馬】 ☆ピンクブロッサム 2018年8月18日(土)札幌第5R芝1500m戦に出走予定のピンクブロッサム。馬名の由来は「花の名前」。牝、栗毛、2016年1月25日生。栗東・中内田充正厩舎。父ハービンジャー、母ルナレガーロ、母父アドマイヤムーン。生産は安平町・ノーザンファーム、馬主はH.H.シェ...

2回新潟競馬7日目(8月18日・土曜日)予想・橋本 千春

1: 名無しさん 2018年08月17日 15:01:43 ID:0.net

2回新潟競馬7日目(8月18日・土曜日)予想・橋本 千春 新潟11R「日本海S」芝2200? ★重賞、オープンで好戦して来たレジェンドセラーの底力を信頼★ ◎2レジェンドセラー ○4ポポカテペトル ▲7ルックトゥワイス △6ケイティクレバー 展開に紛れのない7頭立てなら、レジェンドセラーの底力を素直に信頼したい。 「この条件は昨秋、オリオンSを快勝しているように、実力を...

荒れる函館記念。巴賞組2頭と洋芝巧者1頭が「ボチボチ勝つ」と立候補

1: 名無しさん 2018年07月14日 07:15:31 ID:0.net

荒れる函館記念。巴賞組2頭と洋芝巧者1頭が「ボチボチ勝つ」と立候補 “穴党”にとって、待ちに待った重賞がやってきた――。7月15日に行なわれるGIII函館記念(函館・芝2000m)のことである。 それほど、このレースは”荒れる”重賞として定着している。 1番人気は2006年以来、勝っていない。そのうえ、過去10年の結果を見てみると、ふた桁人気の大穴が馬券圏内に絡んだ年が5回...

安田記念の伏兵3頭。うち1頭は「くれば遊んで暮らせる」大ボーナス

1: 名無しさん 2018年06月01日 07:35:36 ID:0.net

安田記念の伏兵3頭。うち1頭は「くれば遊んで暮らせる」大ボーナス 日本ダービーの熱狂が冷めやらぬなか、東京競馬場ではGI5連続開催の最終戦となるGI安田記念(6月3日/東京・芝1600m)が行なわれる。 舞台となる東京・芝1600mは、古くから「ごまかしの利かないコース設定」と言われ、同舞台で行なわれるレースは、実績馬が人気どおりの実力を見せるイメージが強か...

エポカドーロが「皐月賞は恵まれた」を覆し、ダービーも勝つ可能性は?

1: 名無しさん 2018年05月23日 07:35:45 ID:0.net

エポカドーロが「皐月賞は恵まれた」を覆し、ダービーも勝つ可能性は? 新馬は、デビュー戦でどの騎手を乗せたか、そして1勝した次のレースでどのレースを使ったか、そこを見れば、おおよその期待度がわかるという。 その点からすると、クラシック第1弾の皐月賞(4月15日/中山・芝2000m)を勝ったエポカドーロは、当初あまり大きな期待を背負った馬ではなかったかもしれない...
http://keiba-o.com/